INTERVIEW

刻々と変化する自然環境で戦う。 プロビーチバレープレイヤー、 坂口佳穂に密着!

刻々と変化する自然環境で戦う。 プロビーチバレープレイヤー、 坂口佳穂に密着!

刻々と変化する自然環境で戦う。 プロビーチバレープレイヤー、 坂口佳穂に密着!

詳しくはこちら

「日本で1番になりたい。」

「日本で1番になりたい。」

「日本で1番になりたい。」

小学校1年生よりバレーボールをはじめ、
高校3年生でビーチバレーに転向。
2018年ジャパンビーチバレーボールツアー第2戦で優勝。

太陽の下、挑戦を続ける
“アスリズム”な坂口佳穂さんの
実録です――。

坂口佳穂×花王 密着インタビュー!

坂口佳穂×花王 密着インタビュー!

坂口佳穂×花王 密着インタビュー!

ビーチバレーをする中で
大変なことや、想いは?
密着中の写真と共にお送りします!

坂口さんの日々の裏側をCheck!

坂口さんの日々の裏側をCheck!

坂口さんの日々の裏側をCheck!

アスリズムが密着している間中、
坂口さんに日記を
書いていただきました。
気になるコトバをクリックして、
リアルな想いを
チェックしてみてください!

試合のこと

試合のこと

試合のこと

出場した試合を
振り返ってもらいました!
日本・海外、それぞれ
どんな試合だったのでしょうか?

人生のこと

人生のこと

人生のこと

100人いれば、100通りの人生がある。
幼馴染との久々の再会で、
坂口さんが感じたこととは?

毎日のこと

毎日のこと

毎日のこと

実は占い好きの坂口さん。
ある占い師に言われたこととは…?

編集後記

かなり長い期間、
密着させていただいた坂口さん。

肌診断をしたり、
毎回インタビューをお願いしたりと
密着自体も過酷だっただろうに、
ず~っと楽しそうで笑顔を絶やさない!
坂口さんの人柄の良さも
知れた時間でした。
 
これからもアスリズムは、
元気いっぱい目標に向かって
まっすぐ頑張る坂口さんの活躍を、
応援し続けます!

トライアスロン『TEAM KEN’S』佐藤優香に密着 総距離51.5kmの鉄人レースに挑む。

トライアスロン『TEAM KEN’S』佐藤優香に密着 総距離51.5kmの鉄人レースに挑む。

トライアスロン『TEAM KEN’S』佐藤優香に密着 総距離51.5kmの鉄人レースに挑む。

詳しくはこちら

2018年 ITU世界トライアスロンシリーズランキング 7位 NTTトライアスロン・ジャパンランキング 2位

2018年 ITU世界トライアスロンシリーズランキング 7位 NTTトライアスロン・ジャパンランキング 2位

2018年 ITU世界トライアスロンシリーズランキング 7位 NTTトライアスロン・ジャパンランキング 2位

9歳からトライアスロンをはじめ、
2018年アジア競技大会 ミックスリレーで優勝。

日々過酷なトレーニングをこなし、
記録に挑み続ける
佐藤優香選手の
2日間に密着!

スイム・バイク・ランの3種目、総距離51.5kmの着順を競う。超過酷な鉄人レース スイム1.5km バイク40km ラン10km ※種目により総距離は変わります

スイム・バイク・ランの3種目、総距離51.5kmの着順を競う。超過酷な鉄人レース スイム1.5km バイク40km ラン10km ※種目により総距離は変わります

スイム・バイク・ランの3種目、総距離51.5kmの着順を競う。超過酷な鉄人レース スイム1.5km バイク40km ラン10km ※種目により総距離は変わります

そんな鉄人レースに挑む想いとは?佐藤選手Q&A!

そんな鉄人レースに挑む想いとは?佐藤選手Q&A!

そんな鉄人レースに挑む想いとは?佐藤選手Q&A!

小学校3年生、ママチャリで出場した大会で優勝!?

Q: なぜトライアスロンを始めたのですか?

A: 母に勧められてトライアスロンを始めました。
小学校3年生のとき、はじめて出場したレースが
自分だけママチャリで、
周りはみんなロードレーサーに乗っていて、
すごく恥ずかしい思いをしました。笑
地元の大会だったんですけど、ここで初優勝しました!

