ビューティアドバイザーインタビュー
01 百貨店勤務

interview_01_01

ba_main1-2

Profile
外国語学部を卒業し、京都での勤務を経て大阪の百貨店で勤務中。肌が弱かったこともあり、ソフィーナのスキンケア商品は昔から愛用していました。

ソフィーナの
ビューティアドバイザーを選んだ理由。

就職活動では、正直、自分が何を仕事にしたいのか分からず、食品関係や商社など、様々な企業を受けていました。一通り説明会にも足を運んでから自分の就活ノートを見返していたら、化粧品の会社のメモばかりになっていて「これが好きなことかもしれない」と気づいたのです。化粧品は、女性が人生で必ず通る道。美しくなる手助けをしてくれるだけでなく、ワクワクした気持ちや自信も与えてくれる存在です。そんな風に、お客さまのキレイのお手伝いをするビューティアドバイザーの仕事は憧れでもありました。また、私は「キレイになりながら年を重ねたい」という気持ちがあり、誰かのキレイを思うことが、自分磨きにもつながるのではと思えたことも興味を持ったきっかけです。何社か化粧品会社の選考を進めていく中で、当社の採用担当の方の印象の良さが心に残りました。説明会は居心地がよかったですし、面接も楽しくお話をするような和やかな雰囲気でした。私もこんな雰囲気の中で仕事をしたいと思い、入社を決めました。

この仕事のやりがい、
印象に残っている出来事。

新人時代に、普段は先輩を指名されているお客さまを私が代わりに対応させていただいたことがありました。その方はお店によく足を運んでくださるお客さまで、私も名前やお顔を存じ上げていました。ちょうど、いつも担当している先輩がお休みの日にご来店されたため、私が担当させていただくことになったのです。先輩のようにうまくできる自信はありませんでしたが、接客が終わった際、「いつもの人じゃなくて不安だったけど、丁寧に対応してくれてありがとう。またお願いね」とおっしゃっていただき、そのときに初めてビューティアドバイザーとして認めてもらえた気がして、涙が出そうになりました。私たちに明確な「担当」というものはありませんが、お会いする回数が多いお客さまとは自然と関係も深まります。私にもそうしたお客さまが出来たときは、いっそうこの仕事が楽しくなりましたね。お客さまに合わせて「この商品も紹介してみようかな」と工夫する喜びも増えましたし、次のご来店時には「いかかでしたか?」と会話もいつもより弾みます。お客さまに寄り添いながら一緒にキレイを目指しているということを実感でき、大きなやりがいを感じています。

働く環境の魅力と、
思い描いているキャリアステップ。

職場の雰囲気がとても良く、社員同士の仲が良い点が気に入っています。百貨店では通常の業務に加え、定期的に商品のPRイベントを開催しており、期間中は私たちビューティアドバイザーたちもイベントの運営業務に取り組みます。接客場所も普段と変わりますし、たくさんの方がご来店されるためかなり忙しくなるのですが、「みんなで楽しんで頑張ろうね」とメンバー全員で乗り越えていくことができるのは素敵ですよね。目標にしたいと思える先輩もたくさんいるので、良いなと思うところはどんどん吸収していきたいと思います。限られた時間の中ではありますが、より多くのお客さまに美しく明るい気持ちになってもらい、背中を押して差し上げられるようなビューティアドバイザーを目指しています。

休日の過ごしかた

月に何回か「絶対に家を出ない」と決めて、一人でのんびりする日を作っているんです。前日におやつを用意して、録画したドラマを見たり、映画をみたり。そういった時間を作ることで、疲れがリセットされ、仕事に対する活力につながります。出かけるときは、同期と遊んだり、旅行に行くこともありますよ。

ba01

ba02

ba03

ba04

09:00

この日は早番。出勤したらPCを立ち上げ、レジをセット。売り場が少し狭いので、必要な商品は別室から運び出して売り場をセットします。開店したら、お客さまをお迎えし、接客業務に当たります。

10:00

この日は海外のお客さまがいらしたので、英語で対応しました。やはり意思疎通が難しいので、お客さまの求めている商品と提供している商品が一致しているか、いつもより念入りに確認します。

12:00

昼食。時間が合う時は他メーカーさんと一緒にごはんを食べます。

14:00

接客と合わせて、備品の発注なども行います。新商品の発売も近づいていたので、昨年の発注数と照らし合わせながら、スポンジ、ティッシュ、サンプルなどの数を予測して発注。足りなくなったら大変ですから、先輩にも相談します。

16:00

休憩へ。百貨店は来店されるお客さまがとても多く売り場はいつも慌ただしいのですが、こちら側の忙しさや、焦りなどをお客さまには見せないように心がけています。顔の疲れなども出てくる時間帯ですから、休憩時間はありがたいです。

19:00

百貨店の営業時間は20時までなので、早番のときは周りの様子を確認しながら退勤します。

先輩ビューティアドバイザーのインタビュー



※記事内容および社員の所属は取材当時のものです。

Page Top