Skin is Human Interface

Skin is Human Interface

Skin is Human Interface

肌は、ヒューマン・インターフェイス

肌は、ヒューマン・インターフェイス

肌は、ヒューマン・インターフェイス

私たちは、肌を通して 多くのことを感じて生きています。
私たちにとって肌は、
「人と人」「人と社会」 つながるための
大切な コミュニケーションツールであり、
暮らしを支える ヒューマン・インターフェイス。

肌を通して 社会とのつながりを広げる ために、 これからもビオレは
様々な活動やモノづくりに 取り組んでいきます。

社会とつながるアクション

人と社会がつながるために、 ビオレの取り組みをご紹介します。

社会とつながるモノづくり

まさつレス

な泡で洗って 健やかに

手指をきれいに 清潔に

紫外線・微粒子汚れから 肌を守ろう

いつでも 自信のある肌に

ビオレの由来

ビオレ

ギリシャ語で 「生活」を意味する「Bios」と
「満ち足りた」を意味する「ore」を
組み合わせています。
世界中の一人ひとりが
清潔ですこやかな肌で過ごせる 社会を目指して。

イノベーションツリー

肌を見つめ、 時代にあわせて開発した商品を
年代ごとに紐ときました。

Bioré Innovation Tree

Bioré Innovation Tree

Bioré Innovation Tree

肌への想いからこんな商品がうまれました。

洗浄

肌への負担感なく 洗いたい

1980

当時の洗顔料は石鹸が主流だったなか、「肌がつっぱらない洗顔料を作りたい」という一心で7年もの開発期間を費やして「ビオレ洗顔フォーム」が誕生。
幅広い世代に支持されました。

1984

入浴時に石鹸を使用する家庭が多く、全身洗浄料が珍しかった時代。
石鹼よりも泡立てやすく、「洗いあがりの肌ががつっばらないものを作ろう」という想いを注ぎ、長年研究を重ね、「ビオレU」を発売。
世の中に全身洗浄料を浸透させていきました。

2019

繰り返しがちなカサカサ肌で悩む現代人のために、洗浄道具を使わず、手でこすらずに身体をやさしく洗える「Bioré u The Body」誕生。
超微細な生クリーム泡を生み出す、独自開発の「ポンプフォーマー」にこだわり、まさつレスな洗い方を実現しました。

2022

顔についた汚れや皮脂はちゃんと落としつつ、マスク生活が続いて、肌をなるべく擦りたくない人のためにビオレ洗顔史上最高クラスの生クリーム泡の「Bioré The Face」誕生。
ポンプを押すだけで誰でもいつでも、まさつレスな洗い方ができる洗顔料を実現しました。

メイク落とし

生活習慣を変えた メイク落とし

1992

メイクは「鏡台の前でふき取って落とす」が主流の時代。
手や顔がぬれる「浴室」でも使えるものを作りたいという想いで、長年の月日をかけ、油分にも水分にもなじむ技術を開発し、「しっかりクリアジェル」が誕生。
お風呂場でメイクを落とす、生活習慣が生まれました。

1997

働く女性が増加し、「疲れてるし、帰ったらすぐに寝たい。でもメイクは落とさなきゃ…」というニーズに着目。
当時、ふき取りタイプのメイク落としはアウトドアなど限られたシーンでしか使用されていませんでしたが、何度も調査を重ねて試行錯誤した末、「ふくだけコットン」が誕生。
すっきり素肌にすぐ戻せて、メイクを落とす時の手間や負担を減らし、働く女性に支持されました。

2003

落としにくいウォータープルーフマスカラの大流行に伴って、オイルタイプのメイク落としの全盛期。
オイルは、肌が水に濡れてしまうとメイクが落ちにくくなる性質に着目。
「水にぬれても、メイク落ちがいいオイルクレンジングを開発しよう」と、立ち上がり、「パーフェクトオイル」が誕生。
落としにくいメイクでも、入浴中に一気に洗い流す習慣をつくりました。

毛穴汚れ

毛穴汚れとの闘い

1996

「毛穴汚れを気にする女性をもっと満足させられないか」という想いから技術開発に着手。
毛穴の汚れをつかんで、汚れを引き抜く発想の貼って剥がすパックの技術と、人によってさまざまな鼻の形に合わせた型の試作・改良に8年を費やし、1996年に誕生。
とれた角栓汚れが目で見て確認でき、日本のみならず世界45か国以上で発売される商品となりました。