勝つためには駆け引きが重要。

Q: 試合で勝つための戦略は?

A: ランで自分が優位に立ちたいので、
その前のバイクのレースの進め方が特にポイントですね。
他の選手を引き離すために、
バイクで足を消耗させようとアタックをかけます。

夏は暑さと戦い、冬は寒さと戦う。

Q: トライアスロンの過酷なところは?

A: レースはすごく暑いところもあれば、
すごく寒いところもあるので、
どちらにも身体を慣らさなくちゃいけないのがつらいです…。
それに長時間外にいるので夏は紫外線で
かなりエネルギーを消耗してしまいます。

最後の最後まで、なにが起こるかわからないスポーツ。

Q: 佐藤選手の思う、トライアスロンの魅力は?

A: 最後の最後まで何が起きるかわからないことと、
努力して自分と向き合えば、
その分の時間がしっかりと結果につながることが魅力ですね。
それに強くなる過程で自分のメンタルがさらに成長できたなと
感じる瞬間も嬉しいです。

編集後記

取材の2日間、炎天下の山梨県で
密着していた撮影部隊は、
終わりにはもうへとへと!笑
なのに一番過酷だったはずの佐藤選手は、
最後快く笑顔でインタビューに答えてくれました。
「世界で活躍することが目標」と語る彼女の目は、
キラキラと輝いていて、本当にトライアスロンという
スポーツが好きなんだなあ、
と、なんだか元気をもらえました。

今回の取材の裏側を
AthlizmREPORTで公開中。
ぜひチェックしてみてください!

JFBAフレスコボール選手に密着!リオ・デ・ジャネイロ発祥 “思いやりのスポーツ”

JFBAフレスコボール選手に密着!リオ・デ・ジャネイロ発祥 “思いやりのスポーツ”

JFBAフレスコボール選手に密着!リオ・デ・ジャネイロ発祥 “思いやりのスポーツ”

詳しくはこちら

2013年JFBA始動!フレスコボールを日本に広める。

2013年JFBA始動!フレスコボールを日本に広める。

2013年JFBA始動!フレスコボールを日本に広める。

必要なものは2枚のラケットとボール、
そしてパートナー。
フレスコボールはブラジルの
リオ・デ・ジャネイロ発祥の、
味方同士でラリーを続ける
“思いやりのスポーツ”。

日本の各地で自走するコミュニティを
増やす活動に力を入れている
選手たちに密着!

FRESCOBALL JAPAN OPEN 2018
-JFBA公式記念映像-

基本ルール 必要なもの ラケット・ボール・パートナー/7メートルはなれる 大会やシーンによって変わる/5分 ラリーを続ける ラリー回数・テクニックなどの評価

基本ルール 必要なもの ラケット・ボール・パートナー/7メートルはなれる 大会やシーンによって変わる/5分 ラリーを続ける ラリー回数・テクニックなどの評価

基本ルール 必要なもの ラケット・ボール・パートナー/7メートルはなれる 大会やシーンによって変わる/5分 ラリーを続ける ラリー回数・テクニックなどの評価

日本ランク1位!女子トップペアにインタビュー

日本ランク1位!女子トップペアにインタビュー

日本ランク1位!女子トップペアにインタビュー

左:小澤 彩香選手
日本ランキング3位。
小学5年から
バスケットボールをはじめる。
フレスコボールは2016年からはじめ、
2018年ジャパンオープンで初優勝。
ブラジル選手権で
落合とのペアで3位入賞。

右:落合 真彩選手
日本ランキング1位。
小学校~大学までソフトボール選手。
フレスコボールは2016年からはじめ、
ジャパンオープンでいきなり優勝。
2017年も優勝。
2018年ブラジル選手権で
小澤とのペアで3位入賞。

