Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

花王カスタマーマーケティング株式会社
Kao Customer Marketing Co.,Ltd.

営業職採用サイト

内定者アンケート

Q1 どんな学生時代でしたか?

マーケティングのゼミで広告代理店様との産学連携プロジェクトに参加し、社会人・学生・主婦ら140人にアンケートを実施しました。アンケート回収作業には苦労しましたが、今後に役立つ貴重な体験でした。また、高校卒業時から続けていたキャラクターグッズ販売のアルバイトでは、本部主催の顧客満足度調査で、なんと54店舗中1位を獲得! この仕事経験で、気配りや提案力といったスキルがぐんと磨かれたような気がします。

体育会アメリカンフットボール部に所属し、週6回のハードな活動に励んでいました。練習が終わった後も夜遅くまでミーティングを行うなど、毎日がとてもアクティブでしたね。授業と部活動を両立することは簡単ではありませんでしたが、仲間との関係づくりやスケジュール管理などがしっかりとできるようになり、今でも大いに役立っています。

「ひと味違った大学生活を経験したい!」という思いがあり、日・中・韓30人の学生と2年間、共同生活をしながら、互いの国を移動留学するプログラムに参加しました。日本では3ヵ国語が飛び交う中で、たまにケンカをしながらでしたが、共同生活はとても楽しかったです。中国・韓国滞在時には両国の学生とグループ発表に取り組み、現地の人々と積極的に交流しました。当時の友達とは今でも海を越えて頻繁に連絡を取り合っています!

薬学部ということもあり、毎日1限から6限までビッシリと授業と研究活動がありました。課題やレポート、実験に追われ慌しく過ごしていましたが、共同作業に取り組んできた仲間たちとともに達成感を味わう貴重な経験をしました。また、実験をする中で、準備を完璧にしておくことや時間厳守など、当たり前だけれど、なかなか実践できずにいたことを身につけ、人として成長できたかなと思えた学生時代でした。

Q2 花王CMKに興味を持ったきっかけは?

漠然と生活必需品メーカーを志望していたのですが、花王CMKの学内セミナーに参加したときに、家庭で使われている花王製品の多さを知って驚きました。暮らしを豊かにするトイレタリー業界、そして花王という企業の魅力に一気に引き込まれました。花王グループ内で製品をお客様に届ける役割を担う花王CMKには、大きなやりがいと可能性を感じ、この会社をもっと深く知りたい、働きたいと思うようになりました。

メーカー志望からもっとエンドユーザーに近い場所で仕事をしたいと考えるようになり、小売業界にも就職活動の幅を広げていくうち、“メーカーと消費者・小売業をつなぐ”花王CMKというユニークな企業の存在を知りました。そして、説明会などを通じて企業研究を重ねていく中で、私が描いていた仕事像と実際の仕事内容が一致。これが花王CMKへの入社を目指す、大きなきっかけとなりました。

大学のゼミで「マーケティングに強みを持つ企業」として、花王グループを取り上げたことがきっかけです。そして花王グループには、「花王CMK」という営業に特化した企業があるからこそ、自社製品のよさを消費者に正しく伝え、消費者を理解した販売戦略を立てることができることを知りました。日常生活に欠かせない製品を、消費者に近い立場から届けたいと考えていた私にとって、花王CMKの存在は魅力的だと感じました。

ドラッグストアでのアルバイトで、花王CMKの方と出会ったことがきっかけです。その方は社員さんだけでなく、アルバイトの私にも気さくに接してくださり、製品や仕事のことなどをいろいろと話してくれました。そのやりとりをきっかけに興味が高まり、自分も一員となって魅力的な店舗づくりにつながる営業をしたいと思うようになりました。また、花王には、さまざまなカテゴリーに強いブランド力を持った製品があることにも強く惹かれました。

食品業界を中心に就職活動を進める中、次第に人が生きていく上で不可欠な“健康”という側面からお客様の笑顔に貢献したいと考えるようになりました。特に興味を持ったのが、玄関から寝室まで、あらゆる場面で健康を支えるトイレタリー業界です。そして、その業界のトップとして、より多くのお客様の日々の暮らしに貢献し続ける花王。その一員となって「活きた営業をしたい」と思ったことがきっかけです。

Q3 花王CMKのTALKセッション(会社説明会)の感想を教えて!

