今すぐ実践!夏の節電&節約術 監修/節約アドバイザー 和田由貴さん

くらしのお役立ち情報

2022.07.20

節約アドバイザー 和田由貴さんに聞く
電力不足・物価高騰を乗り切る節電&節約術​

この夏は、電力需給のひっ迫が懸念され、政府は家庭や企業に節電を要請しています。また、ガソリンや電気・ガス、食品などの相次ぐ値上がりに、家計に危機感を持つ生活者は増えています。そうした状況を乗り切るために私たちができることとは?節約アドバイザーで、家電製品アドバイザーでもある和田由貴さんに、節電対策や、暮らしを守るための家計の考え方・節約術についてうかがいました。

プレゼントのご応募はページ下部から

プレゼントのご応募はページ下部から

プレゼントのご応募はページ下部から

基本の節電対策

この夏は「停電想定」で対策

電気代の高騰に加えて、電力需給のひっ迫が懸念されるこの夏は、いかに節電するかが重要課題です。そして、節電対策と共に行いたいのが、「停電への備え」。停電は、電力需給ひっ迫注意報・警報の有無に関わらず、突然起きる可能性があるからです。

停電して特に困るものといえば、冷蔵庫やエアコンです。
冷蔵庫の場合、冷凍室に余裕があれば、ペットボトルに水を入れて凍らせておきましょう。
停電になったとき、氷を冷蔵庫に移せば、庫内の温度が上がりにくくなります。また、大きな氷があれば、エアコンが停止したときの暑さ対策にも役立ちます。

夕方以降の電力使用に要注意!

停電を回避する視点に立てば、電気をたくさん使用する時間帯を意識することも大切です。

夏の電力消費のピークは14時ごろですが、家庭での電力消費が多くなりやすいのは夕方以降。多くの人が帰宅し、夕食をとる17時~20時です。
家庭では特に17時~20時の節電を心がけることが重要です。

具体的には、以下のようなことで節電できます。

  • 暑い部屋でいきなりエアコンをつけない。帰宅したら、窓を開けて熱気を逃し、室温を下げてからつける。
  • お肉の解凍などに電子レンジを使うのは避ける。夕飯に使う冷凍肉は朝のうちに冷蔵庫に移して解凍する。
  • 食洗機を使うのは、20時以降にする。

17~20時に特に節電を 家庭の電力消費が多い時間帯

我が家の電気料金契約プランを知る!

電気料金や自宅の電気の使い方を見直すためには、どのような契約なのかをきちんと把握することが大切です。「深夜電力は安い」と思い込んでいる人も多いようですが、時間ごとに電気料金が変わるプランを契約していなければ、そうはなりません。

契約プランは、電力会社のサイトから確認することができます。現在は、ほとんどの電力会社が、30分ごとに電気使用量を計測するスマートメーターを導入しているので、リアルタイムで電気の使用量を確認することもできます。自分の契約プランと電気の使用状況を確認した上で、よりライフスタイルにあったプランがあれば、変更も検討してみてください。

現在、最新技術でエネルギーを制御し、電力の需給バランスを調整する「デマンドレスポンス」という仕組みを取り入れている電力会社が増えています。この仕組みを利用して、「何時から何時までの節電をお願いします」という呼びかけに協力すると、ポイント還元などの恩恵を受けられるサービスを実施している電力会社もあります。
自分が契約している電力会社にそのようなサービスがあれば、活用しない手はありません。さらに今年は、政府の「節電ポイント」も8月には始まる予定です。

電気料金・使用量マイページイメージ

なるほど節電Q&A

Q.

節電につながるエアコンの使い方は?

A.

