応援!くらしのキレイ

【大掃除】キッチン編
ガンコな油汚れやこげつきを解消!ガスコンロやIHのラクラク技あり掃除

公開:2016.12.13 更新:2018.12.17 | 掃除・キッチンケア

【応援!くらしのキレイ】【大掃除】ガスコンロ・IH編 <キッチン>ガスコンロ・IHヒーターの油汚れをスッキリ!

キッチンは毎日のように使う場所。中でもガスコンロやIHクッキングヒーター周辺は、調理のときの油はねや吹きこぼれなどで特に汚れやすい場所です。キレイにしているつもりでも、気がつけば汚れがたまって落ちにくくなっていませんか?「コンロにこびりついた汚れが取れない…」とお悩みの方へ!ガンコな汚れをラクに落とすコツや日常的なお手入れのポイントを紹介します。

こびりついた汚れの正体は?

コンロの汚れは、調理中の吹きこぼれや油はね、こぼれた調味料などが主な原因です。付いてすぐの汚れは簡単に拭き取れますが、放置しておくとコンロの熱により、吹きこぼれは炭化してこびりつき、ガンコなこげつき汚れとなってしまいます。また、コンロ上や周囲の壁面に飛んだ油汚れは、時間の経過と共に変性が進み、落としにくくなります。

ガスコンロやIHをキレイにする基本の掃除アイテムはコレ!

洗剤は汚れの状態や掃除シーンなどにあわせて揃えてください。

・マジックリン ハンディスプレー
・キッチンマジックリン 消臭プラス
・ワイドマジックリン
・マジックリン ピカッと輝くシート
・キッチンクイックル
・ホーミング
・炊事用手袋
・目を保護するためのメガネ
※対象物によっては使用できない洗剤もあるので、詳しくはメーカーの取扱説明書やホームページを確認してください。

その他、これらもあると効率良く掃除ができます。
スポンジ、ティッシュペーパー、古タオル、ハブラシ、大きなポリ袋、食品用ラップフィルム

  • 掃除アイテム

    「マジックリン ハンディスプレー」や「キッチンマジックリン 消臭プラス」を使うときは、炊事用手袋と目を保護するためのメガネをお使いください。

  • 揃えておくと便利なアイテム

掃除を始める前の準備

安全に掃除するため、しっかり準備してから始めましょう。
◎必ずガスコンロの元栓を閉める。IHクッキングヒーターは主電源を切る。
◎窓などを開けて換気を良くする。
◎住宅用強力洗剤(マジックリンなど)を使うときは、炊事用手袋をして、メガネ等を着用。

メガネ:目に洗剤の液や飛沫が入らないように 炊事用手袋:手荒れの防止に

ガスコンロの掃除は主に4か所。「外せるもの」と「外せないもの」で掃除方法を変えよう

主に「五徳」「バーナーキャップ」「排気口カバー」「トッププレート(天板)」の4か所を掃除します。

ガスコンロの掃除は主に4か所

【外せるもの】五徳・バーナーキャップ・排気口カバーなどは、こすり洗いorつけおき

五徳やバーナーキャップ、排気口カバーを取り外し、シンクの中で「マジックリン ハンディスプレー」をスプレー後、5分ほどおきます(長時間放置すると、変色や傷みの原因になるため注意)。五徳の下に受け皿があるタイプは受け皿も一緒に。その後、スポンジなどで軽くこすり、水で十分にすすいでください。汚れが落ちにくい場合は、歯ブラシでこすると良いでしょう。

シンクの中で「マジックリン ハンディスプレー」

■こんな方法も

「ワイドマジックリン」で、つけおきする方法もあります。時間はかかりますが、つけおきしている間に、トッププレートなど別の部分の掃除を進めることもできます。
洗いおけや大きめのビニール袋をシンクの内側に広げ、40℃程度のぬるま湯を入れます。そこに「ワイドマジックリン」を溶かし(水5Lあたりキャップ約1杯)、五徳やバーナーキャップなどを入れ、2~4時間つけおきします。その後、スポンジや使い古した歯ブラシなどで軽くこすり、水で十分にすすいでください。

「ワイドマジックリン」でつけおき

※マジックリン製品は、ご使用前に必ず使用上の注意をよく読んでからお使いください。
※炭化したコゲ、長期にわたって焼きついた汚れ等は落ちない場合があります。
※アルミ製品は変色する恐れがあるので、2時間以上つけないでください。

三ツ星シュフ みっちゃん's Point!

三ツ星シュフ みっちゃん's Point!

三ツ星シュフ みっちゃん's Point!

