使い方

パッチテストをする
(白髪用ヘアカラー 医薬部外品 をお使いの場合)

ヘアカラーで染毛の2日前(48時間前)には、毎回必ず皮膚アレルギー試験(パッチテスト)をしてください。
*ヘアマニキュア・ブリーチの場合は、パッチテストの必要はありません。

パッチテストとは?

パッチテストとは、ヘアカラーにかぶれる体質かどうかを調べる皮膚アレルギー試験です。食品や医薬品などでアレルギー反応をおこす人がいるように、まれにヘアカラーで重篤なアレルギー反応をおこす人がいます。また、他のアレルギーと同じで過去に異常のなかった人でも、体調の変化などによって、かぶれる場合もあります。染毛の2日前には、毎回必ずパッチテストをおこなってください。

手順

  1. パッチテスト用混合液・クリームを用意。 1液(1剤)と2液(2剤)を指定の量ずつ取り、綿棒で混ぜ合わせます。
  2. 腕の内側にぬり、48時間放置。 混合液・クリームを、綿棒の先端につけ、腕の内側に10円硬貨大にうすくぬり、自然に乾燥させます。混合液が乾燥するまで、衣服につかないようにします。
  3. 30分後と48時間後の2回チェック。
    48時間経過して、かゆみ・はれなどの異常がなければ、ヘアカラーしてもOKです。

*異常があった場合は、すぐに洗い流して、ヘアカラーを中止し、花王消費者相談室までご相談ください。
TEL.0120-165-692受付時間 9:00~17:00(土・日・祝除く)

身じたくを整える

製品以外に準備するもの

●ティッシュペーパー ●新聞紙などの敷物 ●タオル ●鏡 ●輪ゴム2個 ●目の粗いクシ 
●水をはじくクリーム(ニベアクリームなど)

Skin

•水をはじくクリームを、耳のまわり、額など、髪の生え際にぬります。こうするとカラーリング剤が肌についても落としやすくなります。
•クリームが髪につくと染まりが悪くなるのでご注意を。

Hair

•髪が生え際にかからないよう、あらかじめ髪全体を後ろに向けてとかしておきます。
•髪の長い人は、ブロッキングすると、ムラなくきれいにぬれます。
(泡タイプのヘアカラーで染める場合は、ブロッキングの必要はありません)

Clothes

•汚れてもかまわない、前開きの衣類に着替えます。
•大きめのタオルやケープで、首から肩ガードします。

・最後に手袋をして、輪ゴムでとめます。
・床や洗面台などが汚れないよう、あらかじめ新聞紙などを敷いてください。
・製品をご使用の際には、使用上の注意をよく読んで正しくお使いください。

Page Top