つづけられる研究所 byヘルシア

脱!三日坊主研究

つづけることは簡単ではありません。
ランニング。筋トレ。ヘルシーな食事。
健康のための習慣が大切なのは、もちろん分かっている。
分かっているけどつづかない・・・
そんなあなたに寄り添って
つづけるための方法を一緒に探す
「脱!三日坊主研究」をはじめます。
あなたの“つづかない”話を聞かせてください。
つづけられる健康習慣を
ヘルシアがあなたと一緒に考えます。
つづける。それは、未来をつくる。

  • あなたの“三日坊主”を聞かせてください。#脱三日坊主研究 キャンペーン

ご購入はこちら

消費者庁許可 特定保健用食品

内臓脂肪を減らすのを助ける
食生活は、主食、主菜、副菜を
基本に、食事のバランスを。

許可表示:本品は、脂肪の分解と消費に働く酵素の活性を高める茶カテキンを豊富に含んでおり、脂肪を代謝する力を高め、エネルギーとして脂肪を消費し、内臓脂肪を減らすのを助けるので、内臓脂肪が多めの方に適しています。

いま解決できるかもしれない、みんなの三日坊主

  • オンラインショップご購入はこちら

消費者庁許可 特定保健用食品

内臓脂肪を減らすのを助ける
食生活は、主食、主菜、副菜を
基本に、食事のバランスを。

許可表示:本品は、脂肪の分解と消費に働く酵素の活性を高める茶カテキンを豊富に含んでおり、脂肪を代謝する力を高め、エネルギーとして脂肪を消費し、内臓脂肪を減らすのを助けるので、内臓脂肪が多めの方に適しています。

日本人の健康習慣について大調査! みんなの「三日坊主」を徹底解剖! 今日からはじめる“つづける習慣”のヒントとは? 日本全国の30~69歳男女1000名を対象としたインターネット調査(2022年5月花王調べ)

自身の健康習慣に
満足していない30〜60代

Q健康でいるために実践していることを教えてください。回答者=1000(複数回答あり)

Q自身の健康習慣に満足していますか?回答者=1000

2人1人(52.2%)
自身の健康習慣に
満足していない

健康でいるために実践していることは、年齢があがるにつれ運動習慣よりも「規則正しい生活」を優先する傾向に。
また、30〜60代では、約半数以上(52.2%)が自身の健康習慣に満足していなかった。

コロナ禍前後で
変化した健康意識

Qコロナ禍で変わった健康意識とは?

間食が増えた人は125%

健康に対する意識の変化2人に1人高まったと回答

55%は運動習慣の変化なしと回答

コロナ禍前と比較して約4人に1人(25%)が間食が増えたと回答。と同時に、健康を気にするようになったと回答した人は約半数(49%)。しかしながら、運動習慣につながっている人は多くなかった。

日本人の約7割が
三日坊主の経験アリ

Q健康習慣における一番の悩みとは?回答者=1000

※1 30代:41%、40代:38%、50代:37%、60代:41%
※2 30代:29%、40代:32%、50代:37%、60代:34%
※3 30代:15%、40代:23%、50代:16%、60代:9%
※4 30代:23%、40代:32%、50代:25%、60代:15%

※1 30代:25%、40代:34%、50代:28%、60代:22%
※2 30代:22%、40代:30%、50代:30%、60代:29%
※3 30代:22%、40代:21%、50代:12%、60代:12%
※4 30代:21%、40代:22%、50代:17%、60代:10%

約7割の人が
三日坊主の経験アリ

健康習慣全般に関する悩み第1位(男女合計)は「つづかない」こと(32.3%)、さらに67.7%の人が「三日坊主の経験がある」と回答。健康習慣は三日坊主になりやすい傾向にあった。

三日坊主に
陥ってしまうワケ

Q途中でやめてしまった原因を教えてください回答者=1000

Q三日坊主になってしまった取り組みを教えてください 回答者=1000

三日坊主になってしまう理由 第1位は「モチベーションがつづかない」(53.9%)。また、その三日坊主になってしまった取り組みは「運動習慣」(54.9%)に次いで「体脂肪・内臓脂肪ケア」(31.9%)が多い。健康意識に関する三日坊主は持続性が課題。

習慣化したと確信できる
までには約1ヶ月

Q脱・三日坊主に聞く「習慣化した」と感じるまでの期間はどの程度?