ビーチの練習は過酷

ビーチの練習は過酷

ビーチの練習は過酷

落合:練習の日は日が落ちてボール見えなくなるまでやってます。

落合:練習の日は日が落ちてボール見えなくなるまでやってます。

落合:練習の日は日が落ちてボール見えなくなるまでやってます。

小澤:ラリーが楽しいと、ずっとやっちゃう(笑)日差しが痛いと体力が奪われるので、屋根のあるところで休んだり、目の下と鼻の頭の3点は日焼け止めをよく塗り直します。

小澤:ラリーが楽しいと、ずっとやっちゃう(笑)日差しが痛いと体力が奪われるので、屋根のあるところで休んだり、目の下と鼻の頭の3点は日焼け止めをよく塗り直します。

小澤:ラリーが楽しいと、ずっとやっちゃう(笑)日差しが痛いと体力が奪われるので、屋根のあるところで休んだり、目の下と鼻の頭の3点は日焼け止めをよく塗り直します。

落合:ブラジルでは日差しがきつくて肩がすごい焼けちゃったことも…

落合:ブラジルでは日差しがきつくて肩がすごい焼けちゃったことも…

落合:ブラジルでは日差しがきつくて肩がすごい焼けちゃったことも…

小澤:アフターケアはローション塗ってしっかりします。でも、ウエア焼けしてるから、お腹が白くてビキニが着れない(笑)

小澤:アフターケアはローション塗ってしっかりします。でも、ウエア焼けしてるから、お腹が白くてビキニが着れない(笑)

小澤:アフターケアはローション塗ってしっかりします。でも、ウエア焼けしてるから、お腹が白くてビキニが着れない(笑)

フレスコを広めるために

フレスコを広めるために

フレスコを広めるために

落合:フリーライターとしてのスキルをフレスコボールの普及につなげられたらと思ってます! 選手のインタビューを自主的にやってるのですが、中の人が読んで「いいな」と再確認できるようなものにもなってますね。

落合:フリーライターとしてのスキルをフレスコボールの普及につなげられたらと思ってます! 選手のインタビューを自主的にやってるのですが、中の人が読んで「いいな」と再確認できるようなものにもなってますね。

落合:フリーライターとしてのスキルをフレスコボールの普及につなげられたらと思ってます! 選手のインタビューを自主的にやってるのですが、中の人が読んで「いいな」と再確認できるようなものにもなってますね。

小澤:フレスコ選手としての活動をツイッターで発信しています。やってみたい! 面白い! の声を拾って行けたら足を運びます。ラリーがつづくと楽しいスポーツなので…「続く、音が鳴る、落ちない、ナニコレ楽しい!」という人が増えるといいなとむりやり絡みにいく(笑)普段は逗子海岸やタチヒビーチ、策のある公園で練習していて、フレスコはめずらしいので声をかけられるのですが、それも広がる一歩だと思ってます。

小澤:フレスコ選手としての活動をツイッターで発信しています。やってみたい! 面白い! の声を拾って行けたら足を運びます。ラリーがつづくと楽しいスポーツなので…「続く、音が鳴る、落ちない、ナニコレ楽しい!」という人が増えるといいなとむりやり絡みにいく(笑)普段は逗子海岸やタチヒビーチ、策のある公園で練習していて、フレスコはめずらしいので声をかけられるのですが、それも広がる一歩だと思ってます。

小澤:フレスコ選手としての活動をツイッターで発信しています。やってみたい! 面白い! の声を拾って行けたら足を運びます。ラリーがつづくと楽しいスポーツなので…「続く、音が鳴る、落ちない、ナニコレ楽しい!」という人が増えるといいなとむりやり絡みにいく(笑)普段は逗子海岸やタチヒビーチ、策のある公園で練習していて、フレスコはめずらしいので声をかけられるのですが、それも広がる一歩だと思ってます。

今後の目標

今後の目標

今後の目標

小澤:相手を活かすのもペア! トップ選手としてやり続けるためには、考え方とモチベーションが一緒でないとダメです。ラリーは 信頼できないと打ち込めないんです。

小澤:相手を活かすのもペア! トップ選手としてやり続けるためには、考え方とモチベーションが一緒でないとダメです。ラリーは 信頼できないと打ち込めないんです。

小澤:相手を活かすのもペア! トップ選手としてやり続けるためには、考え方とモチベーションが一緒でないとダメです。ラリーは 信頼できないと打ち込めないんです。

落合:お互いが納得し助け合えるペ アだと思っています。

落合:お互いが納得し助け合えるペ アだと思っています。

落合:お互いが納得し助け合えるペ アだと思っています。

小澤:仕事との両立があるから、少ない練習時間でトップでいつづけるのは大変だけど…トップ選手はここまでできる! という圧倒的勝利が目標!

小澤:仕事との両立があるから、少ない練習時間でトップでいつづけるのは大変だけど…トップ選手はここまでできる! という圧倒的勝利が目標!

