Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

Segreta セグレタ

見た目年齢 変えてみませんか?

髪の印象ひとつでガラリと変わる、女性の“見た目年齢”。
華やかで若々しい印象づくりのポイントをレクチャーします。

見た目年齢を変えるポイントは ヘアスタイルの「ふっくらボリューム」感 長めの髪は、「ひし形」のシルエットで華やかな印象に(イメージ)

長方形シルエットひし形シルエット
  • 長方形シルエット

    トップがペタンとしてサイドの厚みがないシルエットだと、顔も大きく見えがちで、地味で老けた印象に なりがちです。

  • ひし形シルエット

    トップが立ち上がり、サイドがふわっとしているシルエットなら、小顔にも見えやすく、華やかで若々しい印象になります。

「ひし形」のシルエットをつくるのがポイントです

  • トップにボリューム感をつくると
    目の位置が顔の中央になり、
    若々しい印象に。
  • サイドにボリューム感をつくると
    小顔に見えて
    華やかさもアップ。

目の位置が与える印象

幼少期 成年期 中年期

【幼少期】幼い時は、目の位置が顔の中央にあり、可愛い印象に。
【成年期】成長するとあごが発達し、目の位置が上がって見えて、大人っぽい印象に。
【中年期】髪がペタンとすると目の位置がさらに上がって見えて、老けた印象に。

セグレタ × ドライヤーで簡単、若々しく見えるスタイリング

ドライヤーの熱が気になって、毛先だけ乾かして終わりにしていませんか?
根元をぬれたままにしておくと、髪がふんわり立ち上がりにくくなり、ペタンとしやすくなります。
セグレタで洗ったあとは、ドライヤーを使って、根元からしっかり立ち上げるように乾かしましょう。

  • ふっくらさせるコツは、
    ●髪の流れに逆らって
    ●「根元」から立ち上げるように乾かすこと
    えっ?と思うくらい大胆に、指をジグザグ動かすのがコツです。長めの髪は「トップふわっ、サイドふわっ、毛先するん」のひし形をめざすと、ふっくらシルエットがきまります。

    ドライヤーを使うときは、髪から15~20cm離しましょう。

ドライヤーで乾かす 華やかふっくらシルエットのつくり方
  • 前髪

    1.前髪

    指をジグザグに動かし、
    前髪をかきあげながら根元にドライヤーの風をあてます。

  • トップ~後頭部

    2.トップ~後頭部

    下を向いて、ドライヤーの風を上からあてながら
    指をジグザグに動かし、根元から乾かします。
    後頭部は、うなじからトップに向かって乾かします。

  • サイド

    3.サイド

    耳の後ろから、前へ向かって、
    髪をまきつけるように乾かします。

  • 毛先

    4.毛先

    内側から手ぐしを入れて、手の動きと合わせてドライヤーの風をあてます。
    仕上げに、手ぐしでサイドをふわっと整え、毛先をするんとまとめてできあがり。

「20代の髪」と「今の髪」、どこが違う?

肌と同じように、髪も年齢とともに変化します。どう変化しているのか、具体的に見てみましょう。

年齢による変化 ① 根元

とくに年齢があらわれやすいのは「根元」。
個人差はあるものの、女性の髪は10代から徐々に本数が少なくなり、加えて40代前後からは
髪1本1本が細くなっていきます。それにともなって分け目の角度が広がり、
ペタンとしたシルエットに。

年齢による分け目角度の変化

(花王調べ)
年齢による変化 ② うねり

40代以降の女性の多くが、髪につやがなくなった、手ざわりが悪くなった、まとまりにくく
なってきた、という悩みを抱えています。それは、年齢とともに髪の内部構造が不均一になり、
「うねり」のある髪が増えてくるから。
うねりのある毛が増えると手ざわりが悪くなるだけでなく、毛流れが乱れて光を乱反射するため、
つやが失われてしまうのです。

年齢によるつやの変化

(花王調べ)

うねりによるつやの違い

毛流れが揃うと反射が揃う うねりなし毛束 毛流れが乱れると反射が揃わない うねり10%混入

(花王調べ)

大人の髪悩みに合わせて選べるセグレタ

くらしの現場レポート ありたい自分に近づくために 今どき50代の髪へのおしゃれエネルギー

Check
Share to Facebook Share to Twitter More...