自分自身で習慣化したと感じるまでの期間は「1ヶ月〜3ヶ月」いわゆる三日坊主の壁を超えるために、まずは1ヶ月を目指す必要あり。

習慣化するための
コツは「コツコツ」

Q脱・三日坊主達成者に聞く、「つづける」コツとは?回答者=1000

Q習慣化に成功した人はどのようなことをつづけていますか。回答者=661

※1 30代:46.6%、40代:42.9%、50代:45.3%、60代:56.5%
※2 30代:17.4%、40代:24.4%、50代:30.4%、60代:31.0%
※3 30代:23.0%、40代:17.9%、50代:16.2%、60代:11.4%

[ 他にもさまざまなコツがありました。 ]

誰かと一緒に
一人ではなく友人と一緒に行い、楽しみながら行った。
目標を周囲の人に宣言することで、逃れられない状況を作る。

ご褒美を設ける
ウォーキングをする時は、途中のカフェでコーヒーを飲むなどの目的地を決めてから行うなど、楽しみを組み合わせて行う。
歩くとポイントが貯まるアプリを活用し、ポイ活で貯まったポイントで美味しいものを買うなどご褒美を設けた。

少しずつ取り組む
運動してみようと思った時、晴れの日や定時で帰れた時は行い、雨の日や残業の日は絶対にやらないというルールを設定し、義務化はやめて無理なくつづけられるようにした。
小さな目標を達成することに専念し、小さな成功体験を積むようにした。

自分を鼓舞する
日記やメモに記録を残し、視覚化しながら振り返ることで満足度を高めながら行った。
自分はやり遂げられると自分に言い聞かせながら行った。

習慣化を成功させるためのコツは「小さい目標から始めること」(29.9%)。つづけられることとしては「適切な運動をする」(48.1%)次いで「バランスのいい食事」。身近なことから小さな目標を立てて、それを繰り返すことが成功の秘訣。

習慣化の自分への
ご褒美ランキング

Qどのようなご褒美を設定していますか。回答者=318

習慣化するために設定しているご褒美は「美味しいものを食べる」(34.0%)、次いで「好きなものを買う」(22.0%)、その他、自分へのご褒美ではなく、習慣化をさらに深めるためのアイテムとして「運動に関わるものを買う」(19.5%)人も。

  • あなたの“三日坊主”も聞かせてください。#脱三日坊主研究 キャンペーンはこちら

脳科学者が解説! 習慣化するメソッドとは? 脳科学者 枝川義邦教授が紐解く「成功する習慣化のコツ」とは?

メソッド1
最初の一歩への負担を軽減するには、「好奇心にプラスする」「周囲に宣言」

習慣化を目指す上で一番やっかいなのは、最初の一歩に負担を感じる点です。始める時や始めて間もない時期が一番大変ですよね。だから、始めようとする時や習慣が身についていない初期には脳やココロが負担に感じ、なんとかして理由を見つけて辞めようと思ってしまいます。

この負担を軽減するためには、ご褒美を設けることや、すでに習慣になっていることや好きで自ら「やりたい!」と思うことに新しいことを付け加えたりするのが有効だとされています。また、何人かで一緒に進めることや周囲の人に宣言することも効果的です。励みになったり、ちゃんとやらないと恥ずかしいという思いに駆られたりすることから、一人ではなし得ないことも案外できてしまったりするものです。