まず換気で室温を下げてからスイッチON

エアコンは、起動時の設定温度まで室温を下げるときに、一番電力を消費します。そのため、起動時の室温と設定温度の差をできるだけ小さくすることが、節電には効果的です。

  • エアコンをつけるときは、空気を入れ替え室内の熱気を逃してから。
  • 外気温が高い時間帯にエアコンのON/OFFを繰り返さない。
  • 30分以内の外出なら、エアコンは消さずにそのままで。
  • 設定温度を下げすぎない、扇風機と併用することも効果的。

関連記事

Q.

省エネのために冷蔵庫を買い替えるなら小型の方がいい?

A.

一般的に大きい冷蔵庫のほうが節電になる

冷蔵庫は小さいほうが電気代が安く済むと思っていませんか?大きいほうがインバーターできめ細かく出力の調整ができる上に、十分な断熱効果が得られます。

  • 冷蔵庫のサイズと消費電力は比例しない。大きいほうが省エネになるケースも。
  • 小さいセカンド冷蔵庫を併用するよりも、1つの冷蔵庫で済むように大きなものに買い替えたほうが、お得。

関連記事

Q.

ドラム式洗濯機と縦型洗濯機、電力消費量に差はある?

A.

洗濯機の種類よりも、乾燥機能に差がでる

ドラム式も、縦型も、洗濯ではそれほど電力を使いません。多くの電力を消費するのは乾燥機能です。

  • 乾燥機はヒーター式よりも、ヒートポンプ式のほうが節電になる。

家電の買い替えを比較検討する場合、省エネ製品買換ナビゲーション「しんきゅうさん 」 が参考になります。

関連記事

Q.

パソコンはまめにシャットダウンしたほうがいい?

A.

シャットダウンよりも、モニターの輝度に注意

パソコンは長時間つけっぱなしでも、消費電力はそれほどかかりません。起動時に電力を多く消費するので、頻繁なシャットダウンは逆効果。短時間の離席であればシャットダウンではなくスリープモードを活用しましょう。
それよりも、ディスプレイの輝度に注意。
画面が明るいほど電力をたくさん消費します。

  • 90分以内の離席はスリープモードで。
  • ディスプレイの画面は適度な明るさに調整。
Q.

すだれや遮光カーテンでも節電になる?

A.

外から日差しを遮ったほうが節電に

遮光カーテンや、窓に直接貼る断熱フィルムなど、部屋の内側での対応も断熱効果はありますが、窓の外側が効果的!
涼しい時間帯の打ち水も気化熱で温度を下げるので有効です。

  • すだれやよしず、日よけタープなどで、窓の外側から日差しを遮ると、より室温は上がりにくくなる。
  • 地面だけでなく、よしずやすだれに打ち水するのも効果的。

家計の節約対策

「節約」とは、我慢よりもムダな部分を省くこと

節約にしても、節電・省エネにしても、根本的な考え方は、「ムダな部分を省く」ということです。必要なのに我慢して買わない、使わないということではありません。我慢する節約は、ストレスがたまるばかりで長続きしないので、ムダな部分に目を向け、対策することが大事です。

食費の節約では、「いかに安く買うか」よりも「買ったものを使い切る」ことのほうが重要です。日本では1日に1人あたりお茶碗1杯分量の食品ロスを出していると言われています。金額にすると1家庭で年間約6万円。ムダに買わない、購入した食品を全部使い切ることができれば、食費の値上がり分をカバーできるかもしれません。

「節約」は固定費から見直すのが鉄則!

現在、光熱費や食品の値上がりが顕著です。だからといって、光熱費や食費の枠の中だけで節約して家計を守ろうとしても、無理があるし、限界があります。それよりも目を向けたいのは、保険料や通信費などの固定費です。固定費は一度節約がかなえば、それ以降はほうっておいても継続的に節約できることになり、効果は絶大です。
まずは固定費から見直して、それでも足りない部分を光熱費や食費の節約で穴埋めする気持ちで取り組みましょう。

固定費で特に削りやすいのが通信費です。また、節税対策にもなる貯蓄・投資などもうまく利用するといいでしょう。節税は収入を増やすのと同じこと。例えば、iDeCoやNISAなど、常にお金の情報に敏感になることも重要です。

なるほど節約Q&A

Q.