小澤:仕事との両立があるから、少ない練習時間でトップでいつづけるのは大変だけど…トップ選手はここまでできる! という圧倒的勝利が目標!

落合:マイナースポーツですし、誰でもはじめられるんだけど、トップレベルは違う、生半可な気持ちではいけない、と思ってます!

落合:マイナースポーツですし、誰でもはじめられるんだけど、トップレベルは違う、生半可な気持ちではいけない、と思ってます!

落合:マイナースポーツですし、誰でもはじめられるんだけど、トップレベルは違う、生半可な気持ちではいけない、と思ってます!

逗子で活動を行うキーマンにインタビュー

逗子で活動を行うキーマンにインタビュー

逗子で活動を行うキーマンにインタビュー

逗子海岸にフレスコボールを根付かせ、
広げていった第一人者、ZFC朝倉さん。

右:ZFC 朝倉 弥生さん 
左:パートナーの鈴木 麻井子さん

ロゴ

逗子フレスコボールクラブ(ZFC)
週末は逗子海岸を本拠地に
アットホームな練習会を実施中。
初心者の方大歓迎!

Facebook:@frescoball.zushi

地域に根差すクラブチーム

地域に根差すクラブチーム

地域に根差すクラブチーム

フレスコをやりたいときにいつでもできて、教えてもらえる。
地域もまきこんで盛り上げていけるのが拠点があるいいところです。
海岸は一般の方の散歩コースだったり
バーベキューをやってるところでもあるので、
ボールあたってケガ、といったことがないように気をつかっています。
全国にクラブチームが増えるとローカル大会を開催できるようになって、地域対抗もできるように。
拠点があちこちにできて、行き来ができると楽しさも広がります。
逗子VS大阪は計画中です。
ご当地ものを勝ったチームがもらえるとか、面白いですよね!

逗子だから生まれたラケット♡

逗子だから生まれたラケット♡

逗子だから生まれたラケット♡

木の素材を変えると音が変わるんです。
音が心地いいという反面、
この音がノイローゼになりそうだという人もいるので、
音のあまりしないラケットを逗子の職人さんと一緒に
試行錯誤しながら開発してます。
音の小さいもの、反発がいいもの、穴を空けて軽量したり、
柄のカスタムオーダーも!
いずれは、逗子の工房で切り抜くところからいっしょに作る、
そんな楽しみ方も考えられます。

逗子を日本一に!

逗子を日本一に!

逗子を日本一に!

親子で参加して子どもが興味をもち、
そこから学校でクラブにしたいという声も。
逗子の学校でフレスコをとりいれてもらえれば、
有力選手が育つとこも期待できるし
「逗子出身の選手が日本一になる!」も夢じゃないと思ってます!

穴や柄のカスタムも/練習帰りに日焼けで痛い思いをせずに帰れますように…

穴や柄のカスタムも/練習帰りに日焼けで痛い思いをせずに帰れますように…

穴や柄のカスタムも/練習帰りに日焼けで痛い思いをせずに帰れますように…

関西で活動を行うキーマンにインタビュー

関西で活動を行うキーマンにインタビュー

関西で活動を行うキーマンにインタビュー

大阪を拠点にフットワーク軽く
フレスコの楽しさを広める。
GVK副代表やましょーさん

右:GVK副代表 山下 祥さん 
左:パートナーの岸田 直也さん

ロゴ

Grêmio Vento(GVK)
フレスコボール関西は、
桜ノ宮ビーチ・奈良 
西谷近隣公園などで
「楽しいが生まれる」活動中!

Facebook:@kansai.frescoball

大阪はちょうど真ん中、フットワーク軽く!

大阪はちょうど真ん中、フットワーク軽く!

大阪はちょうど真ん中、フットワーク軽く!

今年からスタートしたクラブですが、
関西は練習する場所がない・相手がいない・環境が整っていなくても…
やれるんです!
逗子の例から学んで、花見フェスでミニゲームを開催したり、
ローカル大会も実現させました。
高知・九州のクラブもできているので、地理的に真ん中の僕らがフットワーク軽く動いていきたい。

フレスコは野球好きの関西人にぴったり!?

フレスコは野球好きの関西人にぴったり!?

フレスコは野球好きの関西人にぴったり!?

