「よきモノづくり」の現場

購買


kao_pc_c_140604_2

1.日々の“よきモノづくり”の起点

製造販売業としての日々の事業活動において、モノづくりのための原材料の調達は、その起点と言えます。
購買部門では、約5,000品目の原料、約30,000品目の包装材料、約50,000品目の機器、設備、間接材、サービスなどの調達をしています。そのひとつひとつが商品の生産に不可欠で、大変重要な役割を担っています。
また、原材料や市況等の情報を関連部門に発信し、新製品に必要な新しい原材料の探索を、関連部門と共同で進めます。
原材料の価格決定、品質の確保、安定的ルートの構築、納期管理が購買業務の基本で、特に価格決定は全社の利益に直結する重要な仕事です。

kao_sce_pu_sta

購買の仕事 ①


2.グローバルな戦略購買の時代

ビジネスをグローバルに展開する中で、購買業務にもグローバルな活動が必要です。世界の原材料の動向を把握し、世界のサプライヤー(調達先)情報を踏まえて、グローバルな調達戦略を品目ごとに構築する必要があります。

特にここ数年はグローバルな原材料市場において、大きな価格変動、需給の不均衡、業界再編等の動きや災害、プラント事故などが増加しており、原材料調達での迅速なグローバル対応が大変重要になっています。
各国の花王グループともネットワークを形成し、グローバルな戦略購買活動を推進しています。

kao_sce_pu_glo

購買の仕事 ②


3.サステナブルな責任ある調達

調達活動は法令を遵守し、公正、公平に行う必要があります。また、人権、安全、環境、資源のサステナビリティへの対応など、倫理的、社会的責任を担います。
こうした姿勢を自社だけでなくサプライヤーにも求め、サプライヤーの評価をすると共に、必要な場合は改善を要請しています。
このような取組を通してサプライヤーや社会との信頼関係を構築し、世界のパートナーと共に“よきモノづくり”に取組んでいます。

kao_sce_pu_po

購買の仕事 ③

Page Top