赤ちゃんとママ・パパのための情報

赤ちゃん相談室

新生児の育児

おしゃぶりを使ってもいい?

最近よく指しゃぶりをするのですが、そのまましゃぶらせていてもいいのでしょうか。それともおしゃぶりに変えたほうがいいですか?(kamanogu 3カ月)

おしゃぶりを使おうかと迷っています。友人の赤ちゃんは、ぐずったときにおしゃぶりをくわえさせるとすぐおとなしくなります。親としては楽だと思うのですが、おしゃぶりを使うと何かよくないことはあるのでしょうか。(あかねまる 3カ月)

babycare_img_fukidashi

生後2~3カ月ごろになると、目の前に自分の手をかざしてじっと見つめていたり、こぶしを口に運んでなめたり、また指をしゃぶったりということが増えてきますね。これはこの時期の赤ちゃんの楽しい遊びなのです。

赤ちゃんにとって、口はもっとも鋭敏なところ。何でも、まず口に入れて確かめてみたいのです。指しゃぶりも、最初は偶然手が口に触れ、反射でなめたり吸ったりしているのですが、だんだんしゃぶることの楽しさがわかってくると、ひんぱんに指を口に入れるようになってきます。また、指をしゃぶることで退屈をまぎらわすことも覚えていきます。さらに、指をなめたりくわえたりしながら、乳首を吸うこと以外の口の使い方も学習しているのですね。

このように指しゃぶりは発達の過程で起こる、赤ちゃんの意思にもとづいた楽しい遊びなので、何ら心配いりません。おしゃぶりで代替できることではないので、おしゃぶりに変える必要もないでしょう。

それというのも、おしゃぶりは赤ちゃんの意思とは関係なく、お母さんがくわえさせるものだからです。ぐずったときにおしゃぶりをくわえさせるとおとなしくなる赤ちゃんもいますが、ぐずるということは何か欲求があるわけで、まずそれに応じてあげたいですね。ねんねに飽きて抱っこをせがんでいるのかもしれないし、のどが渇いているのかもしれません。それをまず見てあげましょう。おしゃぶりをくわえさせて感覚の世界にむりやり連れ込むのは感心しません。

もちろん、おしゃぶりを使うことが絶対いけないというわけではありませんが、泣かれるのが嫌だからすぐにおしゃぶりを、という発想はやめたいものです。泣くのは赤ちゃんからのコミュニケーション。その声に耳を傾けてあげましょう。

なお、おしゃぶりを使うと鼻呼吸が上手にできるようになるなどのメリットもいわれていますが、指しゃぶりを通じて手を口に持っていくことを覚えることのほうがもっと大きなメリットがあります。さらに、これから赤ちゃんはおもちゃを口に入れてその感触を確かめたり、吸うだけの楽しさでない遊びも覚えていきます。いつもおしゃぶりをくわえさせている習慣がつくと、そうした遊びも覚えにくくなる心配があります。

院長 川上一恵先生

回答者/かずえキッズクリニック

院長 川上一恵先生


医学博士、日本小児科学会認定医、子どもの心相談医。1987年筑波大学卒。1994年筑波大学大学院博士課程修了筑波大附属病院、(株)日立製作所水戸総合病院、茨城県立こども病院で研修。1996年4月より現職。

Page Top