血圧が高めの方に 機能性表示食品 ヘルシア クロロゲン酸の力 黒豆茶風味・コーヒー風味

血圧が高めの方に 機能性表示食品 ヘルシア クロロゲン酸の力 黒豆茶風味・コーヒー風味

血圧が高めの方に 機能性表示食品 ヘルシア クロロゲン酸の力 黒豆茶風味・コーヒー風味

オンラインショップ

お好きなときに、お好きな場所で溶かして飲むタイプ

お好きなときに、お好きな場所で溶かして飲むタイプ

お好きなときに、お好きな場所で溶かして飲むタイプ

Point1 持ち運びやお家ストックに便利!

Point2 ホットでもアイスでも楽しめる

おいしい!だから続けられる。お好みで、選べる2フレーバー。黒豆茶風味:香ばしくまろやかな味わい。カフェインレス設計♪(*クロロゲン酸の力 コーヒー風味と比較して)/コーヒー風味:香ばしく雑味のないすっきりとした味わい

おいしい!だから続けられる。お好みで、選べる2フレーバー。黒豆茶風味:香ばしくまろやかな味わい。カフェインレス設計♪(*クロロゲン酸の力 コーヒー風味と比較して)/コーヒー風味:香ばしく雑味のないすっきりとした味わい

おいしい!だから続けられる。お好みで、選べる2フレーバー。黒豆茶風味:香ばしくまろやかな味わい。カフェインレス設計♪(*クロロゲン酸の力 コーヒー風味と比較して)/コーヒー風味:香ばしく雑味のないすっきりとした味わい

本品は、事業者の責任において特定の保健の目的が期待できる旨を表示するものとして、消費者庁長官に届出されたものです。
ただし、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。

うれしい声続々!! お試しいただいた方の声

【黒豆茶風味】黒豆の香ばしい風味が感じられて飲みやすかった。ホットなら、より香りが感じられそう。カフェインレス設計なら、夜に飲んでも良さそうですね。(50代女性)

【コーヒー風味】普段のコーヒーの代わりにおいしく飲めた。朝は血圧が気になるので、毎朝の一杯で血圧ケアできるなら続けられそう!(50代男性)

ポリフェノールへのこだわり 〜驚くべき自然の力〜 花王厳選

ポリフェノールへのこだわり 〜驚くべき自然の力〜 花王厳選

ポリフェノールへのこだわり 〜驚くべき自然の力〜 花王厳選

有効成分へのこだわり

クロロゲン酸量が 豊富な豆を厳選

世界中のコーヒー豆からクロロゲン酸含有量が豊富な豆を厳選しています。

kodawari_pic01

原料・製法へのこだわり

コーヒー豆の旬を逃さず、 丁寧に抽出

クロロゲン酸量は、豆の熟度で大きく変化。また、焙煎の過程でも減少するので、豆の良さを引き出すには、厳密な管理が欠かせません。収穫は旬を逃さず、焙煎も温度・時間を厳密にコントロールし、有効成分を抽出しています。

kodawari_pic02

コーヒー豆由来
クロロゲン酸類の 働き

クロロゲン酸は、 コーヒー豆に豊富に含まれる、 植物由来の ポリフェノールの一種です。
コーヒー豆由来クロロゲン酸類は 継続摂取することで、 高めの血圧を下げる 機能があることが 報告されています。

「コーヒー豆由来 クロロゲン酸類」 って なにをするの?

健康な血管は、とてもしなやか。常に収縮・拡張を繰り返すことで、適切な血圧を維持しています。

健康な血管は、とてもしなやか。常に収縮・拡張を繰り返すことで、適切な血圧を維持しています。

健康な血管は、とてもしなやか。常に収縮・拡張を繰り返すことで、適切な血圧を維持しています。

hataraki_pic02_01

活性酸素の増加による血管の
収縮・拡張バランスの崩れは、
血圧が上昇する一因です。

hataraki_pic02_ya

コーヒー豆由来クロロゲン酸類が働きかけ

hataraki_pic02_ya

hataraki_pic02_03

コーヒー豆由来 クロロゲン酸類は、
活性酸素を減らし、
血管の収縮・拡張バランスに
重要な役割を果たす

血管拡張因子の働きを
助けます。

hataraki_pic02_ya

これにより、高めの血圧を下げるのを助けます!

これにより、高めの血圧を下げるのを助けます!

これにより、高めの血圧を下げるのを助けます!

高めの血圧を下げる効果

高めの血圧を下げる効果

高めの血圧を下げる効果

被験者:血圧が高めの男女88名/コーヒー豆由来クロロゲン酸類300mg/日を、12週間継続摂取(対照群(プラセボ)は0mg/日)/*:p<0.05(対照群との比較)/Prog.Med,27,683-694(2007)より作図:研究レビューの対象となった論文のうち、代表的な1報を事例として提示しています。
(血圧が高めとは、収縮期血圧130~139mmHg、または拡張期血圧85~89mmHgのことです。)

食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、 食事のバランスを。

Page Top