赤ちゃんとママ・パパのための情報

赤ちゃん相談室

夜泣きについて

寝ぼけているのなら、起こしたほうがいい?

毎日ではないものの夜泣きします。最初は怖がるように、「ママ抱っこぉ~」と呼び、それから叫びながら泣きます。しがみついたり、顔を触りたがったり。そうかと思うと腕を振り回したりして暴れます。激しくのけぞったりするので布団に降ろすと、狂ったように泣きます。何か不安があるのかと思って抱いていますが、長い間抱っこしていると、体重もあるためかなりつらいです。こういう場合は、寝ぼけていると考えて、起こしてしまったほうがいいのでしょうか? それとも、泣き疲れて寝るまで抱いているべきでしょうか。(ぷっか 1歳9カ月)

かなり激しく体を動かしながら泣いているようですが、目は閉じたままなのでしょうか。目を閉じたまま泣いているようなら、半分覚醒してはいるものの、本人は眠りの中にあると思うので、立って抱っこしないまでも、膝の上で抱きかかえたり、添い寝して寝かしつけたいところです。そのほうが、睡眠リズムをくずさずにすむからです。

しかし、泣きぐずりが1時間近くも続き、ときには目をぱっちり開けて声かけに反応するようなら、いったん起こしてしまってもよいでしょう。部屋を明るくして、しっかり目覚めさせ、白湯や麦茶などを飲ませてみたり、おむつを替えてみたりしたのちに、泣きがおさまったところで「さぁ、ねんね」と部屋を暗くして一緒に寝て寝かしつけます。

どちらが効果的かはわかりませんが、泣き出してからおさまるまでの抱っこが長くてつらければ、一度起こしてみる方法を試してみましょう。案外、のどが渇いていたり、夢からさめきれなくてぐずっていることもあるからです。

院長 川上一恵先生

回答者/かずえキッズクリニック

院長 川上一恵先生


医学博士、日本小児科学会認定医、子どもの心相談医。1987年筑波大学卒。1994年筑波大学大学院博士課程修了筑波大附属病院、(株)日立製作所水戸総合病院、茨城県立こども病院で研修。1996年4月より現職。

Page Top