洗い方の基本

洗い方の基本

洗い方の基本

ドライコースで洗う
~簡単2ステップ♪~

STEP1

衣類についている(タグで)
取扱い表示でチェック!

  • 洗えます 洗える取扱い表示

  • 洗えません 洗えない取扱い表示

STEP2

洗たく機のドライコース
*ボタンを選んで、スタート!

洗たく機のドライコースボタン

もちろん、洗剤はエマールで!脱水は1分以内ですませ、
洗たく後はすぐに取り出し、形を整えて干します。
※ドライコース・手洗い・おうちクリーニング・ソフトコースなどがあります。洗たく機によって名称が異なります。

手洗いで洗う
~汚れがひどいもの・色もの・小物~

エマールで手洗いをしている写真

1

エマールの洗たく液をつくります。(水4Lにエマール10ml)
*水温は必ず30℃以下に。温度が高いと縮みやすくなります。

2

衣料をたたんで、やさしく「沈める」「浮かせる」を20~30回繰り返します。
(もんだりこすったりは厳禁です。)

3

たたんだまま、洗たく機で軽く脱水(15~30秒程度)します。

4

きれいな水ですすぎを2回行います。すすぎ方は、2と同様にやさしく「沈める」「浮かせる」を10~15回行います。柔軟仕上げ剤を使う時は、2回目のすすぎ時に入れます。

5

もう一度洗たく機で軽く脱水して、形を整えて干します。

知ってるとお得!ワンポイントアドバイス

知ってるとお得!ワンポイントアドバイス

知ってるとお得!ワンポイントアドバイス

型崩れが心配なとき

絡まり、引っかかり、飾りなど取れる心配のあるものは、洗たくネットに入れましょう。汚れが気になるところは外側にたたんで入れて。

POINT 基本は、ネット1枚に衣類1枚。

POINT 基本は、ネット1枚に衣類1枚。

POINT 基本は、ネット1枚に衣類1枚。

洗たくネットに飾りのある服を入れているイラスト

汚れ・シミがあるとき

汚れやシミがあったら、洗う前にエマールの原液をつけ、指やタオルなどで、やさしく押さえておくと、スッキリ落ちます。
エリ・袖・わき・すそなど気になるところに。

汚れやシミがあるダウンジャケットを、洗う前にエマールの原液をつけ、タオルでやさしく押さえているイラスト

色落ちが心配なとき

濃色・柄物などの服は、エマールの原液を目立たないところにつけ、5分後に白い布で押さえて、色がつくようなら、単独で洗いましょう。

濃色・柄物などの服に、エマールの原液を目立たないところにつけているイラスト

濃色・柄物などの服に、エマールの原液を目立たないところにつけているイラスト

濃色・柄物などの服に、エマールの原液を目立たないところにつけているイラスト

Page Top