よくあるご質問

バブシリーズ共通

Q.

「バブ」シリーズの入浴剤から炭酸ガスがでるしくみは?

A.

「バブ」シリーズには、有機酸の一種であるフマル酸と、炭酸水素ナトリウム(重そう)が含まれており、お湯に溶かすと下記の化学反応によって炭酸ガスが発生します。

フマル酸+重そう→フマル酸ナトリウム+水+炭酸ガス

フマル酸+重そう→フマル酸ナトリウム+水+炭酸ガス

フマル酸+重そう→フマル酸ナトリウム+水+炭酸ガス

[参考]
お風呂に入れる前に炭酸ガスが発生しないように、フマル酸と重曹が直接接触しないように工夫しています。また、包装している袋は、水分を通さない複合材料のフィルムを使用しています。

【お願い】「バブ」シリーズは必ず入浴剤として使用し、遊び等には使わないようにご注意ください。

Q.

「バブ」を溶かしながら湯船に入ってはいけないの?

A.

溶けきる間際に錠剤が浮き上がっている時や、手に持ってバブを溶かすなど、発泡中の錠剤に顔を近づけると、まれにせき込む場合があります。表示にもあるように、バブが溶けてから湯船に入ってください。
なお、バブが完全に溶けた状態で入った方が、炭酸ガスがお湯に均一に溶け込んでいて効果的です。

Q.

以前に買った「バブ」シリーズがあるけれど、使ってもだいじょうぶ?

A.

未開封であれば3年間は品質が安定するように製造しています。
湯に溶かし、いつもと同じように炭酸ガスが出て、溶けきるようであればご使用いただけます。
保管状態などによっても異なりますが、まれに溶けにくくなることもありますので、早めにお使いになることをおすすめします。
なお、溶けにくくなった場合でもお肌に影響はありません。

Q.

「バブ」シリーズを入れたお風呂を翌日沸かし直しても、炭酸ガスが温浴効果を高める働きは続くの?

A.

お湯の中に溶けていた炭酸ガスは時間がたつと抜けてしまうので、炭酸ガスが温浴効果を高める働きはなくなりますが、温泉成分(有効成分)による湯冷め防止効果は持続します。

Q.

「バブ」シリーズを入れたお風呂を翌日沸かし直すときに、1錠(1包)追加してもだいじょうぶ?

A.

表示にあるように、浴槽のお湯(150~200リットル)に対して1錠(1包)を溶かしてお使いください。それ以上入れると、お湯の中の入浴剤成分が濃くなりすぎるおそれがあります。
わかし直した後に、もう1錠(1包)継ぎ足しするのもおすすめできません。

Q.

「バブ」シリーズを入れたお風呂の残り湯を洗濯に使っていいの?

A.

お洗濯にも使えます。
ただし、残り湯の中の汚れや色が洗濯物につくのを防ぐため、次の点をお守りください。
●「アタック」シリーズ、「ニュービーズ」シリーズなどの「綿・麻・合成繊維用」の洗剤で洗う場合に限る(※)。
●残り湯の汚れがひどい場合は使わない。
●すすぎには、水道水などのきれいな水を使う。

■次の場合は、水道水などのきれいな水をお使いください。
・柔軟剤仕上げ、つけ置き
・「エマール」のようなおしゃれ着用の洗剤で洗濯する場合
・おろしたての衣類の洗濯

※「アタック」シリーズ、「ニュービーズ」シリーズなどの綿・麻・合成繊維用の洗剤は、洗濯液中の汚れ(洗濯物から落ちた汚れや残り湯中の汚れ)などが洗濯物につくのを防ぐ効果(再付着防止効果)が高いためです。

【給水ポンプをお使いの方】
にごりタイプ(バブ うるおいプラス)は、白濁成分が配合されています。そのため、洗濯機の風呂水給水ポンプは、フィルターに白濁成分がつまることがあるので、使わないでください。

バブ・バブクール

Q.

「バブ クール」は冬に使ってはいけないの?

A.

「バブ クール」には、清涼成分や肌さっぱり成分が入っていますが、炭酸ガスの温浴効果は同じです。お好みに合えばお使いいただけます。

Q.

「バブ」や「バブ クール」を入れたお風呂に赤ちゃんと一緒に入ってもいいの?

A.

赤ちゃんがご家族と一緒に入浴できる頃になれば、「バブ」「バブ クール」や、「バブ メディケイティッド」を入れたお風呂にも一緒に入れます。
錠剤が溶けている間は、香り立ちが強くなることがありますので、必ず浴槽のお湯に溶かしきってから入れてあげるようにしましょう。
身体が温まりすぎるとのぼせることがありますので、ぬるめのお湯にして、お湯に浸かる時間も短めにするとよいでしょう。
また、赤ちゃんとお風呂に入る時は、浴槽などでのすべりにもご注意ください。

※浴槽のお湯(150~200リットル)に1錠をよく溶かしてお使いください。
※錠剤の継ぎ足しは、お湯の香りが強くなりすぎるため、おすすめできません。

その他

Page Top