Interview of Beauty Counselor 05

過去は振り返らない。
楽しく、学び続けていたい。

60代 時短勤務サポート制度

Profile M.Y 東京 GMS勤務

35歳で復職。
好きだから、続けたかった。

最初に入社したのは43年前。きっかけは、地元から上京し薬局で働いていた頃、仲の良いカネボウの社員の方から「一緒に働きませんか?」と誘っていただいたこと。薬局にいるより楽しそうだという印象を持ち、特に不安を感じることもなく「とにかくトライしてみよう」という気持ちでした。最初の配属は東京・高円寺。ここから私のビューティカウンセラー人生がスタートしたのです。思った通り、接客は楽しく、充実した毎日を送っていましたが、3年勤めた頃に上の子を授かり、その3年後には下の子がお腹に宿ったことから、一時的に退社することを決心しました。まわりの方たちには「必ず戻ってくるね」とは言ったものの、日々の忙しさもありなかなか戻ることができず、35歳でようやく復職。10年のブランクはありましたが、契約社員として再び働き始めることができました。長く働けるのは、カネボウの良いところ。とても好きな仕事ですし、60歳になり、仕事を続けるかどうかを尋ねられた時は素直に「まだ働きたいな」と思いました。そして、再雇用制度を利用して働き続けることに。「65歳までやりきろうかな」と思い描いているところです。

先輩として、母として、
若い社員をサポート。

現在の職場は、都内にある大手GMS。メンバーは、私を含めて4名おり、そのうち1名は時短勤務を利用している若いママさん社員です。そうしたチームの中で私は現在、定年後の再雇用者やOGを中心に編成される時短勤務サポーターとして、時短勤務を利用する社員が子育てをしながら働くためのサポート役を担っています。例えば、もし保育園から電話がかかってきても、私たちがいることでママさん社員はすぐに子どもの元に駆けつけてあげられるというわけです。小さなお子さまがいらっしゃると、働き方も変わりますから。現在、時短勤務を利用しているメンバーからは、「お母さんがいるから安心」と言われることもあります。

お客さまも、後輩も、
私にとっては大切な師匠。

この仕事の一番のやりがいは、出会いです。30年間、人生の約半分の時間をこの仕事と一緒に過ごしてきましたが、これまで多くのことをお客さまから学ばせていただきました。たとえば、10歳も20歳も年上の方でも、美容や身だしなみに気を配っていらっしゃる方は若々しく見えます。その佇まいが勉強になることも多かったですし、人生の先輩としてのお話を聞くことがすごく勉強になりました。その一方で、年下のビューティカウンセラーの皆さんは、私にとって今のトレンドに合わせたメイクアップやファッションの良いお手本。私は「60歳だからこのメイクができない」というのは、すごく嫌なんです。あと、先輩だからって知ったかぶりをするのも苦手。パソコンの使い方など、わからないことがあれば、恥ずかしがらずに聞くようにしています。すると、「こうしたらいいんだよ」と丁寧に教えてくれる。若いビューティカウンセラーの皆さんとお話しして新しいことを知るのはとても楽しいですね。何より、いつも元気なエネルギーをいただいています。

カネボウは、
もうひとつの家族みたいな場所。

ここまで仕事を続けてこられたのは、カネボウが大好きだから。一番好きなところは、家庭的なところです。先輩は後輩を育て、守る文化があり、チームワークはとてもいいです。同じチームでなくても、研修会で会うと「あ、いるいる」といつも声をかける人が何人もいますし、教育担当の方にはなんでもすぐに聞くことができる。これは、昔から変わらない文化だと思います。こうした優しさが代々受け継がれてきたように、時短勤務サポート制度もきちんと活用されるようにしていきたい。子どもは社会にとっても大切な存在。みんなで協力しあえるといいですよね。時短勤務サポーターになっても、やることは同じ。好きなことを続けられていることには、変わりありません。

若いうちは特に、
大きな夢を思い描いていい。

ちなみに、我が家は夫婦とも還暦を迎えていますが、夫と休みの日が被ることはほとんどありません。自分は自分、その方が好きですね。夢は、ハワイに住むこと。「いつ?」と聞かれるかもしれませんが、夢は夢のままでもいいんです。今の若い人たちは、お金や時間の使い方から考え方まですごくしっかりしていて素晴らしいと思いますが、ときどき、「もっと夢のためにお金や時間を使ってもいいんじゃないかな」と、もったいなく思うこともあります。20代のうちには、いろいろなことにチャレンジしてほしい。結果なんか、すぐ求めなくてもいい。人生は、長いんだから。自分の夢のため、美のために挑戦していってほしいですね。

CAREER STEP

1976年 
入社。高円寺のGMSに配属。

1979年 
出産のため退社。

1990年 
契約社員(※)としてGMSヘ復職。

2016年 
再雇用制度を利用し継続勤務が決定。

2018年 
時短勤務サポーターとして活躍中。

※現在は「カムバック制度」の導入により、厚生労働省認定カネボウ化粧品検定S級認定者が退職時に制度登録することで、正社員として退職前と同程度の水準で復職することができます。(フルタイム勤務の場合)

その他のページを見る

20代 若手ビューティカウンセラー

2016年入社 東京 百貨店勤務

30代 カムバック制度

2008年入社 神奈川 GMS勤務

30代 ライフサポート転勤制度

2005年入社 東京 百貨店勤務

30代 時短勤務制度

2004年入社 東京 ドラッグストア勤務

60代 時短勤務サポート制度

1976年入社 東京 GMS勤務

Page Top