2017

毛穴パックのように週1回だけではなく、毎日使える製品はできないか…。
鼻だけではなく、顔全体に使える製品はできないか…。
その課題に挑み、落としにくい角栓を毎日の洗顔習慣で落とす技術開発に着手。
毎日毛穴ケアできる「ジェル洗顔料」が誕生しました。

UV

太陽の下快適に 外出したい

2010

紫外線対策への意識の高まりをとらえ、毎日気軽に使えるように、水のように軽い使い心地の日やけ止め「ビオレUV アクアリッチ」シリーズが誕生。
「日やけ止めはレジャー時にのみに使うもの」という思い込みを変え、日やけ止めを日常的に使用する新しい習慣を定着させていきました。

2020

気温や湿度の上昇により、年々過酷になる日本の夏。
日中紫外線に晒されながら過ごす方へ、不快なじりじり太陽光から肌を守る「ビオレUVアスリズム サンバーンプロテクトミルク」を発売。
ビオレUVシリーズ唯一、近赤外線までブロックする機能を実現しました。
※紫外線

2021

紫外線や乾燥、花粉等の微粒子汚れの付着などによる肌悩みが顕在化し、「負担感なく使えるUVがほしい」ニーズに着目。
紫外線をバリアすることはもちろん、微粒子汚れの付着までバリアする日やけ止め「ビオレUVバリアMe ミネラルジェントルミルク」を発売しました。
乾燥などの環境変化で肌が不安定にゆらぎがちな、幅広い世代に支持されています。
*すべての微粒子汚れの付着を防ぐわけではありません。

手指

いつも清潔な手指でいたい

2004

清潔意識が高まった2000年代。
目には見えない汚れを、しっかり落とす手洗い習慣が求められていました。
そこで、小さなお子さまのいる家庭でも使いやすい泡ででてくるタイプの「ビオレu薬用泡ハンドソープ」を開発。
ふんわりした泡と香りで、楽しい手洗い習慣を提案しました。

2021

手指を衛生的に保つために、消毒液の使用頻度が高くなった中、「液体タイプの消毒液は飛び散って、手からこぼれる…」「適量がわかりにくい」などの課題がありました。
その声をうけ、泡で出てくる「ビオレガード薬用泡で出る消毒液」を開発。
適量が手に取れて、飛び散りにくく、お子さまやお年寄りでも毎日つかいやすい消毒液が誕生しました。
※ビオレu 手指の消毒液のこと

シート

いつも快適な肌12で過ごしたい

1999

10代~20代の若年女性の「汗のベタつきをとりたい」というニーズに着目。
外出先でも、ベタつきをふきとり、パウダーを肌にゆきわたらせることでさらさらな肌をキープできるように、シートタイプを採用した「ビオレさらさらパウダーシート」が誕生しました。

2019

「汗やベタつきをふきとって、肌をひんやりさせたい」という思いから、男性用の冷却シートを使用する女性が増えてきた流れをとらえ、「ビオレ冷シート」を発売。
大きなシートで全身まるごと拭けて、肌が一気にひんやりすること、またクールタイプなのに香りが選べることが、幅広い世代に支持されました。
※1 汗・汚れをふきとること。肌の表面温度を下げること。

2020

夏の平均気温が年々上昇し、猛暑日が増え、冷却グッズは大きな市場になっていました。
そこでビオレは、過酷な毎日でも肌を冷却し続けられるように、首かけできる大判サイズの「ビオレ冷タオル」を発売。
ウェアラブルできる新しいシートとして、老若男女問わず多くの人に受け入れられました。
※2 肌の表面温度を下げること。

メンズ

自信のある肌で前向きに過ごしたい

1995

時代の変化とともにスキンケアに関心をもつ男性が増え、「肌への負担は少なく、皮脂をしっかり落としたい」というニーズに着目し男性用の洗顔料として「メンズビオレ 洗顔フォーム」を発売。
ベタつきが気になる男性や、母親が息子のために買うなど、幅広い世代に受け入れられました。

2017

温暖化や猛暑などの影響で、汗をかく機会が増え、ニオイケアの需要が高まった時代。
汗をかいた時でも、ニオイを気にせず快適に過ごしてほしい。
そんな思いから、さまざまなアプローチで研究を重ね「メンズビオレZロールオン」を開発。
汗をかいても1日中ニオイを防ぎ、気持ちよく過ごせる商品を提案しました。

2018

ライフスタイルが多様化する中、シンプルに、効率よく暮らしたい男性が増えてきた時代。
毎日のスキンケアをもっとラクに、気持ちにまで余裕が生まれるようにという想いから1本で髪顔体を一気に洗える「メンズビオレONE」が誕生しました。

Page Top