これまで参加したどの説明会よりも社員の方々との距離が近いアットホームな説明会でした。学生からの質問一つひとつに丁寧に答えるだけでなく、時には期待以上の答えや導きを与えてくださり、そのコミュニケーション力や論理的思考力の高さには圧倒されるばかり。花王CMKへの理解が深まると同時に、私も将来はこんなすてきな社会人になりたいと強く思いました。それから、説明会を円滑に進められるように、社員全員が丁寧かつスピーディに対応されていたのも好印象でした。

花王CMKを支えるストアアドバイザー、アカウント担当、マーケティング担当、流通開発担当の方それぞれと直接話すことができ、とても有意義で楽しい時間を過ごしました。特に、一日の仕事の流れやキャリアステップについては具体的なエピソードを交えて教えてくださったので、入社後の自分のキャリアを想像しやすかったです。また、社長からのメッセージ動画を通じて、今後の会社の方向性をより明確に知ることもできました。

花王CMKで働くことの魅力や成功体験だけでなく、仕事の難しさや厳しさ、企業としての今後の課題なども率直に話してくださいました。ホームページだけでは分からない、先輩社員の“リアルな声”を聞くことができる良い機会だったと思います。また、比較的年齢の近い社員の方々が目立ち、若手や女性の方の活躍ぶりが感じられました。お話の中に、就職活動そのものに役立つトピックが散りばめられていたことも嬉しかった!

現場で働く社員さん方の生の声には、ホームページやパンフレットから読み取れる以上の“熱さ”がありました。特に印象的だったのは、自社の生理用品について熱心に説明する男性社員の姿。ご自身では実際に使うことのないものについて、なぜここまで熱く語れるのか。それは本当に仕事が好きで会社が好きだからこそだと感じ、私もいつか自分の仕事を熱く伝えたくなるような働き方をしたいと心から思いました。

Q4 花王CMKのグループディスカッションの感想を教えて!

他社と違い、資料やデータを用いた仕事体験型のディスカッションで非常に面白い内容でした。「提案型営業」と聞くだけではなかなか具体的に働くイメージが湧かなかったのですが、このディスカッションで、私のやりたい仕事が花王CMKにあると強く再認識することができました。また、参加者がさまざまな地域から集まっていたので、地域独自の考え方などの発見もあり、多彩な仲間がいる職場にも魅力を感じました。

ディスカッション後に、グループごとに担当の社員さんからフィードバックがあるため、仕事への理解を深めながら、実際に働いている方の見解を知ることができました。企業が一方的に学生に課題を与えて評価するのではなく、グループディスカッションを通じて学生に仕事内容をしっかりと理解してもらいたいという想いも強く感じました。自分に足りない見方を発見することで自分の成長を感じ、とても嬉しかったです! また、心強い先輩がいるということも感じられ、私もこの会社で働きたいという気持ちが強まりました。

会社説明会や企業研究によって志望職種の仕事内容をかなり理解していたつもりでした。ところがこのディスカッションに参加することで、仕事のもっと現実的な部分や、さまざまな視点を持つことの必要性を知ることができ、とても貴重な体験となりました。グループ討論を通じて、さまざまな人のさまざまな意見や考えを聞き、自分とは異なる切り口のアプローチ方法を学ぶことができました。

初めて見る資料やデータに戸惑い、どのように討論を進めていけばよいのかはじめは不安でしたが、意欲的な学生が多く良い雰囲気の中で、お互いにさまざまな意見を出し合いながら一つの提案を練り上げていくことができました。限られた時間の中で密度の濃い提案をすることは難しかったけれど、そのやりがいの大きさは格別でした。これから自分が携わることになるかもしれない花王CMKの営業という仕事の奥深さに、ますます魅力を感じました。

Q5 花王CMKへ一緒に入社する同期の印象を教えて!

体育会系から文化系、理系まで、さまざまな得意分野を持つ人たちが集まっていて、とてもにぎやか! 一見すると方向性の異なる個性豊かな集まりのようではありますが、根っこにある真面目さや優しさはみんなに共通していることだと感じています。そういったところで気が合い、出会ってすぐにみんなと馴染むことができました。これからは、友人でもありライバルでもあるので、切磋琢磨しながら仕事に打ち込んでいきたいと思います。

ひと言で表すなら「ON/OFFがはっきりしている」という印象です。 そうした人たちがつくり出す空気感のおかげで、同期全体の意識が高まり、一つの目標に向かって全力で突っ走っていける雰囲気を感じています。すでに連帯感が芽生え始めている仲間たちと励まし合い競い合いながら、製品を通じてさらに質の高い生活環境づくりに貢献していきたいと思います!

