日焼けを気にせずお部屋で快適に過ごす 朝のUV対策と レースカーテンのお洗たく

紫外線が気になるこの季節、お部屋の中でも油断は禁物。そこで、うっかり日焼けから肌を守るUV対策と、日除けに役立つレースカーテンの、お洗たく方法をご紹介。

日焼け止めはいつ塗ればいいの?

日焼け止めはいつ塗ればいいの?

日焼け止めはいつ塗ればいいの?

1日の紫外線のピーク量は12時前後ですが、紫外線は、朝から地上に届いています。UVAは窓ガラスも通り抜けるので、室内で過ごす場合にも日焼け止めを塗ることは大切です。

*出典:気象庁ホームページ 紫外線のデータ集 
「月最大UVインデックス(観測値)の時別累年平均値グラフ」(1994年〜2008年の5月平均)

洗顔後、 すぐの日焼け止めで うっかり日焼け対策を!

洗顔後、 すぐの日焼け止めで うっかり日焼け対策を!

洗顔後、 すぐの日焼け止めで うっかり日焼け対策を!

日焼け止めの効果的な使い方とは?

日焼け止めの効果的な使い方とは?

日焼け止めの効果的な使い方とは?

日焼け止めの効果を発揮するためには、使用量の目安を守って、十分な量をムラなく塗ることが、とても大切です。特に日焼けしやすいところは重ね塗りを。塗ったところはこすりすぎないようにしましょう。

●朝一番のお手入れで ●ムラなく丁寧に塗る ●塗り忘れに注意 塗り忘れのおおいところ 耳 襟元 袖まわり 腕の後ろ うなじ

●朝一番のお手入れで ●ムラなく丁寧に塗る ●塗り忘れに注意 塗り忘れのおおいところ 耳 襟元 袖まわり 腕の後ろ うなじ

●朝一番のお手入れで ●ムラなく丁寧に塗る ●塗り忘れに注意 塗り忘れのおおいところ 耳 襟元 袖まわり 腕の後ろ うなじ

\顔にもからだにも塗りやすい!おすすめの日焼け止め/

\顔にもからだにも塗りやすい!おすすめの日焼け止め/

\顔にもからだにも塗りやすい!おすすめの日焼け止め/

ビオレ UV アクアリッチ ウォータリーエッセンス SPF50+/PA++++

ビオレ UV アクアリッチ
ウォータリーエッセンス SPF50+/PA++++

ミクロレベルの隙間まで塗りムラ防ぐ!
肌になじむ透明感、水感エッセンス!

 ニベアサン ゼロフィーリング UVローション SPF50+/PA++++

ニベアサン ゼロフィーリング
UVローション SPF50+/PA++++

まるで素肌のような速乾UVローション!
水のようにサーッとひろがり、すばやくなじむ!

室内での日焼け対策忘れずに!

室内での日焼け対策忘れずに!

室内での日焼け対策忘れずに!

地表に降り注ぐ紫外線の約9割を占めるのがUVA。波長が長く、家の中の窓ガラスも透過して肌にも到達するため、肌はゆっくりと黒くなり、シワやたるみを引き起こします。起床後早めに日焼け止めを塗る習慣を心がけたり、窓にUVカットフィルムを貼ったり、UVカット加工のあるレースカーテンを利用するなどして紫外線対策をしましょう。

レースカーテンはホコリ・花粉・手アカなどで汚れている!

レースカーテンはホコリ・花粉・手アカなどで汚れている!

レースカーテンはホコリ・花粉・手アカなどで汚れている!

日差しや視線をさえぎるのに役立つレースカーテン。最近いつお洗たくしましたか?「何年も洗っていない…」という方も多いのではないでしょうか。花王『くらしの研究』サイト調べによると、レースカーテンの気になる汚れのトップ5は、ホコリ・黒ずみ・カビ・花粉・手アカという結果でした。中でも、ホコリを気にする人はなんと7割も。快適に過ごすためにもきれいに使いたいですよね。ポイントをおさえておうちで簡単にレースカーテンをお洗たくしてみませんか。
*2019年2月 花王調べ

レースカーテンのお洗たくハウツー

(1)洗たく表示のチェック

(1)洗たく表示のチェック

(1)洗たく表示のチェック

まず初めに、家庭で洗濯できるか取扱い表示をチェックし、取扱い表示に合わせて、洗たくコースを選びます。

<取扱い表示とおすすめのコース>

(2)洗たく用洗剤選び

(2)洗たく用洗剤選び

(2)洗たく用洗剤選び

「中性洗剤使用」または「中性」と表示のあるものはおしゃれ着用洗剤、表示のないものは一般衣料用洗剤でも洗えます。きなりや淡い色のカーテンは、蛍光剤無配合の洗剤がおすすめ。

エマール

エマール

蛍光剤無配合/中性で伸び・ヨレ・シワを手軽にケア!
洗ってピーンと干すだけでスチーマー級の仕上がりに!

(3)レースカーテンの洗い方

(3)レースカーテンの洗い方

(3)レースカーテンの洗い方

洗い方と干し方のポイントを動画でチェックしよう。

スマートポイント

スマートポイント

スマートポイント

窓の開け閉めの際に、カーテンケアを!

