応援!くらしのキレイ

美肌のキホン
早わかり!メイクに合わせた「メイク落とし」の選び方

2018.09.19|健康・美容

【応援!くらしのキレイ】早わかり!メイクに合わせた「メイク落とし」の選び方

メイク落とし(クレンジング剤)はいろいろな種類があるので、どれを選んだらいいかわからない人もいるのでは?自分のメイクに合ったメイク落とし選びのポイントを紹介します。適したタイプを選んで、メイクをしっかり落としましょう。

メイク落としはタイプによって、使い方や洗い上がりが異なる

メイク落としには、オイルタイプやジェルタイプなどさまざまな種類があります。まずは特徴をおさえましょう。

①オイルタイプ
 ウォータープルーフなどのしっかりメイクを落とす。

②リキッドタイプ
 みずみずしい使い心地でメイクを落とす。

③ジェル・クリームタイプ
 肌にやさしい使い心地でゆっくりなじませながらメイクを落とす。

④メイク落とし+洗顔兼用タイプ
 メイク落としも洗顔も一度に済ませる。

⑤拭き取りシートタイプ
 場所を問わずどこでも手軽にメイクを落とす。

あなたにぴったりのメイク落としは?

さまざまなタイプのメイク落としから、あなたに合ったものを見つけるポイントは、ベースメイクやアイメイクの濃さによって選ぶこと。

『ベースもアイメイクもばっちり』派

ベースメイク

肌仕上がり

【しっとり】【すっきり】2タイプ

いつでもどこでも落としたい人に

ふくだけコットンうるおいリッチ

『ベースはしっかり、アイメイクは軽め』派

ベースメイク

肌仕上がり

【とてもしっとり】

肌仕上がり

【しっとり】

いつでもどこでも落としたい人に

  • ふくだけコットン

  • 素肌つるるんクレンジングウォーター

『ベースはパウダーで軽め』派

ベースメイク

肌仕上がり

【すっきり】

一度で楽に落としたい人に

  • メイクも落とせる洗顔料 うるうる密着泡

  • メイクも落とせる 洗顔料 さっぱりミルク

  • メイクも落とせる つるすべ美肌

ベースメイクが軽めでも、 アイメイクが「ウォータープルーフ」の 場合、しっかり落とせるオイルやリキッド タイプがおすすめ。

ビビコさんアドバイス

ビビコさんアドバイス

ビビコさんアドバイス

落としにくいアイメイクには

ウォータープルーフのマスカラなど、落ちにくいアイメイクには、アイメイク用のメイク落としシートなどを利用するといいでしょう。
こすらずにアイメイクを落とせます。

しっかり アイメイク落とし


メイクは肌に残さないよう、メイク落としでしっかり落としましょう。今回紹介したおすすめアイテムを参考に、自分のメイクに合ったメイク落としを使ってくださいね。
メイク落としの上手な使い方も紹介していますので、あわせてチェックを。

Page Top