赤ちゃんと触れ合う、見つめ合う。抱きしめる…。じんわりとやさしい気持ちになるのはなぜ?ヒミツは愛情ホルモン 「オキシトシン」

赤ちゃんと触れ合う、見つめ合う。抱きしめる…。じんわりとやさしい気持ちになるのはなぜ?ヒミツは愛情ホルモン 「オキシトシン」

赤ちゃんと触れ合う、見つめ合う。抱きしめる…。じんわりとやさしい気持ちになるのはなぜ?ヒミツは愛情ホルモン 「オキシトシン」

私が解説します 坂本研究員 オキシトシンに着目した“こころ”と”からだ”の研究をしています。赤ちゃんと触れ合うことで、ママの気持ちにも変化が起こるという実験結果も得られています。

私が解説します 坂本研究員 オキシトシンに着目した“こころ”と”からだ”の研究をしています。赤ちゃんと触れ合うことで、ママの気持ちにも変化が起こるという実験結果も得られています。

私が解説します 坂本研究員 オキシトシンに着目した“こころ”と”からだ”の研究をしています。赤ちゃんと触れ合うことで、ママの気持ちにも変化が起こるという実験結果も得られています。

オキシトシンという言葉を
聞いたことがありますか?
これは、家族やパートナーとの
スキンシップや
信頼関係に
深くかかわるホルモン。

本来はママの母乳を
出すためのホルモンですが、
嬉しい、楽しい、気持ちいいと
感じた時などに、脳で作られます。

分泌されると、
やさしい気持ちになったり
幸せな気分になるため、
愛情ホルモン、幸せホルモンとも
呼ばれます。
さらに繰り返し触れ合ったり、
じっと見つめ合うことで、
分泌量がアップします。

触れ合うことで、
赤ちゃんもママ・パパも、
幸せホルモン
「オキシトシン」が分泌。

赤ちゃんは、
信頼しているママやパパに
触られると安心して、
オキシトシンが分泌されることが
わかっています。

このオキシトシン、
愛情を深めたり、
成長を促したりするだけでなく、
ストレス反応を弱くする
作用まであるのです。

たくさん触れ合って、赤ちゃんもママもパパも幸せ気分に!

たくさん触れ合って、赤ちゃんもママもパパも幸せ気分に!

たくさん触れ合って、赤ちゃんもママもパパも幸せ気分に!

おむつ替えは、
絶好のスキンシップ。
ベビーマッサージも
おすすめです。

日ごろのおむつ替えは、愛情ホルモン「オキシトシン」分泌のチャンスです。

日ごろのおむつ替えは、愛情ホルモン「オキシトシン」分泌のチャンスです。

日ごろのおむつ替えは、愛情ホルモン「オキシトシン」分泌のチャンスです。

おむつを外して、
マッサージもおすすめです。
おしりの空気浴もできて一石二鳥!
さらさらすべすべおしりのためにも
是非試してみてください。

マッサージは、
1秒間に5cmくらいで

ゆっくりやさしくなでると、
オキシトシンがより分泌しやすくなります。
赤ちゃんも、とても気持ちいいはず。

五感の中でも、触覚はいちばん最初に発達する感覚です。その感覚は、ママのおなかの中にいるときから、すでにあると言われています。信頼しているママやパパに触れられると、赤ちゃんの心拍は安定し、心身ともにリラックス状態になり、脳の視床下部からはオキシトシンが分泌されます。

オキシトシンをつくる細胞は、生後早い時期に形成されます。小さいころから「気持ちいい」というポジティブな感情をたくさん経験させてあげることは、ココロの発育上、とても大切なことです。親子間の愛情を深めるだけでなく、ストレスに負けない強い心身を育むためにも、スキンシップを楽しみましょう。

山口 創 やまぐち はじめ 臨床発達心理士/桜美林大学教授

山口 創 やまぐち はじめ 臨床発達心理士/桜美林大学教授

山口 創 やまぐち はじめ 臨床発達心理士/桜美林大学教授

早稲田大学大学院人間科学研究科博士課程修了。専攻は健康心理学・身体心理学。スキンシップケアの効果やオキシトシンについて研究している。主な著作に『手の治癒力』、『子供の「脳」は肌にある』、『幸せになる脳はだっこで育つ。』など多数。

Page Top