\リセッシュ 除菌EX プロテクトガード なら/

\リセッシュ 除菌EX プロテクトガード なら/

\リセッシュ 除菌EX プロテクトガード なら/

リセッシュ 除菌EX プロテクトガード

空気中の汚れからカーテンをガード!
静電気防止成分配合で花粉・砂ボコリ・排気ガスの付着を防ぐ!99.9%除菌

*すべての菌を除菌するわけではありません。布上での効果。

朝のUVケアとレースカーテンのお洗たくでお部屋の中でも快適に過ごしましょう!

朝のUVケアとレースカーテンのお洗たくでお部屋の中でも快適に過ごしましょう!

朝のUVケアとレースカーテンのお洗たくでお部屋の中でも快適に過ごしましょう!

今回ご紹介した
アイテムはこちら

ビオレ UV アクアリッチ ウォータリーエッセンス SPF50+/PA++++

ビオレ UV アクアリッチ
ウォータリーエッセンス SPF50+/PA++++

【日やけ止め(顔・からだ用)】

世界初*1Micro Defense 処方。ミクロレベルの隙間まで塗りムラ防ぐ。塗り直しても、重ねても感動的に軽い!肌になじむ透明感、水感エッセンス。
ぷるぷるのウォーターカプセル配合。乾燥を防ぐ。
ヒアルロン酸・ローヤルゼリーエキス・BG配合(保湿成分)。
ピタッと密着して白浮きしない、透明感ある仕上がり。
◆SPF50+/PA++++
◆スーパーウォータープルーフ(80分間の耐水試験で確認済み)
◆せっけんで落ちる
◆化粧下地にも使える
◆ホワイトミュゲのやさしい香り
◆着色料フリー
◆ニキビになりにくい処方(ノンコメドジェニックテスト済み*2
◆アレルギーテスト済み*2
*1 独自製法により、ベヘン酸グリセリル、ジステアリン酸ソルビタンを含む両親媒性成分(水にも油にもなじむ性質)からなる“UV防御剤内包カプセル”を配合した日やけ止め処方(先行技術調査及びMintel Japan社データベース内2018年7月当社調べ)
*2 すべての方にコメド(ニキビのもと)ができない、アレルギーが起こらないというわけではありません。

ニベアサン ゼロフィーリング UVローション SPF50+/PA++++

ニベアサン ゼロフィーリング
UVローション SPF50+/PA++++

【日やけ止め(顔・からだ用)】

まるで素肌のような速乾UVローション。
強力紫外線から素肌をしっかりまもり、日やけによるシミ・ソバカスを防ぎます。ハリ・弾力低下の原因となるUV-Aも防ぎます。
水のようにサーッとひろがり、すばやくなじむ。素肌のようなさらっとした肌に。さらさらパウダー配合。すばやくなじむので、すぐにメイクや着替えができます。ベタつかず、白残りもありません。
浸透型ヒアルロン酸(うるおい成分)配合。紫外線などによる乾燥ダメージから素肌をまもります。
*角層まで浸透
◆SPF50+/PA++++
◆本品はウォータープルーフタイプではありません
◆せっけんで落とせる
◆化粧下地にも使える
◆無香料・無着色
◆アレルギーテスト済み(すべての方にアレルギーが起こらないというわけではありません。)

エマール

エマール
【洗たく用洗剤(おしゃれ着用)】

すっきり洗ってカタチ整える、洗たく用洗剤(おしゃれ着用)。
カタチコントロール洗浄で、伸び・ヨレを整え、シワも防ぐ!
ブラウス・ニットなどのトップスはもちろん、スカート・デニムなどのボトムスから、ランジェリー・制服まで幅広くお使いいただけます。
毛玉・縮み・色あせを防ぎます。汚れ・ニオイ(汗・皮脂・食事等)すっきりオフ
●蛍光剤無配合/中性
●柔軟剤・液体酸素系漂白剤も、いつも通りお使いいただけます
●すすぎは2回をおすすめします
●香りは下記の2種類
♢ほのかなリフレッシュグリーンの香り
♢アロマティックブーケの香り(香り長続きタイプ)

 リセッシュ 除菌EX プロテクトガード

リセッシュ 除菌EX プロテクトガード
【衣類・布・空間用 消臭剤】

  • 除菌

空気中の汚れからガード!
花粉・砂ボコリ・排気ガスの付着を防ぎます。
静電気防止成分配合。99.9%除菌
外干し前の寝具・洗たくもの、外出前の衣類に。
天然緑茶消臭成分入り。
香りが残らないタイプ。
●消臭・汗臭の予防も
●布製品の防カビ効果も。(すべてのカビを防ぐわけではありません)
●小さなお子さまやペットのいるご家庭でも。赤ちゃん用品・おねしょのニオイにも!
*すべての菌を除菌するわけではありません。布上での効果。

*このページに掲載されている商品は改良等にともないデザインなどが変わる場合があります。

公開日:2020年4月27日

夏の暮らしを、もっと爽快スマートに。 あなたの毎日のきれいが 社会や地球のきれいにもつながるように、 花王が夏のきれいをお届けします。 きれいで“すてき”夏にしよう。 ©佐藤 好春

Page Top