猫の泌尿器ケア研究会

泌尿器の病気
猫の膀胱の腫瘍

猫トイレイメージ

膀胱の腫瘍とは

あまり多くはありませんが、高齢になると膀胱に腫瘍ができることもあります。多くの場合は悪性で、移行上皮がんの確率が高いといわれています。

膀胱の腫瘍になりやすい猫

高齢の猫にまれにみられます。

膀胱の腫瘍の症状

膀胱の内側がただれて炎症が起こり、オシッコの回数が増える、血尿が出るなどの下部尿路症状が現れます。進行すると食欲もなくなってきます。発見が遅れれば、他の臓器に転移します。

猫の血尿

血尿がサインになることも。
(写真提供/麻布大学付属動物病院 渡邉俊文先生)

膀胱の腫瘍の治療

初めから膀胱の腫瘍だと診断するのは難しく、尿石症や膀胱炎の治療をしてもなかなか回復しないことで、発見されることがよくあります。腫瘍の確認には、尿検査やエックス線検査、超音波検査などが行われます。基本的に外科手術で腫瘍を摘出しますが、抗がん剤などの化学療法を行うこともあります。

膀胱の腫瘍の予防

尿路結石症膀胱炎と症状が似ているうえ、発症率もあまり高くないことから、発見されたときには手遅れになることもあります。オシッコの異変に注意して、気になる症状があれば動物病院で早めに診察を受けましょう。

猫のオシッコチェックダイアリー記入例。月に1度の新習慣。愛猫の健康管理はオシッコで!

ダイアリーに記録し、日頃からオシッコの状態をチェックしましょう。

Page Top