ヘルシアウォーター サポートアスリート

ヘルシアウォーター サポートアスリート

ヘルシアウォーター サポートアスリート

ヨガインストラクター 沖知子「好きを見つける!」

プロフィール

フリーのインストラクターとして多くの企業向けヨガを担当。呼吸の大切さに着目した健康運営サポートサービス「BREATHTRANT(ブレストラン)」の代表としても精力的に活動している沖知子さん。2016年にミス・ワールド・ジャパンの「ミス・ヨガ」にも選ばれた、ハッピーな雰囲気漂うその健康的な美しさの秘訣に迫ります。

ヨガを始めたキッカケを教えてください。

元々は大学時代にダイエット目的でジムに通い出したのがキッカケでした。ただし本格的にヨガの虜になったのは社会人になってから。継続していくとカラダだけではなく心が穏やかになることを実感したんです。人間なのでイライラすることもありますが、五感を感じながらヨガをすることでストレスを感じても切り替えられるようになりました。さらに社会人2年目に父の死を経験し、「もっと多くの人に心とカラダの健康の大切さを知ってもらいたい」という思いから、インストラクターとして自ら発信していくことに決めました。

特に呼吸をテーマに活動されている理由は?

ヨガはアーサナ(ポーズ)、呼吸、瞑想のどれも欠けてはいけないのですが、特に呼吸は要。「息」は自分の心と書くように、イライラしているときは荒くなるし、リラックスしているときはゆっくりすることができますよね。息をゆっくり、深く、長く、吐くことに意識を持っていくことで、呼吸を正常に整えると共に、心をシンプルな状態へ解放することができるんです。呼吸をコントロールできればメンタルもコントロールできる。そうして穏やかな心を手に入れれば、人間関係を含めた日常生活が好転すると思います。

沖さんの目から見て、現代の日本人が抱える課題とは?

組織の中でひとりの人が担う役割が増えてきているため、自分を酷使しすぎている上に、そのことを認識していない方が多いと感じています。私はヨガに興味のある方にスタジオで教えているわけではなく、企業に出向いてレッスンをすることが多いんです。その理由は、普段はヨガに通いづらい男性やヨガを経験したことのない方たちに、自分を大切にすることの気づきを与えたいから。当たり前にできると思っていたことができないなど、衰えを感じる方も多いですね。ヨガは五感を意識して内側と向き合うことができるので、自分の隅々まで知ることができるはずです。

心やカラダにいいとわかっていても、続けられない人もいると思います。継続する秘訣は?

それが一番難しいんですよね(笑)。私ももちろん、継続できていないことはありますが、ヨガの場合は元気になれると知っているから、がんばらなくても日常に取り入れられる。何よりも好きだという気持ちが一番の原動力だと思います。どんなスポーツでもいいので、自分の変化を感じられる“好き”を見つけてみてください!

ヘルシアウォーターも愛飲されていますね?

以前よりも苦みが少なくなり、後味がよくて飲みやすくなったと思います。ヨガの場合は、五感に目を向けるために胃を空っぽにした状態でするので、レッスン後に飲むことが多いですね。朝は、冬でも夏でも白湯を飲むことを習慣に。カラダの滞りを流してリセットできる気がするんです。水分補給も継続が重要。日々の生活の中で習慣にしてほしいと思います。

  • サッカー選手 遠藤保仁 × ラグビー選手 リーチ・マイケル

  • 総合格闘技家 所英男

  • ヨガインストラクター 沖知子

  • フィジカルコーチ 大塚慶輔

新・ヘルシアウォーター 写真投稿キャンペーン。運動して、飲んで、写真投稿して当てよう!!

ヘルシアウォーター トップへ

Page Top