洗ったのにクサイ…

洗ったのにクサイ…

洗ったのにクサイ…

ニオイの原因は?

原因は、落としきれなかった「蓄積臭」。

乾いていると気にならないのに、お風呂あがりに体をふいたり、顔をふいたり、水にぬれるとイヤなニオイが・・・・。
そんな「ニオイ戻り」の原因は、洗剤だけでは落としきれない「蓄積臭」。
衣類やタオルに残ってしまった汚れに菌が働き、ニオイの元となります。
特に、湿度や気温が高くなる夏場は要注意。
菌が増殖しやすく、イヤなニオイも発生しやすいのです。
※ 硫黄化合物などの悪臭原因物質

原因は、落としきれなかった「蓄積臭」。

予防&解決策

毎日のお洗たくに、キャップ1杯!

ニオイ予防におすすめしたいのが、洗剤と一緒に、ワイドハイターEXパワーを洗たく機に入れること。
いつものお洗たくにキャップ1杯入れるだけで、洗剤だけでは落としきれない汚れやニオイまですっきり。
しっかり消臭することで、柔軟剤の香りがひきたちます。
また、抗菌成分配合だから、菌の増殖や菌移りも防いでくれます。

毎日のお洗たくに、キャップ1杯!

ひどいニオイには、つけおきが効果的!

ひどいニオイを落とすには、つけおきが効果的。
かぬるま湯に、洗剤とワイドハイターEXパワーを溶かし、ニオイが気になる衣類を約30分浸します。
その後、他の洗たく物と一緒に、通常どおりお洗たくすれば、ひどい汚れも、ニオイもスッキリ!
※生地を傷めたり、色落ちすることがあるので、2時間以上は浸さないでください。

ひどいニオイには、つけおきが効果的!

ニオイを防ぐ、洗い方干し方のポイント!

洗濯物をつめこみすぎない!

洗たく物が多すぎると、洗たく槽の中で衣類がうまく回らず、汚れやニオイが落ちにくくなります。
洗たく物量は、洗たく槽の約7~8割を目安に。

洗剤は適量を!

洗たく物量に対して、洗剤が少ないと、汚れやニオイが十分に落とせません。
パッケージ裏の使用量の目安にしたがって、適量を使うことが大切です。

すすぎは水道水で!

お風呂の残り湯を、洗うときに使うのはOKですが、すすぎではNG。
残り湯の汚れや菌が洗たく物についてしまうので、すすぎは必ず水道水で。

干し方を工夫して、なるべく早く乾かす!

干し方を工夫して、なるべく早く乾かす!

干し方を工夫して、なるべく早く乾かす!

湿った衣類は、菌が繁殖しやすいので、なるべく早く乾かすことが大切。
干すときは、衣類に風が通りやすいよう、にぎりこぶし1個分、すき間をあけるのがコツ。
部屋干しするときは、扇風機やサーキュレーターを使って、洗たく物に風を当てると、より速く乾きます。

干し方を工夫して、なるべく早く乾かす!

バスタオルをピンチハンガーに干すときは、ジグザグにすると、風通しがよくなります。
厚手のジーンズなどは裏返しにして、ピンチハンガーで筒状に干すと均一に早く乾きます。

  • 気づいたら黄ばみ・黒ずみが…

Check
Share to Facebook Share to Twitter More...
Page Top