赤ちゃんとママ・パパのための情報

離乳食クッキング

苦手料理の克服法
魚の調理が苦手。
どうすればいい?

魚は骨や皮があって、離乳食向けに調理するのが難しそうなため、敬遠するママたちも多いもの。でも、コツを覚えれば意外に簡単。「食べさせていい魚って?」「どう調理すればいいの?」などにお答えしながら、調理ポイントをアドバイス。時期にあわせたメニューも参考にしてくださいね。

5〜6ヵ月ごろ:白身魚のすりながし

  1. 白身魚の刺身(タイ、ヒラメなど)一切れをゆでて、すり鉢でよくすりつぶします。
  2. 1に、だし汁大さじ1をくわえ、滑らかにのばします。

調理のポイント
沸騰した湯に刺身一切れをくぐらせ、中まで火が通ったら、すり鉢ですりつぶします。

5~6カ月ごろでは白身魚を使います。ヒラメやタイ、むきカレイなどが適しています。これらの魚のお刺身は、骨がないうえ一切れごと使えて無駄がないのでおすすめです。
しらすぼしは、つぶしやすいので5~6カ月ごろの離乳食にぴったり。かならず湯通しして、塩分をとってから使いましょう。
切り身の魚は、ゆでてから骨と皮を取り除き、指先を使って骨がないか確認しながら身をほぐし、すりつぶしてから使います。すりつぶすときは、ゆで汁を少し加えるとつぶしやすくなりますよ。

7〜8ヵ月ごろ:まぐろのとろとろ煮

  1. まぐろの刺身一切れを、ゆでて細かく刻みます。
  2. 小鍋に、だし汁1/4カップを入れ、1とやわらかくゆでて細かく刻んだブロッコリーの穂先1/2房分を加えてひと煮し、水溶きかたくり粉適量でとろみをつけます。

※水溶きかたくり粉は、(かたくり粉1:水3)の割合です。

調理のポイント
水溶きかたくり粉でとろみをつけます。ダマにならないようにかき混ぜながら入れましょう。

7~8カ月ごろになると、まぐろ、さけなど赤身の魚も使えるように。刺身をゆでて細かく刻み、水溶きかたくり粉でとろみをつけたり、かぼちゃや芋類などポッテリした素材と混ぜたり、ホワイトソースなどとろみのあるもの、刻み納豆のようにねばりのあるものなどに混ぜて、食べやすくしてあげましょう。さけを使うときは、塩ざけではなく生ざけを。ゆでてからほぐすやり方のほかに、使う分だけを切り分けて耐熱皿に乗せ、ラップをして電子レンジで加熱しても。身をほぐして骨と皮を取り除いてから、細かく刻みます。
缶詰のツナは、水煮のものはそのまま使えて便利です。オイル漬けのものは、湯通しして油を抜いてから使いましょう。

9〜11ヵ月ごろ:かじきまぐろのスティックソテー

  1. かじきまぐろ15~20gを、繊維を断ち切るように1cm角の3cm長さに切り分け、塩少々をふります。
  2. 1に小麦粉をまぶし、サラダ油小さじ1/2を熱したフライパンでソテーします。少量の油で揚げてもかまいません。

調理のポイント
かじきまぐろは、繊維と垂直にカットしてスティック状に。ポロポロとかじりとりやすくなります。

カミカミの練習をする9~11カ月ごろでは、魚も形のある状態に調理してあげましょう。この時期は、いわしやさば、さんまなどの青背魚も食べさせても大丈夫となるので、焼き魚や煮魚からのとりわけもOKに。焼き魚は、赤ちゃんにはパサパサして食べにくいので、だし汁と水溶きかたくり粉であんを作ってかけたり、とろみやねばりのある素材に混ぜるといいですよ。煮魚の取り分けは、味のしみていないところを選んで。味が濃いと思ったら、さっと湯通しして塩分をとるとよいでしょう。
切り身から切り分けて調理するときは、かたくり粉を振ってから加熱すると、ツルリと飲み込みやすくなります。10~11カ月ごろになったら、手づかみ食べの練習のために、まぐろや生たらを、手づかみしやすい大きさにカットし、ソテーしてあげましょう。

牧野直子先生

料理・指導/管理栄養士

牧野直子先生


スタジオ食(くう)主宰。「より健康になるための食生活や栄養の情報提供」、「家族みんなが楽しめる、身体にやさしい、簡単で美味しいレシピの提案」をテレビ、ラジオ等各マスメディアや料理教室、健康セミナーなどで展開。自らの経験や豊富な食や栄養の知識・情報から生まれたレシピの数々は食卓をあずかる女性を中心に好評を得ている。保健センターでの栄養相談や育児雑誌での調理指導など、離乳食に関しても多方面で活躍中。

Page Top