花王研究員が教えます!キューティクルケアの深〜い話

花王研究員が教えます!キューティクルケアの深〜い話

花王研究員が教えます!キューティクルケアの深〜い話

みなさん、「キューティクル」ってなにか、ご存じですか?
キューティクルは、髪1本1本の表面を覆って守っている“鎧(よろい)”のような存在で、髪の見た目や手ざわり、あつかいやすさを決める、とても大事なものなんです。
今では聞き慣れている「キューティクルケア」や「天使の輪」などの言葉も、実は、1976年に誕生したエッセンシャルから始まりました。
40年以上にわたってキューティクルの研究を積み重ねてきたからこそわかる、“キューティクルの深~い話”を花王の研究員がわかりやすくご紹介します。

髪に触れると感じるパサつきと水分量は実は関係ないんです。湿度の高い日など髪が広がるのは、傷んだ髪の方が水を吸いやすく広がりやすいから。
私たちが髪に触れて「パサついてる」と感じている原因は、髪表面が乱れ、キューティクルが傷つき髪1本1本が不揃いになっているからなんです。

キューティクルは乾いているときはとても丈夫ですが、濡れると柔らかくなり、剥がれやすくなります。
そのため、濡れた状態で髪同士がからまったり、ひっかかるとダメージの原因に。シャンプーでのゴシゴシ洗いや濡れ髪のブラッシングは禁物!

小さなハムスターにも大きなゾウにも、哺乳類の毛にはキューティクルがあります。つまり、ウサギの柔らかな毛も、馬のツヤツヤの毛も、さらにはヤマアラシの針のような毛にもキューティクルがあり、毛で大切な身を守っています。
一方、人間の髪は摩擦などの外部刺激から髪を守るためにキューティクルを持ちます。ウロコのように固いキューティクルによって、デリケートな髪を守っているのです。

日本人のキューティクルは、欧米人よりも枚数が多く一枚一枚の厚みがあるため、一見すると丈夫そうですが、欧米人に比べてやや浮き気味に付いています。そのため、比較するとキューティクルが引っかかって剥がれやすいんですよ。
さらに、欧米では週2、3回の洗髪が一般的ですが、日本人の90%以上は毎日先髪しているので日本人のキューティクルは欧米人と比べて、傷つきやすい状態にあると言えるかもしれません。

  • オンラインショップ ご購入はこちら

    オンラインショップ ご購入はこちら

    オンラインショップ ご購入はこちら

Page Top