Interview of Beauty Counselor 04

仕事と育児のスイッチの
切り替えが上手くなった。

30代 時短勤務制度

Profile Y.M 東京 ドラッグストア勤務

女性が長く活躍できる職場と思い、
入社した。

結婚したのは入社5年目です。結婚1年後には第一子を授かり、産休・育休を取得することに。就職活動をしている時から「ずっと働き続けたい」と思っていましたし、「女性が長く活躍できる会社」であることもカネボウを選んだ理由の一つだったため、退職することは一切考えていませんでした。産休前は妊娠8ヶ月目まで働いたのですが、私の場合、つわりがひどくて遅れて出社したり、早めに退社させてもらったり。産休前から周囲の人たちにかなりサポートしていただきました。その後、出産を経験し、育休に入りましたが、初めての育休は無我夢中であっという間に時間が過ぎて行きました。復職したのは、長男が1歳の時です。部署は変わりましたが産休前とほぼ同じ仕事内容のまま戻ることができ、大きな戸惑いもなく復帰することができました。でも、やはりスムーズに復帰できた一番の理由は、職場のみんなが「おかえり」と優しく迎えてくれたからだと思います。

同じ経験をしている
先輩たちの存在が心強い。

復職後は時短勤務制度を活用しました。朝は9時20分に出社し、夕方は16時30分に退社。仕事をやりくりすることで、保育園の送り迎えもそこまで大変ではありませんでした。ただ、長男は急に高熱を出してしまうことが多く、1ヶ月に1度は必ず保育園からいきなりの呼び出し電話がかかってきました。この時に役立ったのが、当社の休暇制度です。こうした育児中の勤務を支援する制度を活用し、さらに周囲の方々にもご協力をいただきながら、仕事と育児の両立を図っていきました。福利厚生が整っていることは、カネボウで働く大きなメリットです。また、この職場は女性社員が多く、周囲には同じような経験をしている先輩も数多くいます。「こうなることはわかっていたわよ」と皆さんが気遣ってくださったことで、精神的にも楽でした。とはいえ、私の時短勤務で迷惑をかけてはいけないと、より効率良く働く工夫をするなど、私なりの働き方改革にも着手しました。

7年半ぶりに
ビューティカウンセラーとして復帰。

長男が5歳の時に、二人目の子となる長女が誕生しました。私も一人目を経験していたことで勝手がわかっていましたし、夫も良くサポートしてくれたため、2回目の産休・育休は1回目の時よりも気持ちに余裕がありました。そこで、家事・育児の空き時間を利用して美容以外のことも勉強したり、充実した育休期間を送ることができました。そして、2回目の職場復帰。今回は前回と異なり、7年半ぶりのビューティカウンセラーとしての現場復帰です。しかも、外国人客も数多くご来店されるお店で、復帰当初はあまりの忙しさに目が回りそうになりましたが、チームのメンバーのサポートもあり、次第に勘を取り戻していきました。また、一人目の時以上に仕事とプライベートのスイッチの切り替えも上手くなったと思います。朝は子どもを保育園に送って電車に乗った瞬間にビューティカウンセラーとしてのスイッチが入り、夕方は店舗を出た瞬間に母に戻ります。

入社から現在まで
さまざまな経験をさせてもらった。

今ではビューティカウンセラーと母親の2つの仕事をしている私ですが、じつは入社前はまともにメイクアップもできない学生でした。カネボウの採用面接の時も「次回はメイクアップをしてきてください」と言われたほどです。ただ、なんでも受け入れる性格でしたし、入社後の研修でメイクアップの面白さも教えていただき、それ以降は化粧をすることも仕事も本当に楽しかったですね。入社3年目のドラッグストア勤務時代にはメイクアップの社内コンテストで地区の代表にも選んでいただき、国際大会も経験。その後は、選抜研修としてカネボウ化粧品の美容研究所でメイクアップを一から学ぶ機会もいただくことができました。最初は研修内容や周囲の先輩方のメイクアップの理論や技術の高さに驚きましたが、本当に成長させていただいた時期だと思います。そして、まだ未熟ながらも、入社前はメイクアップを苦手としていた私が、教育担当者として新入社員やビューティカウンセラーへ向けた研修、また、お取引先様へ向けた美容教育などを担えるほどになったのです。

仕事と家庭の両方があることで
会話も広がる。

こうして振り返ると、私はカネボウに入社してから本当に様々な経験をさせていただきました。カネボウのビューティカウンセラーでありながら母親でもある私の休日は、次の休みまでの常備食づくりがメインです。家族で休みが合えば全員で長男の大好きな野球観戦に出かけることも。また、私の土日勤務の時に夫と子どもが一緒にお店を訪れ、私の仕事ぶりをじーっと見ていることもあるんです。長男は最近、お化粧にも興味が出てきたみたいで、保育園の先生とチークの話をすることもあるそう。仕事と家庭の両方があることで会話の幅も広がり、リフレッシュもでき、とても充実した毎日を送らせていただいていることを実感します。

CAREER STEP

2004年 
入社。東京ドラッグ配属に。

2007年 
BUC(※)世界大会に出場。社内の選抜研修にも参加。

2008年 
教育担当者に。

2011年 
第一子の産休・育休。

2012年 
ドラッグストアのインストラクターとして復帰。

2016年 
第二子の産休・育休。

2017年 
ビューティカウンセラーとして復帰。

※ビューティアップコンテスト

その他のページを見る

20代 若手ビューティカウンセラー

2016年入社 東京 百貨店勤務

30代 カムバック制度

2008年入社 神奈川 GMS勤務

30代 ライフサポート転勤制度

2005年入社 東京 百貨店勤務

30代 時短勤務制度

2004年入社 東京 ドラッグストア勤務

60代 時短勤務サポート制度

1976年入社 東京 GMS勤務

Page Top