赤ちゃんとママ・パパのための情報

赤ちゃん相談室

夜泣きについて

顔の湿疹がかゆくて夜中に泣き出す

2カ月くらいから顔に湿疹ができ、皮膚科で処方された薬でだいぶましになったのですが、夜寝ると顔をかきむしります。昼寝のときも朝方もすやすや寝るのに、夜はかゆいらしく熟睡できません。どうしたらいいのでしょうか。夜は手袋もかかせません。(だいちゃんママ 3カ月)

お薬を塗って湿疹の状態は少しよくなってきているようですが、かゆがるということはまだ十分によくなっていないのです。処方されたお薬は指示どおりしっかり塗りましょう。塗り薬でかゆみがおさまらないようなら、かゆみ止めの飲み薬を処方してもらうのも効果的です。
1週間から10日に1回は主治医の皮膚科を受診して皮膚の状態を診てもらい、その時々に合わせたお薬を処方してもらうといいでしょう。
 
また、夜にかぎって顔をかきむしるということですが、湿疹があると寝入りばなに汗ばんだりしたことがきっかけでかゆみが増すことがあります。入浴後に体が温まった状態ですぐに寝たり、寒さを心配して布団を多くかけたりすると、かゆみを増す原因になることもあるので注意しましょう。
 
夜泣きとは「原因不明のまま夜中に泣く」ことをいいますが、この赤ちゃんのように実は原因があって泣いていることもあります。
暑い・寒い、のどが渇いた・お腹がすいた、明かりや物音が気になる、などさまざまなことが考えられます。夜泣きや寝ぐずりが気になる時は、そうしたことをひと通りあたってみることも必要です。

院長 川上一恵先生

回答者/かずえキッズクリニック

院長 川上一恵先生


医学博士、日本小児科学会認定医、子どもの心相談医。1987年筑波大学卒。1994年筑波大学大学院博士課程修了筑波大附属病院、(株)日立製作所水戸総合病院、茨城県立こども病院で研修。1996年4月より現職。

Page Top