赤ちゃんとママ・パパのための情報

赤ちゃん相談室

産後のママのからだについて

産後、腟脱になった

産後、「腟脱」になりました。息子も8kgを越え、ずっと抱いていると、だんだん腟壁が顔を出します。あまり情報がないので、今後子づくりができるのか真剣に悩んでいます。このまま放っておいてよいのでしょうか?(ラパン大好き 5カ月)

出産後の体は、骨盤底を支える筋肉や靱帯が弱くなっています。そのため、骨盤内にある臓器を支えきれなくなり、子宮や、まれに直腸や膀胱などが腟腔内に出てしまったり(下垂)、さらに腟壁とともに腟外にまで出てしまう(臓器脱)ことがあります。
 
ラパン大好きさんは「腟脱」とのことですが、「腟脱」の多くは「子宮下垂」や「子宮脱」が原因で、子宮腟部が腟の入り口近くまで下りたり、一部が腟腔にはみ出ることにより、押し出されるような形で腟壁が出てしまうものです。
 
特に、高齢出産だった、赤ちゃんが大きかった、分娩に時間がかかった、産後に重い荷物を頻繁に持つなど腹筋に過度の力を加える動作をしたような場合になりやすいといわれています。
子宮が回復するにつれ徐々に治るものですが、骨盤底筋を鍛える体操をすれば回復が早まります。肛門と腟を体の中に引っ張り込むような感じで締める体操など、産後体操で指導されていると思いますので、実行してみましょう。
 
また、「腟脱」による自覚症状は、ラパン大好きさんが感じているように、下腹部や外陰部の不快感が主ですが、背景に「子宮脱」があってなかなか改善しないと、そのほかの症状が出てくることがあります。
 
たとえば、長時間立ち仕事をした後や夕方に尿が出にくくなるといった排尿障害や、排便障害が出ることもあります。排尿障害が続くと、膀胱内に尿が長時間溜まることによって尿路感染を起こすこともあります。
また、「子宮脱」をそのままにしておくと、脱出した子宮とその周囲の腟粘膜の乾燥、出血、ただれ、感染、おりものの増加、ときには歩行困難などの症状が出てきます。
 
このような心配もありますし、「子宮脱」の状態のままで次の妊娠をすると、子宮が大きく重くなってきたときに、「子宮脱」が悪化することがあります。また、それに伴う感染症の危険も高まりますので、放置せず産婦人科を受診してください。
 
「子宮脱」の場合には、ペッサリーという器具を腟内に挿入して、子宮頸部と腟壁を支えることで改善します。ただし、ペッサリーがたびたびはずれたり症状が強い場合は、長期的な視野にたって手術をすすめられる場合もあります。

院長 川上一恵先生

回答者/かずえキッズクリニック

院長 川上一恵先生


医学博士、日本小児科学会認定医、子どもの心相談医。1987年筑波大学卒。1994年筑波大学大学院博士課程修了筑波大附属病院、(株)日立製作所水戸総合病院、茨城県立こども病院で研修。1996年4月より現職。

Page Top