赤ちゃんとママ・パパのための情報

赤ちゃん相談室

産後のママのからだについて

母乳育児をしている時の避妊は?

しばらくは(何年かは)妊娠したくないと思っています。ほぼ確実に避妊ができると聞いているので、本当はピルを飲みたいのですが、完全母乳なので控えたほうがよいでしょうか? また、基礎体温は産後2、3カ月でも信用していいものでしょうか(排卵日など)。(pana 2カ月)

出産直後は妊娠をしないもの、と思っているお母さんも多いのですが、産後3~4週間たつと、女性の体は次の妊娠が可能な状態になります。
よく「母乳を飲ませているときは妊娠しない」といいますが、これはホルモンバランスの関係で排卵しない人の場合だけで、人によっては授乳中でも排卵して生理がきますし、産後2~3カ月であっても妊娠する可能性があります。
 
したがって、絶対に妊娠したくないという場合には、生理がきていなくても、早い時期から避妊対策を心がける必要があります。その方法としてピル(経口避妊薬)の使用が考えられますが、普及している低用量ピルは、服用してはいけない条項の1つに、妊婦・授乳婦が挙げられています。「薬剤による赤ちゃんへの影響がわからない」というのが禁止理由です。ですから、母乳を飲ませている場合は服用はできません。
低用量ピルについては、他にも年齢や喫煙歴、既往歴などによって服用してはいけない条件が決められていますし、処方前には十分な問診と検査が必要とされています。
 
次に基礎体温にもとづく避妊法は、もともと確実な方法とはいえません。産後間もない時期かどうかに限らず、これに頼るのは危険です。かといって、確実に避妊するために母乳をやめてまでピルを飲むのは好ましくなく、赤ちゃんのためには1日でも長く(せめて1歳のお誕生日がくるまで)母乳を続けて欲しいので、当面はコンドームを使って夫婦生活を送ることをお勧めします。

院長 川上一恵先生

回答者/かずえキッズクリニック

院長 川上一恵先生


医学博士、日本小児科学会認定医、子どもの心相談医。1987年筑波大学卒。1994年筑波大学大学院博士課程修了筑波大附属病院、(株)日立製作所水戸総合病院、茨城県立こども病院で研修。1996年4月より現職。

Page Top