「よきモノづくり」の現場

マーケティング(日用品・化粧品)


マーケティング

1.よきモノを支える
それが「マーケティング」の仕事

「マーケティング」の仕事は大きくふたつに分けられます。ひとつが、商品計画の立案から、売上・事業収支の管理、広告・販売戦略の企画と実行など、モノづくりを総合的にプロデュースする仕事。そしてもうひとつが、データサイエンスを用いた分析、調査の実行、広告媒体の管理、生活研究やお客様対応などを行う仕事です。
こうした「マーケティング」の仕事は、お客様のニーズに応える「よきモノ」の発想となり、また、「よきモノ」をマーケットに送り出す戦略となり、さらに、「よきモノ」からブランドへと育てていく指針となるのです。

マーケティングの仕事 ①


2.コミュニケーションからニーズを掘り起こす

「マーケティング」のもっとも大切な仕事は、お客様とのコミュニケーション。商品の開発も、広告や販売の戦略も、新たな事業や市場の開拓も、コミュニケーションから抽出した"お客様の声"に基づいて行われるからです。
お客様の声は、“ニーズ”というとても重要な情報。それを聞き漏らさないために、あらゆる方法でお客様とコミュニケーションを交わします。モニター調査や消費者センターといったスタイルは、きっとみなさんにも想像がつくでしょう。けれど花王には、こんな独自なコミュニケーションもあります。それは、家庭訪問。お客様のご自宅に伺うことで、どんな商品をどのように使っているかを知ることができ、お客様の生活や行動の実態も垣間見ることができます。また、お客様の本音を引き出しやすいというメリットもあるのです。
こうして集められた“声”が、商品開発の出発点となり、広告や販売戦略のアイデアを生み、そして、新たな事業や市場を開拓するヒントになります。そこには必ず、私たち「マーケティング」の仕事が活きています。

マーケティングの仕事 ②


3.開拓と育成マーケティングの新たな使命

開発や戦略の源となる「マーケティング」という仕事には、いま、新たな使命が託されています。それは、「新規マーケットの開拓」と「グローバルブランドの育成」です。
花王は「清潔・美・健康」というコンセプトのもと、これまで家庭用品を開発してきました。その種類は多岐に渡りますが、それは、常に新しい事業にチャレンジしてきた結果でもあります。近年も“ヘルスケア事業”という新たな分野を開拓し、「ヘルシア緑茶」等の大ヒット商品を生んでいます。こうした新しい花王の戦力となるマーケットの開拓が、これからの「マーケティング」には求められています。
また、海外マーケットの拡大を狙う花王にとって、世界に通用する、世界中の人に愛される「グローバルブランドの育成」は必須。そのために「マーケティング」が担うのは、国際ネットワークの積極的な拡充です。それは、今後の「マーケティング」にとって重要な課題のひとつとなるでしょう。

マーケティングの仕事 ③

CHECK

業務内容紹介/マーケティング

事業部門・マーケティンググループ

ハウスホールド、パーソナルケア、サニタリー、ヘルスケア、化粧品などの各事業分野において、商品計画をはじめ、売上・事業収支・マーケティング施策・広告宣伝・販売などをあらゆる角度から検討して事業計画を立て、推進します。

マーケティング推進部門

マーケティング活動を生活研究・調査・広告媒体管理・お客様対応などに分け、各セクションが事業部門と一体となって専門的にマーケティングを行っています。

Page Top