line

line

line@sm

社会とつながるアクション

社会とつながるアクション

社会とつながるアクション

#1

街ぐるみでつながろう

シュッと消毒で、 商店街を元気に!
「日本全国しあわせ応援 プロジェクト」 実施中。

ビオレガードは、人と人がもっと明るい気持ちで交流できる社会を目指して、元気にお店を開いている商店街を応援する、「日本全国しあわせ応援プロジェクト」を実施しています。これは、商店街の各店舗の入り口に、「ビオレガード 薬用 泡で出る消毒液」を設置し、お客さまに手指の消毒をしっかり行っていただけるよう支援する活動で、北海道・狸小路商店街、岩手県・盛岡大通商店街、栃木県・オリオン通り商店会、東京都・武蔵小山商店街パルム、愛知県・大須商店街、大阪府・天神橋筋商店街1丁目・2丁目・3丁目、広島県・宮島表参道商店街、福岡県・新天町商店街、川端通商店街の全国9商店街の約1,800店舗で、2022年2月まで実施予定です。
消毒液で手指をきちんと清潔に保っていれば、お客さまもお店の方も、お互い気持ちよく楽しくお買い物ができます。ビオレガードは、お買い物の場にもっと笑顔が増えて、しあわせの輪が広がるように願って、この活動に取り組んでいます。
ビオレは、肌を通して、「人と人」「人と社会」のつながりが広がることができるように、「肌は、ヒューマン・インターフェイス」という考え方のもと、今後も様々な活動やモノづくりでこたえていきます。
(2021年12月24日)

ビオレガード 日本全国しあわせ応援プロジェクト

  • 各商店に、ビオレガードの消毒液を設置。

  • 全国9か所の商店街で実施。

#2

太陽の下でつながろう

太陽と共にもっと笑顔で 過ごせる社会へ。
ビオレUVの「太陽の教室」、 続々発信中です。

昨今、自宅で過ごす時間が長くなり、外の日差しを感じる機会が減少する傾向にあります。
ビオレUVは、太陽と共に、笑顔で過ごせる社会の実現が、これからの未来にとって重要だと考え、2021年7月「SUN & SMILES ACTION」を始動しました。
その代表的な取り組み「太陽の教室」は、太陽や地球、お肌について親子で楽しく学べるweb授業です。日やけ止めの正しい塗り方や外遊びのレシピ、自然と触れ合う工作など、太陽のもとで活動的に過ごすためのアイデアを続々発信しています。
紫外線をケアしながら、上手に付きあって、肌もこころも健やかに。太陽と共に生きるためのかけがえのない価値を、次の世代へと守り育んでいきます。
その他にも、美しい海のサンゴを守る「海と笑顔を守ろう」の活動、生涯スポーツとして人気の高いテニスに関わるみなさんを応援する「笑顔100年 太陽のテニス」の活動も推進中です。
ビオレは、肌を通して、「人と人」「人と社会」のつながりが広がることができるように、「肌は、ヒューマン・インターフェイス」という考え方のもと、今後も様々な活動やモノづくりでこたえていきます。
(2021年12月24日)

ビオレUV「太陽の教室」webサイトはこちら
https://www.kao.co.jp/bioreuv/sunclass/

#3

つながりをもっと清潔に

日々奮闘する 宅配ドライバーを、
ボディシートで応援。
メンズビオレのお役立ち、 継続中です。

2020年 自粛生活が続く日々の中で、最前線で活躍するエッセンシャルワーカーのみなさんに社会的な関心が集まり、感謝の声が広がりました。メンズビオレは、コロナ禍で増加する宅配便など、生活のインフラを支えている運送業のドライバーの方々の活躍に注目。ボディシートを配布して、ドライバーのみなさんの清潔な仕事環境を応援しています。2020年、2021年と、合計26万個のボディシートをお配りしています。
大きな荷物を運んだり、戸外で作業したり、ドライバーの方は日々汗をかく機会が多く、荷物の受け渡しでお客さまとも対応するので、身だしなみにも気を遣います。ボディシートで手軽にリフレッシュして、毎日気持ちよくお仕事をしていていただきたいという思いで、この活動を続けています。おかげさまで、ドライバーの方からも感謝の声を多数いただいています。
ビオレは、肌を通して、「人と人」「人と社会」のつながりが広がることができるように、「肌は、ヒューマン・インターフェイス」という考え方のもと、今後も様々な活動やモノづくりでこたえていきます。
(2021年12月24日)

  • 感謝の気持ちをこめて、
    メッセージ付きのボディシートを配布。

  • 佐川急便さまをはじめ、 多くのドライバーの方々に
    使っていただきました。

#4

いのちをつなげよう

蚊による病気から 未来の命を守りたい。
2022年2月、
「ビオレガード モス ブロック セラム」を
タイにて先行配布します。

手指やからだの衛生を守るブランドとして、日本とアジアで活動をしている「ビオレガード」。このほど、タイにて、蚊による感染症・デング熱の被害削減をめざして、「ビオレガード モス ブロック セラム」を先行配布することが決まりました。
「ビオレガード モス ブロック セラム」は、スキンケア技術で肌の表面を蚊が嫌がる状態にする花王独自の技術を応用した新製品で、将来タイにて発売予定です。花王は、タイ保健省にこの製品を含め650万タイバーツを寄付し、同省と協働して、2022年2月から8万個をタイ国内に配布します。また2021年6月から、タイ政府と官民一体のデング熱まん延防止の共同事業を立ち上げており、鋭意活動中です。
タイでは毎年多くの人が、蚊が媒介するデングウィルスに感染しています、重症型のデング出血熱を発症する患者の多くは子どもで、死に至ることもあることから長年社会問題とされてきました。今回の「ビオレガード」の取り組みは、清潔で衛生的な環境を広げることで、未来の命を守りたいという願いがこめられています。
ビオレは、肌を通して、「人と人」「人と社会」のつながりが広がることができるように、「肌は、ヒューマン・インターフェイス」という考え方のもと、今後も様々な活動やモノづくりでこたえていきます。
(2021年12月24日)

プロジェクトの詳しい情報など、ニュースリリースはこちら。
https://www.kao.com/jp/corporate/news/business-finance/2021/20211213-001/

  • 配布品の「ビオレガード モス ブロック セラム」
    今後、タイで発売の予定です。

  • デング熱まん延防止のための フィールドワークの様子。

Page Top