開発ストーリー・開発者の想い

開発ストーリー・開発者の想い

開発ストーリー・開発者の想い

原点 花王の本質研究

原点 花王の本質研究

原点 花王の本質研究

どうしたら健康や美しさを保てるだろうか。
花王のモノづくりは、皮膚や髪の本来の姿に着目する、本質研究から始まります。

Reriseもまた、髪の本質をみつめて生まれました。
着目したのは、髪が本来持つ色素「メラニン」。
黒髪には「メラニン」があり、白髪にはないという事実。
それが開発の原点でした。

染めても染めてものびてくる白髪。髪を傷めずに、いつでも白髪をケアできるようになったら—。
私たちの挑戦が始まりました。


出会い 日本酒造りとの意外な関わり

出会い 日本酒造りとの意外な関わり

出会い 日本酒造りとの意外な関わり

意外なところに、Rerise開発のヒントがありました。
酒蔵でみつかった、黒い麹です。

清酒業界では昭和30年ごろ、酒粕に黒い斑点が生じる「黒粕(くろかす)」という現象に悩まされました。
酒粕は食品として幅広く利用されており、この問題を解決するために精力的な研究が行われた結果、この黒い斑点が「メラニン」であることがわかったのです。

その研究を行っていたのが、380年以上の歴史を持つ日本の伝統的な酒造メーカー「月桂冠」です。
清酒麹菌の中に、メラニンを生成する酵素「チロシナーゼ」の遺伝子を発見しました(2000年に発表)。
米麹の発酵技術を応用した製法で、「メラニンのもと」をつくりだすことに成功したのです。

花王は、月桂冠のこの技術に出会い、新しい白髪ケアの開発に活かせるのではないかと考え、2001年に共同開発をスタートさせました。

  • ジヒドロキシインドール

月桂冠ホームページはこちら


探求 自然な黒さとは

探求 自然な黒さとは

探求 自然な黒さとは

ただ黒くなるだけでいいのだろうか。
さらなる探求も始まりました。

いかにも染めたというような、重たい黒色では満足いただけない。めざしたのは「自然な黒さ」でした。少し透明感が感じられる、柔らかい黒。幅広い年代の方のお顔と調和がとれて違和感のない色をめざしました。

また、色だけではありません。
パサついて広がりやすい毛先がまとまりやすくなったり、ふんわりとしたボリューム感を出したりする処方開発を続けました。

そうして研究スタート時から16年以上もかけて、仕上がりまで提供できる処方にたどり着いたのです。

開発者の想い

開発者の想い

開発者の想い

白髪への新しい提案 ヘアケア研究所 島津綾子

白髪への新しい提案 ヘアケア研究所 島津綾子

白髪への新しい提案 ヘアケア研究所 島津綾子

白髪悩みを忘れて、 10年先20年先も明るく楽しい人生を日々送っていただけたらなと思っております。


融合 大量生産へ

融合 大量生産へ

融合 大量生産へ

「黒髪メラニンのもと」の生産は、少量から始まりました。
人の手で調整しながらつくる、まさに“匠の技”でした。

しかし、多くの方に製品を届けるためには、安定的に大量生産をしなければいけない。人の手で生み出してきた細かい技術を深く理解し、スケールの大きい自動製造に落とし込めるまで、花王の研究員たちは改良を重ねました。

“匠の技”と“世の中に広げたいという想い”が融合し、生まれた製法。それによってReriseが誕生したのです。

  • 着色成分(ジヒドロキシインドール)

開発者の想い

開発者の想い

開発者の想い

自製化への挑戦 加工・プロセス開発研究所 宮谷司

自製化への挑戦 加工・プロセス開発研究所 宮谷司

自製化への挑戦 加工・プロセス開発研究所 宮谷司

Reriseの価値、喜びを多くの方々に知っていただきたい。そのためには、製品を安定して供給できるように我々がしっかりやっていきたいなと思います。


創意 より使いやすく

創意 より使いやすく

創意 より使いやすく

製品のパフォーマンスを発揮できるよう、誰でもストレスなく使えること。これが容器開発にとって不可欠です。

白髪用髪色サーバーの開発過程では、どんな人が使うのか、どんな場面で使うのかさまざまなケースを想定して、いくつもの試作品が生み出されました。
形そのものだけでなく、角度、長さ、すべてにおいてミリ単位で何度も調整がくり返されました。

創意工夫を凝らして完成したのが、おふろですべりにくく、軽く、長く、楽に押せる、サーバーヘッド付きの容器です。

開発者の想い

開発者の想い

開発者の想い

発想の転換が生んだサーバー 包装容器開発研究所 山田孝

発想の転換が生んだサーバー 包装容器開発研究所 山田孝

発想の転換が生んだサーバー 包装容器開発研究所 山田孝

これまで仕事をしてきたなかでも、今までにない良い商品だと思いました。お客さまにも驚きのある商品をお届けできるのではないかと思います。

Page Top