敵対心や闘争心よりも優しさが武器になるスポーツですから、
相手に対する思いやりを言葉でも表現できる関西人にはぴったりですね。
あとは、野球をやっていたので、野球経験者には、
ディフェンスは「バント」、アタックは「ゲッツー」とわかりやすく例えて教えてます。
やみつきになる打球音は、ずっと芯で打つという連続の気持ち良さがあります。
フレスコは打ち負かすのではなく、
相手の「とりやすいところ」に返すので、
野球のキャッチボールと一緒なんです。

大会で結果もついてくれば、頑張ろうって/経験者とペアを組んでラリーの楽しさが体験できる!/汗をかいても落ちにくい日焼け止めがオススメ

大会で結果もついてくれば、頑張ろうって/経験者とペアを組んでラリーの楽しさが体験できる!/汗をかいても落ちにくい日焼け止めがオススメ

大会で結果もついてくれば、頑張ろうって/経験者とペアを組んでラリーの楽しさが体験できる!/汗をかいても落ちにくい日焼け止めがオススメ

編集後記

フレスコを通じて
「相手を思いやること」ができる。
手軽にはじめられるこのスポーツが、地域の活性化にもなって、
親子のコミュニケーションや大切な人との絆を深める術となるなんて!
日本でフレスコのある生活があたりまえになる日も近いのでは?
とワクワクしました!

アスリズムは「フレスコボールジャパンオープン2019」の
オフィシャルスポンサーになりました。
2019年8月24・25日に三浦海岸で開催します。

ホッケー女子日本代表『さくらジャパン』に密着!過酷であるほど、魅力が増すスポーツ。

ホッケー女子日本代表『さくらジャパン』に密着!過酷であるほど、魅力が増すスポーツ。

ホッケー女子日本代表『さくらジャパン』に密着!過酷であるほど、魅力が増すスポーツ。

詳しくはこちら

2018年アジア競技大会優勝、世界ランキング14位。

2018年アジア競技大会優勝、世界ランキング14位。

2018年アジア競技大会優勝、世界ランキング14位。

炎天下、遮るもののないピッチで戦う
さくらジャパンは、
どんなに過酷な環境でも笑顔を絶やさず、
和気あいあいと日々の練習をこなしている。

彼女たちの強さの秘密を探るべく、
過酷な練習&試合に密着!

選手たちのインスタグラムは こちらから!

どんなスポーツ?何が魅力?ホッケーの魅力&過酷度調査!

どんなスポーツ?何が魅力?ホッケーの魅力&過酷度調査!

どんなスポーツ?何が魅力?ホッケーの魅力&過酷度調査!

まだあまり認知度が高くないホッケー。
でも実は、過酷であればあるほど
魅力が増すスポーツなんです。
その魅力&過酷度を
徹底調査!


協力:日本ホッケー協会

  • 年間の日やけ止め購入額は基本¥10,000以上!

  • スピードは200km!?シュートがチーターよりも早い。/スピーディーな反面、全員1度はケガをする…。/日やけ止めは、顔・体用分けるのが基本。/遮るものナシ×人工芝で上からも下からも日差しが注ぐ。

  • ホッケー歴は?/半数以上の選手がスティックは17本以上も買い替え!/チームプレイだから仲良く高めあえる!/スコートとソックスの間のスキマ焼けはキホン。。

  • スコート×ノースリーブのユニフォームがかわいい♡

スピンオフMOVIE

スピンオフMOVIE

スピンオフMOVIE

スティックにカメラをつけてみたら…?

編集後記

取材するまであまり知らなかった
ホッケーというスポーツ。

実際の試合を目の当たりにすると、
シュートはガンガン入って気持ちいいし
目にもとまらぬ速さでパスが回るし、
見ていて本当に飽きない!
気づけばすっかり虜になってしまった。

仕事にホッケーに
二足のわらじをはきながら
頑張る選手たちを応援しに、
みなさんもぜひ!見に行ってみて。

  • 女子日本代表チーム「さくらジャパン」

  • TEAM KENS

  • 一般社団法人 日本サップヨガ協会

  • 一般社団法人日本フレスコボール協会

  • 環境ストレスから肌を守る アウタースキンラボ

    環境ストレスから肌を守る アウタースキンラボ

    環境ストレスから肌を守る アウタースキンラボ

Page Top