カビは落とすよりも予防が大切!

くらしのお役立ち情報

2014.06.10/2022.06.21更新

カビは落とすよりも予防!
お風呂のカビ予防・菌対策3つのポイント​

蒸し暑くなると増えるのがお風呂場の黒カビやピンク汚れ・ヌメリ…ひとたび発生すると落としにくく、やっかいな汚れのため、発生させないように予防するのが、お風呂掃除をラクにする秘訣です。そこで、カビや菌が増える条件、日々のお風呂掃除でカビの発生を防ぐコツ、それでも生えてしまったカビの落とし方など、きれいでさわやかなお風呂場を保つポイントをお届けします。

気になるお風呂の汚れ

気になるお風呂の汚れランキングの上位には「黒カビ」 「ヌメリ」「ピンク汚れ」など、カビや菌由来の汚れがランクイン。特に、夏に向かって、気温や湿度が上がるこの時期、カビは天井や壁、洗面器、椅子、ドア、ちょっとした隙間など、いたるところに発生します。

気になるお風呂の汚れランキング

1.カビ・菌を知る

カビ発生の3条件​

「黒カビ」「ピンク汚れ」「ヌメリ」など菌由来の汚れは、目には見えなくても空気中に原因となるカビの胞子や菌が漂っており、「温度」「水分(湿度)」「栄養(汚れ)」の3つの条件がそろうと増殖し、目に見える汚れとなって現れます。

そのため、 「高温多湿」にならないように乾かす・換気をする、「栄養」となる汚れをなくす、など、3条件のうち、ひとつでも条件をなくし、カビや菌が増殖しにくい環境を作ることができれば、黒カビやピンク汚れの発生を防ぐことができます。

温度20~30℃ 水分(湿度)70~95℃以上 栄養(汚れ)手あか、皮脂、石鹸カスなど

2.カビ・菌を予防する

カビは落としにくい汚れです。カビが生える前にカビ発生の3条件「温度・水分・栄養」を絶つ「カビ予防」から始めましょう。

「温度」を下げる​

入浴後の浴室は高温になりがち。換気しても室温が下がりにくい場合は、壁全体に水のシャワーをかけて温度を下げます。

「水分」を絶つ​

●換気必須

お風呂上りで湿気がこもるときや掃除のときは、窓やドアを開けて換気扇を回すなど、常に換気を心がけましょう。

●水滴を見逃さない

入浴後と掃除後の水滴は放置するとカビが繁殖する原因となります。スクイージーや乾いた布で拭き取り、浴室の乾燥を心がけましょう。

<見逃しがちなところ>
天井の水滴、窓・ドアの結露、
浴槽のふたの溝の水分、
棚の下のしずく、シャワーヘッドの水滴​

風呂椅子や洗面器は内側に湿気がこもり、カビやすいので注意。使用後は内側が乾燥しやすいように、ひっくり返したり、立てかけておくといいわよ。

風呂椅子や洗面器は内側に湿気がこもり、カビやすいので注意。使用後は内側が乾燥しやすいように、ひっくり返したり、立てかけておくといいわよ。

風呂椅子や洗面器は内側に湿気がこもり、カビやすいので注意。使用後は内側が乾燥しやすいように、ひっくり返したり、立てかけておくといいわよ。

「栄養」を絶つ​

●浴室の汚れ

カビの栄養となる浴室の汚れには、人のからだから出るアカや皮脂、石鹸などの洗浄料、水道水のミネラル分、空気中のホコリ、カビの胞子など、さまざまな由来の汚れがあります。一見キレイに見えても、蓄積すると落ちにくくなったり、いつの間にか汚れを栄養にしてカビが発生するので、軽いうちに日々の掃除で落としましょう。

  • 浴室の汚れ 天井や換気扇の カビ・ホコリ 壁・床の 石鹸カス 鏡・蛇口の 水アカ 浴槽の 湯アカ 床・洗面器やイスの ピンク汚れ 排水口の ヌメリ・カビ

  • 汚れの由来 水アカ:水道水のミネラル分。水滴が乾くと白い跡が残る汚れ。 湯アカ:人のアカや皮脂が湯に溶け出し、水アカと反応した複合汚れ。 石鹸カス:石鹸など洗浄料と皮脂、水道水のミネラル分が反応してできる汚れ。 ホコリ:換気口や換気扇に溜まる汚れ。 カビ・菌:汚れを栄養に、ドアや浴室の隅に生える黒カビ、床や洗面器のピンク汚れ、排水口のヌメリなど、菌由来の汚れ。