メソッド2
習慣化のコツは「ベイビーステップ」から。“小さな一歩”は“大きな進歩”に繋がる

習慣化を定着させるためには、まずはごく小さな一歩から始めましょう。最初は、目標と言うには恥ずかしいというくらいの小さいハードルを越えて行くのです。うまく出来たことを実感できれば次もやりたくなるはずです。このような小さな目標を「ベイビーステップ」と言います。赤ちゃんの一歩は小さいものです。しかし、徐々に歩幅が拡がり、いつのまにかスイスイ歩けるようになっていけるのです。このように「小さな一歩」は「大きな進歩」に繋がります。

習慣化にかかる時間は、毎朝1杯の水を飲むような単純なことから、毎日運動を取り入れる気合が必要なことまで取り組む内容によって違ってきます。健康習慣のためには、まずはペットボトルのお茶のように取り入れやすいものを飲みつづけることから始めて、その効果を実感していくのがその先もつづけたくなるコツと言えるのではないのでしょうか。

オピニオンプロフィール
枝川 義邦
(えだがわ よしくに)

早稲田大学理工学術院教授。博士(薬学)、経営学修士(MBA)。1998年東京大学大学院薬学系研究科博士課程修了。2007年早稲田大学ビジネススクール修了。早稲田大学高等研究所准教授などを経て現職。早稲田大学ビジネススクール兼担講師も務める。主な著書に『「脳が若い人」と「脳が老ける人」の習慣』(明日香出版社)など。2015年早稲田大学ティーチングアワード総長賞、2017年ユーキャン新語・流行語大賞受賞。

  • オンラインショップご購入はこちら

消費者庁許可 特定保健用食品

内臓脂肪を減らすのを助ける
食生活は、主食、主菜、副菜を
基本に、食事のバランスを。

許可表示:本品は、脂肪の分解と消費に働く酵素の活性を高める茶カテキンを豊富に含んでおり、脂肪を代謝する力を高め、エネルギーとして脂肪を消費し、内臓脂肪を減らすのを助けるので、内臓脂肪が多めの方に適しています。

あなたの“三日坊主”を聞かせてください。「#脱三日坊主研究 キャンペーン」健康習慣の三日坊主を解決するためにみなさんの声を集めています。あなたの三日坊主エピソードを教えてください。抽選で30名様にプレゼントが当たります。

プレゼント

ヘルシア緑茶24本
30名様

※ご応募はお一人様1回限りとさせていただきます。 ※審査についてのお問い合わせにはお答えできません。 ※当選通知前にいったん投稿いただいた内容を削除した場合、当選通知前に公式アカウントのフォローをはずした場合、指定のハッシュタグをつけずに、または誤記して投稿した場合及び投稿後に当該ハッシュタグを削除した場合、アカウントを非公開としている場合及び投稿後に非公開とした場合は、本キャンペーンの応募対象外になります。

募集期間
2022年6月15日(水)12:00〜
2022年7月5日(火)23:59

※やむを得ない事情により、応募期間は予告なく変更となることがあります。

応募手順

STEP 01
ヘルシアの公式Twitterアカウント@HealthyaKaoをフォローしてください。

STEP 02
投稿内の画像をクリックして、質問に対する答えを選択肢の中から一つを選んで回答してください。

STEP 03
回答後、表示された投稿内容を確認・ツイートして、応募完了です。

  • オンラインショップご購入はこちら

消費者庁許可 特定保健用食品

内臓脂肪を減らすのを助ける
食生活は、主食、主菜、副菜を
基本に、食事のバランスを。

許可表示:本品は、脂肪の分解と消費に働く酵素の活性を高める茶カテキンを豊富に含んでおり、脂肪を代謝する力を高め、エネルギーとして脂肪を消費し、内臓脂肪を減らすのを助けるので、内臓脂肪が多めの方に適しています。

脱!三日坊主研究の成果は
7月公開予定です

COMING SOON

Page Top