Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

花王石鹸ホワイトのこだわり

  • 「クリームみたいな泡」の違いと秘密
  • 原料・製法へのこだわり
  • 愛され続ける香り

体験してみて!クリームみたいな泡。ホワイトフローラルの香り 現品1個(130g) 合計3万名様にプレゼント! 2017年7月2日(日)まで

原料・製法へのこだわり

お風呂で過ごすひとときが、
ゆったりと落ち着ける、しあわせな時間であるように…
そんな思いを込めて、私たちはひとつひとつ、
ていねいに石けんづくりをしています。

やさしく肌を包みこむ、クリームみたいな泡。
泡といっしょに広がる、心地のよい香り。
まじりけのないまっ白な、清潔感ある石けん。

ホワイトの「泡」「香り」「白さ」は、
原料選びから、出来あがるまでに込められた、
数々のこだわりによって生み出されています。

原料へのこだわり

わずか4〜5cmの大きさのパームやしの実。ホワイトは、その種子に含まれるまっ白な「天然やしミルク」からとれる原料を、たっぷり使用しています。保湿性と豊かな泡立ちを両立でき、スキンケア化粧品にも用いられる、良質な植物原料です。

「素肌に使うものだから、しっかり選びぬかれた素材から石けんづくりを。」そんな原料へのこだわりが、ホワイトの肌へのやさしさの原点となっています。

*パームやしの種子に含まれる胚乳

製法へのこだわり

パームやしの実は、いったん樹から切り離されると、酵素による成分の分解がはじまり、品質が低下してしまいます。上質な石けんを作りあげるためには、原料の鮮度をいかに保つかがとても重要になるのです。

ホワイトで使用されるパームやしの実は、収穫されてから24時間以内に、すぐさまスチーミング(蒸気)処理され、劣化を防いでから、新鮮な状態でオイルが搾られます。

ホワイトには植物の恵みを最大限にいかすためのこだわりが、たくさんつまっています。よい原料をよい状態で使うからこそ、肌へのやさしさはもちろん、毎日、気持ちまで新鮮にしてくれる豊かな泡と香りが生まれるのです。

搾りたてのフレッシュなパームオイルの原液は、さらに品質を高めていくために、何度も何度も精製され、ピュアな原料へと仕立てられます。

色の悪い部分やニオイ・刺激の原因となる部分を徹底的に取り除き、純度を高めていくことではじめて、まっ白で上質な石けん生地ができあがるのです。

ホワイトには、ていねいな作業のくり返しにより得られた、天然パームオイルのよい部分だけが ギュッとつまっています。

子どもから大人まで、家族みんなに満足して使ってもらえるように。品質にこだわった製法を追求しています。

ページトップ

Check
Share to Facebook Share to Twitter More...