猫の泌尿器ケア研究会

泌尿器の病気
猫下部尿路疾患(FLUTD)

猫トイレイメージ

猫下部尿路疾患とは

膀胱から尿道までの下部尿路に起こるさまざまな病気や症状の総称です。

猫下部尿路疾患の原因

尿路結石膀胱炎尿道炎膀胱周辺の腫瘍尿道閉塞、尿路感染症など、一つまたは複数の病気が合わさって起こります。中でも特に多いのが、膀胱炎と尿路結石です。

猫下部尿路疾患の症状

トイレに行く回数が増える、頻繁にトイレに行くのにオシッコが少ししか出ない、オシッコをするときに痛がってなく、血尿が出る、オシッコが濁る、トイレ以外の場所で粗相をする、落ち着きがなくなるなど、排泄に伴うさまざまな症状が見られます。
こうした症状を下部尿路症状といいます。症状は原因となっている病気の種類によって少しずつ異なります。

猫のオシッコの注意すべき色

血尿や白濁した尿が出て気づくことも。
(写真提供/麻布大学付属動物病院 渡邊俊文先生)

猫下部尿路疾患の治療

原因となっている病気をつきとめて、それに見合った治療が行われます。

猫下部尿路疾患の予防

十分に水を飲ませること、バランスのとれた食事管理、トイレを清潔にするなど、デイリーケアが大切です。

水を飲む猫

水を十分に飲めるように工夫を。

Page Top