赤ちゃんとママ・パパのための情報

赤ちゃん相談室

おむつかぶれ

おしりをふかれるのを嫌がるときは?

娘はおしりをふかれるのが嫌らしく、手早くしないと足をギュッと閉じ、ふかせてくれません。下痢のときはもうたいへんで、さらにかぶれてしまいます。(2歳 もっり)

自由に動けるようになると、おむつ替えさえ嫌がって逃げ回る赤ちゃんもいますね。まして2歳ともなると知恵もつき、嫌なことには断固として拒否の意思表示をはじめます。

おしりをふかれるのを嫌がるのは、こすられて痛い思いをしたことがあるからではないでしょうか。思うようにふかせてくれないと、お母さんもやっきになっておしりをふこうとしがちですから、それが子どもに嫌な経験として残ってしまったのかもしれませんね。

おしりをふかれるのを嫌がるときは、月齢を問わず座浴をおすすめします。洗面器にお湯をはって、下半身をはだけておしりを洗ってあげましょう。シャワーで洗い流してもいいですね。
また、2歳頃になればそろそろ簡単な言葉を理解しはじめます。「さぁ、おしりをきれいきれいにしようね」などと声をかけて浴室に連れて行くなど、おしりを洗うのは決して嫌なことじゃない、と感じさせてあげましょう。

院長 川上一恵先生

回答者/かずえキッズクリニック

院長 川上一恵先生


医学博士、日本小児科学会認定医、子どもの心相談医。1987年筑波大学卒。1994年筑波大学大学院博士課程修了筑波大附属病院、(株)日立製作所水戸総合病院、茨城県立こども病院で研修。1996年4月より現職。

Page Top