応援!くらしのキレイ

節約アドバイザー和田由貴さんに聞く
夏のエアコン節電テク6選!我慢よりも賢く省エネ

2018.07.12|暮らしまわり

【応援!くらしのキレイ】節約アドバイザー和田由貴さんに聞く 夏のエアコン節電テク6選!我慢よりも賢く省エネ

「暑いのは我慢できない」という方も大丈夫!節約アドバイザーの和田由貴さんに、涼しく過ごしつつ、節電できる方法を聞きました。もしかしたら、今より涼しく過ごせるようになるかも!?

【1】エアコンの設定温度を1℃アップで、10%の節電

環境省が推奨している冷房の設定温度は28℃ですが、まずはいつも使っているエアコンの設定温度を、1℃上げてください。それだけで、約10%の節電になります。1℃だけなら、できそうな気がしませんか?
ただし、節電を意識しすぎて健康を害することがないように、無理せず温度を調整してください。

エアコンの設定温度を1℃アップで、10%の節電

【2】エアコン+扇風機(サーキュレーター)のダブル使いがおトク

2つの電気製品を同時に使ってもいいの?と驚かれますが、エアコンの温度を2℃下げたら65w程かかるのに対して、扇風機の消費電力は25w程度。しかも、風に当たると体感温度が2℃くらい下がるといわれていますから、28℃設定で扇風機を使うと26℃くらいの体感温度になるんですよ。エアコンだけで暑さ対策するより、実は節電になるんです。

ペットボトルを保存容器として再利用

和田由貴さんのワンポイントアドバイス

和田由貴さんのワンポイントアドバイス

和田由貴さんのワンポイントアドバイス

エアコンの風向きは「水平」。
扇風機はその対角線上に置いて。

冷気は下に落ちるため、エアコンの風向きは水平がおすすめです。
また、扇風機は冷気の貯まる場所、つまりエアコンの対角線上に置くと、上手に部屋の空気を対流させることができます。

エアコンの風向きは「水平」。 扇風機はその対角線上に置いて。

高いところも手元も、かんたん掃除

心地いい風を楽しむためにも、「クイックルワイパー ハンディ 伸び縮みタイプ」でエアコン・扇風機のホコリを取りましょう。

エッセンシャルつめかえ用

【3】風量は「自動」におまかせ

風量の設定は、ズバリ「自動」にしておくのが正解!弱風だと、なんとなく節電になる気がしますが、効率良く部屋が冷えないため、かえって電力がかかります。エアコンにまかせておけば、一番効率良い運転で室温を調節してくれます。

風量は「自動」におまかせ

【4】帰宅後は、冷房する前にまず換気

部屋に熱気がこもったままだと冷えるまでに時間がかかります。まずは窓を開けたり、換気扇を回して熱気を外に出し、その後エアコンをつけたほうが効率的です。窓は1か所を全開にするより、2か所開けたほうが風の通りが良くなります。

帰宅後は、冷房する前にまず換気

気になるニオイは「シュッ」とリセット

お部屋のこもったニオイが気になるときは、「リセッシュ 除菌EX プレジャーブーケ」でイヤなニオイをリセット。天然生花エキス配合でお花屋さんのみずみずしい香りが広がります。 空間・衣類・布製品に使えるアロマ消臭ミストです。

リセッシュ 除菌EX プレジャーブーケ

【5】フィルター掃除で約5%の節電

効きが悪いな、と思ったら、まずはフィルターの汚れをチェックしてください。ホコリや汚れなどをとって、目詰まりを防ぐだけでも、約5%の節電になるんです。2週間に1度は外して、掃除機でホコリを吸い取ると良いでしょう。

フィルター掃除で約5%の節電

マイペットで、汚れすっきり!

フィルターがべたつくと、ホコリがつきやすくなります。掃除機で吸い取れない目に詰まった汚れは、「かんたんマイペット」をスプレーして拭き取ったり、「マイペット」を使って水洗いしましょう。

マイペット

[掃除方法]
●フィルターを外し、「かんたんマイペット」をスプレーしたスポンジ、または「マイペット」のうすめ液をしみこませたスポンジで洗う。水で良くすすいだ後、風通しの良いところで乾かす。
*マイペット使用量の目安は、水2Lに対して、キャップ1/2~1杯。
 
●エアコン本体など、水洗いできないところの汚れは「かんたんマイペット」をスプレーした布で拭く。

【6】室外機まわりは風通しを良く

室外機は、風通しの良い日陰に置かれていると、冷房の効率が良くなります。吹出口まわりには物を置かないようにしましょう。直射日光が当たらないようにすだれで日よけをするのもおすすめです。その際には、吹出口をふさがないよう、少し離れた位置に付けましょう。

室外機まわりは風通しを良く

[エアコンの運転方法Q&A]
おトクなのは?

Q.

「除湿」と「冷房」どう使い分けるの?電気代の差は?

A.

温度が高くなる真夏などは「冷房」を、湿度が高くなる梅雨などは「除湿」を使うといいでしょう。
電気代については、エアコンの機種によっては「冷房」の方が安くなることがあります。
除湿には「弱冷房除湿」と「再熱除湿」の2種類があり、前者は冷房より消費電力が少なく、後者は冷房より消費電力が大きくなります。
●電気代:再熱除湿>冷房>弱冷房除湿
●除湿量:冷房>再熱除湿>弱冷房除湿
●温度を下げる力:冷房>弱冷房除湿>再熱除湿

Q.

24時間つけっぱなしの方が電気代が安くなるの?

A.

エアコンは、運転開始直後が最も多く電力を消費するため、こまめにスイッチをON、OFFしない方が良いと考えがちですが、これはウソ。いくつかの条件(エアコンの型式、住居設備、広さ、人数など)によっては、つけっぱなしの方がおトクになる場合もありますが、まれなケースです。冷房は、必要なときだけつけましょう。使用中のこまめなON、OFFは不要です。

環境カウンセラー 和田由貴さん

監修:節約アドバイザー 和田由貴(わだゆうき)さん

消費生活や環境問題の専門家として、また現役の主婦・母の視点から、節約術や家事情報に精通する節約アドバイザーとして幅広く活躍中。消費生活アドバイザー、環境カウンセラー、省エネルギー普及指導員、3R推進マイスター(環境省第一期国推薦委嘱)などの資格を生かし、講演、執筆、テレビ出演、新聞・雑誌・WEBでの連載など多方面で活躍。著書に『裏ワザ名人のちゃっかり!節約生活』『年間50万円は貯まるチリ積も節約術』『快適エコのライフスタイル』など。

Page Top