●浴室掃除は「上から下へ」「奥から手前へ」

カビの胞子は天井や換気扇に張りつき、床に落ちたり、室内に拡散します。また、浴室の隅や物影の湿気がこもりやすいところにも胞子がたまり、カビが発生しがちです。
常に「上から下へ」「奥から手前へ」を心がけましょう。

  • はじめに、換気扇のフィルター 掃除を忘れずにね!

●菌由来の汚れに強い浴室用洗剤を使う

基本的には、汚れに直接洗剤をスプレーし、所定の時間、洗剤を汚れになじませてから、水ですすぎ、乾燥させるのが掃除の手順となります。

日々の掃除で、菌由来の汚れに強い専用の浴室用洗剤を使用すれば、カビの胞子や菌に作用し、黒カビやピンク汚れ、菌由来のヌメリなどの発生を抑えることができます。

  • 浴槽の汚れは、乾くと落ちにくくなるので、残り湯を抜いた直後の濡れた状態で、スプレーしてね!

3.カビを落とす

●いつの間にか、ひっそり増えるカビ

目立つところに発生するカビもあれば、人目を逃れひっそりと増殖しているカビもあります。
カビを除去する前に、すみずみまで忘れずにチェック!カビを見つけたら、拡がらないうちに、即、落としましょう。

<カビの生えやすいところ>
換気扇まわり、洗面器や椅子の底、
石鹸ケースやシャンプー類、
シャワーホース、シャワーカーテン、
浴槽のふた、棚の下、
タオルバーの下側、ドアの換気口 など​

●浴室用の塩素系カビ取り用洗浄剤を使用

日々の浴室掃除で気を付けていても、カビが生えてしまうことがあります。その場合は、浴室用の塩素系カビ取り用洗浄剤でカビを落とします。これは次亜塩素酸の作用でカビ胞子の細胞壁を壊し、菌糸の色素を脱色するからです。

必ず換気をし、カビ取り用洗浄剤を吸い込んだり、皮膚に付かないように、ゴーグル(めがね)、マスク、ゴム手袋、浴室用靴などで保護して、掃除しましょう。
また、酸性タイプの製品と一緒に使う(まぜる)と有害な塩素ガスが出て危険です。併用は避けましょう。カビ取り用洗浄剤の注意書きをよく読んでから使用しましょう。

三ツ星シュフみっちゃん'sポイント

三ツ星シュフみっちゃん'sポイント

三ツ星シュフみっちゃん'sポイント

カビ取り剤を使う時のポイント

■お風呂場は乾いた状態で

まず、浴室用洗剤で汚れを取ってから、乾いた状態でカビ取り剤を使うと剤が薄まらず効果的です。

■目より上のスプレーNG!

目より上には、絶対スプレーしないでね!
天井など、目より上に使う時は、液を雑巾等につけて塗りつけましょう。

■落ちにくい時は「湿布法」

カビに直接、カビ取り剤をスプレーし、ティッシュをかぶせ、その上からさらにスプレー。カビに湿布します。
10〜15分くらいおいてティッシュを取ったら、最後は、充分に水洗いしてね!

●排水口まわりのカビ・ヌメリには

浴室のすべての汚れが流れ込む排水口は、常時、カビとヌメリ、ニオイが発生しやすく、形状が複雑で掃除しにくい場所でもあります。そんな排水口まわりの掃除には、発泡する粉末タイプの塩素系カビ取り剤が便利です。

排水口まわりのカビ・ヌメリ

排水口まわりのカビ・ヌメリ

排水口まわりのカビ・ヌメリ

●排水パイプのニオイには

排水口をキレイにしたのに、なんだか匂う、カビ臭い?!
それはパイプのヌメリやつまりからから発生するニオイかもしれません。
そんな時は、排水パイプのヌメリ・髪の毛を溶かす排水パイプ専用の洗浄剤で手入れします。

排水パイプのニオイ

Page Top