通信費を削減するコツは?

A.

MVNOなど、契約を見直す

思いきって、契約から見直してみましょう。月々5~6000円かかった通信費が、月額1000円くらいに抑えられる可能性もあります。

  • 格安SIMを利用したMVNO(Mobile Virtual Network Operator)に変更する。
  • 手続きがすべてオンラインで完結するオンライン専用プランに変更する。
  • 機器が苦手で、対面でのサポートが必要な人は、大手通信会社のサブブランド(UQモバイルや、ワイモバイルなど)も検討。
Q.

食費を減らすコツは?

A.

1日の予算を明確に。野菜は使い切りを意識する

1カ月の大枠の予算を決めるというよりも、1日あたりの予算を決めて、その中でおさめる意識をもちましょう。また、食品ロスを出さないように。

  • 1日1000円と決めたら、3日分の買い物は3000円以内で必ずおさめる。
  • すぐに使わない肉は冷凍保存。
  • 野菜は家族の人数に合わせて使い切れる分だけ、購入する。
  • 冷凍野菜の利用も検討。
Q.

車のガソリン代を節約する方法は?

A.

急加速・急減速を避けて。マイカー自体の見直しも

運転時、ガソリンを最も消費するのは、アクセルを踏み込むときです。急加速せず、ゆっくり減速すれば、燃料費を節約することができます。 また、マイカーを手放す、カーシェアリングに変えるなどの検討をしてみるのも手です。

  • 急加速や急減速を避けると低燃費に。
  • セカンドカーの必要性を見直す。
  • マイカーを手放すと、ガソリン代の節約だけでなく、駐車場代、保険料、税金などの負担もなくなる。
Q.

「ポイ活」は本当に節約になる?

A.

同じ系列会社のポイントに集約すると、お得に

買い物などで貯まったポイントを積極的に活用する「ポイ活」も、ただやみくもにポイントを貯めるだけでは、うまく活用しているとは言えません。 ポイントの種類が分散していると、ポイントがなかなか貯まらず、気づいたらポイントが失効してしまうこともあります。

  • 普段の買い物に使う電子マネーやクレジットカード、通信費や光熱費の支払いなど、できるだけ同じ系列会社のサービスにまとめる。ポイントが貯まりやすくなり、ポイントを使える場面も増える。

節約アドバイザー 和田由貴さん

監修:和田由貴(わだゆうき)さん

消費生活アドバイザー、家電製品アドバイザー、食生活アドバイザーなど、暮らしや家事の専門家として、幅広く活動。また、環境カウンセラー、省エネルギー普及指導員、3R推進マイスター(環境省第一期国推薦委嘱)などの資格も所持し、環境問題にも精通する。現役の主婦・母の視点からの日常生活に密着したアドバイスが支持され、講演、執筆、テレビ出演、新聞・雑誌・WEBでの連載など多方面で活躍。著書に『裏ワザ名人のちゃっかり!節約生活』『年間50万円は貯まるチリ積も節約術』『快適エコのライフスタイル』など。

  • アンケートにお答えいただいた方の中から30名様にプレゼント! ・キュキュット クリア除菌Clear泡スプレー 微香性(グレープフルーツの香り) [本体]・ビオレZ さらひや肌感ジュレ 無香料 応募締め切り2022年8月22日(月)

  • btn_news

    btn_news

    sp_btn_news

  • btn_ranking

    btn_ranking

    sp_btn_ranking

  • btn_search

    btn_search

    sp_btn_search

  • btn_present

    btn_present

    sp_btn_present

  • btn_news

    btn_news

    sp_btn_news

  • btn_ranking

    btn_ranking

    sp_btn_ranking

  • btn_search

    btn_search

    sp_btn_search

  • btn_present

    btn_present

    sp_btn_present

Page Top