Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

地肌チェック/正しいシャンプー方法

気になる地肌のあれこれチェック

  • 地肌のベタつきが気になる
  • 髪が重くてペタッとする
  • 地肌のニオイが気になる
  • ロングヘアなので、地肌まで洗えている自信がない
  • 爪をのばしている/ネイルアートをしている
  • 子どもと一緒のお風呂で、自分をゆっくり洗う余裕がない
  • 最近、子どもが自分で頭を洗うようになった
  • かゆみを感じる
  • ムズムズする
  • フケが気になる

気になる項目があったら、
「地肌汚れ」のサインかもしれません!
実は、髪に覆われた地肌は、
とても洗いにくい場所なのです。

6割以上の方が「地肌のニオイ・べたつきが気になる」と答えた!

事実! およそ10万本の髪の毛が密集している地肌は、とても洗いにくい場所なのです。

顔や体の肌と違って、たくさんの髪が生えている地肌は、全身のなかでも、もっとも洗いにくい場所のひとつ。シャンプーのとき、指で上手に洗おうとしても、指先と地肌の間に髪が入り込んで、地肌まで届いていないこともあるのです。
毎日きちんと地肌まで洗っているつもりでも、実は髪の表面をなで洗いしているだけかもしれません!

「髪が重くてペタっとする…」それも、「地肌汚れ」のサイン!

地肌に残った皮脂汚れが、髪の根元に付着し、髪を伝って広がっていくと、髪に「ベタつき」や「重さ」を感じることがあります。逆に、根元からサラサラ軽い感触の髪は地肌がきちんと洗えたしるしでも。髪になんとなく重さを感じたら、地肌に皮脂汚れが残っているかも、と疑ってみてください。

“洗いにくい地肌”をきちんと洗うために大切なのは?

地肌まできちんと洗えていない人に多く見られたのは、髪の表面をなで洗いするだけで、指先や泡が地肌までしっかり届いていない状態でした。特に泡は、濡れた髪の摩擦を減らし、指のすべりを良くしてくれます。きちんと洗うためには、まずたっぷりの泡を地肌までいきわたらせることが大切。そのうえで、指の腹が地肌に届くように意識して洗うことがポイントです。

正しいシャンプー方法

ふわふわの泡で地肌をしっかり洗おう!

シャンプーの基本は、地肌をきちんと洗うこと。
でも髪でおおわれた地肌は、とても洗いにくい場所なんです。
正しいシャンプーの仕方を覚えて、洗い残しがないようにしましょう!

クシでとかす

髪をぬらす前に、クシでからまりをといておきます。

ポイント!

一度ぬらすと、髪のからまりが取れにくくなるので、
ぬらす前にクシでよくとかすこと。髪がからんだままシャンプーすると、
洗うのに無理な力がかかり、ダメージの原因に。

髪をぬらす

髪に指を通しながら、地肌までしっかりぬらしましょう。

ポイント!

時間でいうと30秒くらい。
髪を傷めず、地肌をまんべんなく洗うため
予洗いは十分に。

泡立てる

シャンプーを手に取り、両手でよくのばして軽く泡立てます。

ポイント!

シャンプーの泡は、汚れを落とすだけでなく、
髪同士の摩擦を防ぐ大切な役目も。

地肌になじませる

シャンプーを髪につけ、指の腹でたっぷり泡立てます。

ポイント!

地肌全体に行き渡るように指の腹でマッサージ。
爪が長く地肌が十分に洗えないときは、
シャンプーブラシが便利。

洗う

点線枠の部分をていねいに洗いましょう。ACを3回くり返します。

A.前髪のはえぎわ
~頭頂部

B.耳のうしろ~後頭部

C.えりあし~後頭部

爪をたてずに、
指の腹で洗おうね

ポイント!

ブロックごとに洗うようにすることで、
洗い残し箇所が少なくなります。

すすぐ

シャンプーのヌルつきがなくなるまで地肌と髪をよくすすぎましょう。

ポイント!

洗い残しは、炎症の原因になるので、
すすぐ時も地肌からかきあげるように。

髪が長い人、髪が「ペタッ」となりやすい人、お子さま別 シャンプーアドバイス

長い髪の人

髪の長い人は、
上半分を持ち上げて洗う。

すすぎ時のからまりが気になる人

髪のからまりが気になる人は、
上向きですすぐのがオススメ。

髪の流れに沿ってすすぐことで、からまりにくくなります

「ペタッ」となりやすい人

コンディショナーやトリートメントは、まず髪の中間〜毛先につけて、その後、手に残ったものをトップの方につける。

頭頂部に多量につけすぎて、すすぎ残しがあるとベタッとしやすくなります。

お子さまへ

の部分を、ていねいに洗いましょう
A~Cを3回くりかえしましょう。

お子さまの小さな手でも持ちやすいシャンプーブラシを使うと、
お子さまの細い髪も、ママの長い髪も、からまりにくく洗えます!

お子さま向けシャンプーブラシを使った洗い方

シャンプーブラシのヒミツと使い方

地肌まできちんと洗えるシャンプーブラシのヒミツ

やさしさのヒミツ お子さまの細い髪も、
ママの長い髪もからまりにくい、
やわらかブラシ。

  • やわらかなブラシの先端が、
    地肌をいたわりながら
    汚れをしっかり落とします。
  • ブラシの配列を工夫することで、
    クシどおりがよく髪が
    からまりにくくなっています。
  • お子さまの小さな手でも
    持ちやすい
    シャンプーブラシです

きちんとのヒミツ 毛穴、根元、地肌にはたらく
3種類のブラシ。

  • 3種類のブラシが、地肌の
    すみずみまで届きます。
  • ブラシでマッサージしながら、
    地肌をすっきり
    気持ちよく洗えます。

シャンプーブラシの使い方

「正しいシャンプー方法」(1)〜(4)をおこないます。

正しいシャンプー方法

ブラシを地肌にあて、小刻みに左右に動かしながら洗います。

ブラシの動かし方

の部分をきちんと洗いましょう。A〜Cを3回くり返しましょう

洗い方

シャンプーのヌルつきがなくなるまで、
地肌と髪をよくすすぎます。

泡のヒミツ

メリットの泡は、強くこすら
なくても、ベタつき・ニオイ
まですっきり!さらに、ノンシリコーン
処方、お子さまにもおすすめの泡。
そのヒミツをご紹介します。

お客さまの声/Q&A

メリットを
お使いいただいた感想や、
商品についてのQ&Aを
ご紹介します。

ページTOPへ戻る