Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

服のミストについて、よくあるご質問Q&A

もっと知りたい「スタイルケア服のミスト」についての質問にお答えします。

使えるものについて
使えるものについて
安全性について
安全性について
安全性について

ANSWER

使えるものについて

どんな衣類にも使えるの?
絹・レーヨンなど水に弱い繊維や、革・毛皮・人工皮革・和装品などには使えません。また、ビーズ・刺しゅう部分、色落ち、シミの心配があるもの、水洗い不可の表示があるもの、防水加工してあるものは、あらかじめ目立たないところで試してみましょう。
ドライマークの衣類には使えるの?
使えます。
防水・撥水加工、UV加工などされている布製品には使えるの?
衣類の取扱い絵表示を確認後、あらかじめ目立たないところで試してください。また、防水・撥水加工がされている衣類では、継続的なスプレーの使用によって、防水・撥水加工の効果が十分に得られなくなる場合もあります。
素材によって効果の差はあるの?
綿、ウール等天然素材の方が効果はあらわれやすいです。ポリエステルは元来シワがつきにくく、とれにくい素材なので、綿、ウールと比較するとシワ除去効果はやや落ちます。
スカートのプリーツやスーツの折り目はとれてしまわないの?
特殊な加工をしたものはとれません。クリーニングの折り目加工も同様です。アイロンでつけた折り目は、シワと同様にとれる可能性があります。
トップヘ戻る

使用方法について

1着につき、どのくらいスプレーすればいいの?
同じ箇所には1、2回スプレー。ジャケットならば1着あたり 10〜20回が目安です。
1本で何着分くらい使えるの?
スーツのジャケットならば、約30着分使えます。
シワがとれるまでの時間はどのくらい?
30分から1時間ほどかかります。
着たままの状態でスプレーしていいの?
着たままの状態では、シワ除去効果が十分に得られませんので、スプレーしないでください。
ハンガーにかけた状態でスプレーし、完全に乾いてから着用しましょう。
お洗濯後、干すときにスプレーしたらシワはとれるの?
とれます。ただし、ぬれた状態よりも乾燥した状態の方が、効果があらわれるスピードが早いので、お洗濯後に使用するときは、乾燥後にお使いになることをおすすめします。
トップヘ戻る

安全性について

スプレー後、衣類に剤が残ることで体に影響はないの?
「スタイルケア服のミスト」には、安全性が確認された成分のみを配合していますので、安心してお使いいただけます。
ただし、エタノールが含まれているので、剤が直接肌にかかると、まれに刺激を感じる方がいらっしゃいます。
直接肌にふれる衣類に使っても平気なの?
安全性が確認されている成分を配合しているので、安心してお使いいただけます。
スプレーしたとき、フローリング床に剤がつくことで、床がすべりやすくならないの?
剤が床についてもすべりやすくなるということはありませんが、ぬれているとすべる場合がありますので、すぐに拭き取るようにしましょう。
トップヘ戻る

使えるものについて

衣類にスプレーの香りがついてしまうことはないの?
スプレーしたときは、さわやかなグリーンフローラルの香りがしますが、乾いた後に香りが残ることはありません。
スプレー後、シミになったりしないの?
なりません。ただし、食べこぼしなどの汚れや、汚れのひどいものは、あらかじめ取り除いてからお使いください。
汚れが原因で、輪ジミになることがあります。
衣類がごわついたり、風合いを損ねてしまうことはないの?
のりのように固めてシワをとるのではなく、繊維と繊維をすべらせてシワをとるので、ごわついたり、風合いを損ねてしまうことはありません。
スプレーを繰り返していくうちに、シワがつきにくくなるの?
シワを取り除く効果は、蓄積されません。また、お洗濯をすることで剤はとれますので、シワがつきにくい状態をキープすることはできません。
トップヘ戻る

効果について

シャツなど、アイロンをかけなくてもきれいにシワがとれるの?
シワはとれます。しかし、圧力をかけてのばすわけではないので、アイロンほどピシッとした仕上がりにはなりません。
どんなニオイに効くの?
衣類についた体臭やタバコ、食べ物臭など、さまざまなニオイに効果を発揮します。
「スタイルケア服のミスト」は服専用ですので、とくに体臭に高い効果を発揮します。
なぜ、スプレーするだけでシワがとれるの?
スタイルケア独自の「繊維潤滑成分」が、乾くまでの間に繊維1本1本をなめらかにととのえることでシワをとります。
時間が経ったシワやニオイもとれるの?
シワのとれやすさは、時間よりもシワの深さによります。深いシワをとるには、通常よりもやや多めにスプレーするのがポイントです。
ニオイについても、繊維の奥まで浸透するので、時間が経っていても効果を発揮します。
この場合も、通常よりやや多めにスプレーすることがポイントです。
トップヘ戻る
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...
Copyright © Kao Corporation. All rights reserved.
Kao Group