生肉の危険性と食中毒予防

生食用食肉の安全性

新鮮だからといって、生食は安全ではありません!

市販の肉(鶏肉・牛レバー)から高率に菌(カンピロバクター)が検出されたとの報告があります。 鮮度が良い肉でも菌がついた肉を生もしくは半生で提供すると食中毒のリスクが高まります。

表面を消毒(加熱)しても安全ではありません!

表面以外にも、肉や内臓の内部から菌( カンピロバクター )が検出されています。
表面にアルコールを噴霧したり、軽く湯引きまたは炙る程度では内部の菌は死滅しません。


〈引用文献〉
東京都福祉保険局健康安全課「 生肉の取り扱い」

湯引き



Share to Facebook Share to Twitter More...
Copyright © Kao Corporation. All rights reserved.
Kao Group