なかなか落ちない、ガンコなこげつき汚れには

①こげつきなどは、まず割り箸などでこそげ取ります。

②シンクに置いて、汚れにクリームクレンザーの「ホーミング」をかけ、スポンジの硬い面や使い古した歯ブラシなどでこすります。または、クレンジング成分(研磨剤)入りの「マジックリン ピカッと輝くシートクレンジング成分in」でこすり取るのも手軽でおすすめです。どちらも最後は水で十分にすすいでください。

  • クリームクレンザーの「ホーミング」をかけ、スポンジの硬い面や使い古した歯ブラシなどでこすります

  • クレンジング成分(研磨剤)入りの「マジックリン ピカッと輝くシートクレンジング成分in」でこすり取る

※割り箸などでこするときは、塗装を傷つけないようにご注意ください。
※人工大理石や表面を加工したシンクは、強くこすると傷つくことがあるのでご注意ください。

【外せないもの】トッププレート(天板)・点火つまみなどは、住宅用の強力洗剤で拭き取り

トッププレートは、五徳などの外せるパーツを全て外し、「マジックリン ハンディスプレー」をスプレーします。そのまま5分ほどおいてから布などで拭き取ります。
取り外せない排気口カバーや点火つまみ、コンロ本体の前面・側面・背面などは、直接スプレーするのではなく、布などに「マジックリン ハンディスプレー」をスプレーして汚れを拭き取ります。
いずれも掃除後は十分に水拭きし、しっかり乾かしましょう。

トッププレート(天板)・点火つまみなどは、住宅用の強力洗剤で拭き取り

三ツ星シュフ みっちゃん's Point!

三ツ星シュフ みっちゃん's Point!

三ツ星シュフ みっちゃん's Point!

落ちにくい油汚れは「湿布法」で簡単スッキリ!

汚れた部分にティッシュペーパー(orキッチンペーパー)を貼り付け、上から「マジックリン ハンディスプレー」をスプレーします。ティッシュを使うことで洗剤の乾燥を防ぎ、汚れにしっかり密着させることができるため落としやすくなります。
5分ほどおいて汚れが浮き上がってきたら、ティッシュごと拭き取るだけできれいに!最後は十分に水拭きしてください。

液だれして掃除しにくいガスレンジの壁にも、液だれせずに洗剤成分が行き渡るので効率的で便利ですよ。

落ちにくい油汚れは「湿布法」で簡単スッキリ!

※マジックリン製品は、ご使用前に必ず使用上の注意をよく読んでからお使いください。
※アルミ製品(変色することがある)、タイル目地(着色することがある)、油や熱などで傷んだ塗装・フッ素コート(はげることがある)は、目立たない所で試してからお使いください。

IHクッキングヒーターのこげつき汚れはラップで簡単キレイ

掃除するパーツは天面だけなのでお手入れはしやすいですが、こげつき汚れは困りもの。汚れが目立つので、余計に気になりますが、そんな汚れも力をかけずに落とせるコツを紹介します。

天面にクリームクレンザーの「ホーミング」をかけ、丸めたラップでクルクルとこすりつけるように汚れを取り、その後、十分に水拭きをしましょう。ポイントは「ラップ」を使うこと。アルミホイルでは、天面を傷つける可能性があり、スポンジや布では洗剤やクレンザーを吸収してしまい、効果を十分に発揮できません。

IHクッキングヒーターのこげつき汚れはラップで簡単キレイ

■こんな方法も

住宅用の掃除シート「マジックリン ピカッと輝くシート」を使って、汚れをはがしとる方法もあります。シートのザラザラ面を水で濡らして拭くだけで、こげつき汚れがキレイになります。

液だれして掃除しにくい壁面の掃除には「湿布法」が便利です。詳しくはこちらをチェック

魚焼きグリルは庫内まで清潔に!

焼き網と受け皿は、魚焼きグリルから外しシンクに置いて「キッチンマジックリン 消臭プラス」をスプレーし、そのまま5分ほどおいてからスポンジでこすり、水で十分にすすぎましょう。
庫内は、「キッチンマジックリン 消臭プラス」をスプレーした布で拭き取ります。手の届かない奥の方は、割りばしに布を巻き付けて掃除しても良いでしょう。最後は十分に水拭きしてください。
消臭効果のある洗剤なので、ベタベタの油汚れだけでなく、ニオイもスッキリ落とせますよ。

※マジックリン製品は、ご使用前に必ず使用上の注意をよく読んでからお使いください。

普段からこまめにお手入れしておくと、汚れがたまらず大掃除もラクに!

キッチンは毎日のように使う場所なので、汚れはたまりやすいもの。ガンコな汚れにしないためには、"調理後はすぐ拭き掃除"の習慣をつけることが大切です。「キッチンマジックリン 消臭プラス」をスプレーして拭き取り、しっかり水拭きをすれば、油汚れやニオイもスッキリ落とせます。

■より手軽な方法も

台所用の掃除シート「キッチンクイックル」なら、厚手で丈夫なシートで、1枚でコンロまわりから調理台、壁など、気になる部分の汚れをしっかり拭き取れます。半分のサイズに切って使えるミシン目入りなので、軽い汚れや細かい部分にも無駄なく使えます。
99.9%除菌で2度拭きの必要もなく、汚れたら捨てるだけなので掃除の手間がグンと減りますよ。
*すべての菌を除菌するわけではありません。

普段からこまめにお手入れしておくと、汚れがたまらず大掃除もラクに!


コンロまわりの掃除方法は、「取り外せるもの」と「取り外せないもの」で大きく2パターンに分かれます。取り外せるものは、こすり洗いやつけおき、取り外せないものは、拭き取り。日頃こまめにお手入れしていても汚れてしまったときは、汚れに合った洗剤を選び、少しのコツをつかめば、ラクに汚れを落とせますよ。キレイなキッチンで気持ちよく料理をしましょう。

Page Top