赤ちゃんとママ・パパのための情報

赤ちゃん相談室

おしっこの気がかり

1歳を過ぎてからおしっこの色が濃くなった

紙おむつを使っています。はっきりとは言えないのですが、おしっこの色が、以前は黄色かったのに、最近茶色っぽい気がします。血は混じってはいないとは思いますが、気になります。(ぷっか 1歳8カ月)

麦茶やイオン水を主に飲ませていて、ジュースは外出やお友達が一緒のときだけにしているのに、おしっこの色がちょっと濃いようです。茶色っぽくて少し心配です。(みぃちゃん 1歳8カ月)

発汗が多いと尿が濃縮されるために、ふだんより濃い色になることがあります。また、日常的に見られる「赤いおしっこ」の原因の最多は、尿に含まれる尿酸の結晶で、この場合はおむつに赤い砂のようなものがたくさん付着していますが心配ないものです。
そのほか、尿中の物質の1つであるウロビリノーゲンが空気に触れて酸化して、おむつにしみこんだおしっこが赤く見える場合もあります。
このようなおしっこの色の変化は、正常の範囲内のことで心配はありません。

さらに、1歳を過ぎてから、濃い色のおしっこが出るケースとしては次のようなことが考えられます。

●果汁や色素を含む食品の摂取

飲食物に含まれる天然の色素、あるいは着色料によっておしっこが濃い色になることがあります。1歳を過ぎると、いろいろな飲料や食品を摂取するようになるので、いつの間にかそうした色素の影響を受けている可能性もあります。

●かぜなどで、咳止めや抗生物質といった薬を処方された場合

薬に含まれる成分によって、服用中または服用後に尿の色が濃くなることが多々あります。

ただ、薬の影響による変化は一時的なものです。また、とくに色素の強い飲み物を飲ませたという経過がないまま、おしっこの色が以前より明らかに濃いという状態が続くようなら、血尿を疑ってみる必要もあるかもしれません。
血尿というと「赤い尿」を想像しがちですが、赤とは限らず、褐色からコーラのような暗赤褐色までさまざまです。おむつにつく尿が茶色っぽいときは、血尿をまったく否定することはできません。血尿の可能性もゼロではないので、心配であれば尿検査を受けましょう。

この赤ちゃんたちがそうである可能性は低いのですが、乳児期から幼児期にかけて血尿の出る病気として、「膀胱炎」や「慢性糸球体腎炎(腎盂炎)」などもあります。

院長 川上一恵先生

回答者/かずえキッズクリニック

院長 川上一恵先生


医学博士、日本小児科学会認定医、子どもの心相談医。1987年筑波大学卒。1994年筑波大学大学院博士課程修了筑波大附属病院、(株)日立製作所水戸総合病院、茨城県立こども病院で研修。1996年4月より現職。

Page Top