発表! みんなのアンケート

読者13,024人の声 
待つ?待たせる?「待ち合わせ」って?

2019.06.11

待ち合わせ場所に行くタイミングは? (プライベートに限る)

※画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。

「遅刻しないように早めに行く」割合

※画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。

待ち合わせ場所に行くタイミングを調べたところ、「遅刻しないように早めに行く」「時刻に間に合うように行く」が上位となり、9割以上が待ち合わせ時間を守るよう意識していることがわかりました。また、「遅刻しないように早めに行く」割合は男性の方がやや高めの傾向にありました。女性は若年層ほど低く、50代以上では7割近いのに対し、20代では5割にとどまり同年代の男性との差が大きい結果となりました。

みんなのひと言

待った、待たせた。思い出のエピソード

携帯電話の便利さを痛感

携帯電話を持っていない小学生の頃、父と大きな駅で待ち合わせましたが、お互い違う改札口で待っている状態に。家に電話したり、違う改札に行ってもなかなか会えず、会えた時には大泣きしたことを覚えています。 (36歳・女性/会社員)

友達との待ち合わせに携帯電話を忘れ、待っている間はドキドキしました。 携帯電話のなかった頃はお互いを信頼しあい、待ち合わせにキッチリ間に合う、もしくは早めに行くのが基本でしたよね。そんなことも懐かしい。(49歳・男性/会社員)

離れて暮らす母と、時々待ち合わせをしますが、地理に疎い母と、方向音痴の私。時間通りに待ち合わせできたことはあまりなく、携帯電話でお互い声を張り上げながら、目的地に向かうことが多いです。(54歳・女性/専業主婦)

私たちはお互いに認める「すれ違い夫婦」。携帯電話がない頃、二人とも約束の時間に来ていながら、建物の北と南の聞き間違いで30分ほど過ぎても会えず、自宅に帰って大ゲンカしたことも…。私たちの仲を携帯電話が救っていると言っても過言ではありません。(66歳・女性/専業主婦)

携帯電話の便利さを痛感

生活が変われば、時間の感覚も変わる!?

友達は100%遅刻する人でしたが、奥さんと付き合い始めてから遅刻しなくなりました。彼女によって思考まで変わるのかと少し感心しました。(33歳・男性/会社員)

遅刻常習犯の友達には、いつも2時間前の待ち合わせを伝えていました。そんな子が社会人になった途端、オンタイムの人になり、感動したのを覚えています。(34歳・女性/会社員)

沖縄だからなのか、待ち合わせ時間や集合時間は、本当にアテにならない。仕事でなければ、集合時間に自宅を出る、今起きた~なんてのはザラで、集合時間に私以外まだ誰も来ていない…なんてことも、割とあります。(44歳・女性/派遣社員)

生活が変われば、時間の感覚も変わる!?

待ち合わせならではの嬉しいことや楽しいことも

初デートの時、待ち遠しくて1時間前くらいに集合場所に着いてしまった。まさかの彼も同じで 1時間長くデートができた。懐かしい青春時代の待ち合わせ。(24歳・女性/専業主婦)

友達との待ち合わせ時間に起きた私。慌てて電話をして、すぐに向かったのですが、1時間半の大遅刻。笑って「お昼おごってね~」で済ませてくれた彼女とは、10年たった今でも親友です。 (34歳・女性/専業主婦)

妹との待ち合わせはお店にしています。店内であれこれ見ている妹に店員を装って声をかけると、毎回驚いてくれます。(39歳・女性/専業主婦)

結婚前に、妻がデートの約束に30分遅刻したことがあった。遅れたのに怒ったり、理由を問い詰めたりしなかったので、私との結婚を決意したようです。大ざっぱな妻だからこそのエピソードです。 (37歳・男性/会社員)

待ち合わせならではの嬉しいことや楽しいことも

くらしの研究 5周年記念イベント参加者募集!くらしの達人 和田由貴さんから学ぶ 新たな時代を賢く生きる ラクラク節約術 限定30名様 参加費無料

Page Top