「一緒に頑張っていこう!」という前向きな気持ちを持った人がたくさんいると感じました。みんな、働くことに対してとても意欲的なので、私自身のモチベーションもつられて急上昇。頼りになる新しい仲間たちができ、これからの会社生活がさらに楽しみになりました。また、全国各地からさまざまな人たちが集まっているので、異なる価値観にふれることができる点にも魅力を感じています。

最も強く感じたのは「負けず嫌い」な人が多いこと。これは決して悪い意味ではなく、周囲との調和を大切にしながらも、「自分」をしっかりと持っていることの表れだと思います。また、自分の立ち位置を理解し、その役割を果たせる人たちだという印象もあります。親しみやすく、笑顔の絶えない同期とともに、お互いに刺激し合い、切磋琢磨する日々が今から待ち遠しいです。

一人ひとりがとても明るく親しみやすい雰囲気を持っていると感じました。 また、どんなときも前向きに物事に取り組み、最後までやり抜くことができるたくましさも備えていると思います。これからパワフルな彼らとともにたくさんのことを経験し、成長していくことができると思うととても楽しみです!

Q6 花王CMKの社員について、他の会社とはちょっと違うなと感じたところはありますか?

若手社員からベテラン社員の方まで世代関係なく、製品に強い愛着を持ち、意欲的に仕事に取り組んでいるという印象を受けました。消費者・小売業の方々のため、そして花王のブランド育成のために全力を尽くす姿には、他社の社員さんよりも強い輝きがあると思います。また、どの方も自分の仕事に誇りとやりがいを持ちつつも、謙虚さを忘れず、常に自分を客観視しながら、さらにステップアップしたいというポテンシャルに溢れていました。

社員の方は、相手がカスタマーであれ学生であれ、その「人」自身をしっかりと見ていると感じました。選考過程においても一就活生に対し、対等に接して下さっていたのが印象的でした。選考会場で待っていると「これから選考?頑張ってね!」などと気さくに声をかけてくださいました。カスタマーと近い距離にある花王CMKならではの、相手の話を聞く力や企業理念が社員一人ひとりに浸透していると感じると同時に、自分もそのようになりたいと憧れを抱くようになりました。

花王CMKの社員の方が他社と違う印象は、大きく二つあります。一つは、明るさです。社員の方自身が明るく輝いて感じるのはもちろん、私をも明るくさせてくださる魅力的な方が多数いました。相手も明るくさせる力は、営業活動の現場でも活きているのだろうと感じました。二つ目は、前向きさと自信です。伝統ある会社でありながら、新しいことや別のやり方を考えようとする前向きな姿勢はとても格好良いと思いました。また、会社、製品、仲間、そして自分に自信を持って仕事に取り組んでいるようにも感じました。私も、将来はこのように思われる社員へと成長したいです。

面接の際に、会社や仕事の良いところだけでなく、仕事の難しさも教えてくださったところです。入社後に仕事をする上で大きなギャップを感じないよう、学生一人ひとりに丁寧な選考をしてくださっているのが伝わってきました。私自身、こういった社員さんの「嘘のない」対応に、私のこれからの人生をかける決心がつきました!!

他社と比較すると、花王CMKの社員の方には2つの特徴があると感じました。1つ目は、女性社員が幅広い分野で活躍していること。日常生活に身近な花王製品だからこそ、女性ならではの視点や意見が活かされる場面も多いのだと思います。2つ目は小売業様への想いです。グループディスカッションやOBOG訪問を通じて、小売業様とのパートナーシップの強さは花王CMKならではだと思いました。

Q7 花王CMKの仕事について、他の会社とはちょっと違うなと感じたところはありますか?

花王CMKならではの強みは、“地域に根ざした売場づくり”にあると思います。説明会や社員の方々のお話を聞いて、卸業者を介さないからこそ、自分の足を運び、自分の目で確かめたことをもとに、その地域、その店舗、その営業担当にしかできない売場づくりがあるということがよく分かりました。私も自分なりの営業スタイルを持ち、私にしかできない売場をご提案していきたいと思います。

会社や部門、職種を越えてチームプレーを行うところです。私が持っていた営業のイメージとは違い、一つのブランドを世に出すためにさまざまな部署を巻き込んで提案活動をし、信頼関係を構築していく営業スタイルが非常に印象的でした。花王グループ最大の強みは、それぞれの組織が協力し合って製品をお客様の元に届けることができる点であり、そこに大きなやりがいや魅力を感じます。

自分が提案した売り場がスピーディに実現できるなど、他社に比べて営業担当が活躍できる範囲や規模が大きいと感じています。また、卸業者を介さない独自の販売ルートや膨大な購買データ、そして何より長年の信頼、高品質の製品があるからこそ、営業は思い切った提案ができるのだと思います。提案の成功は自信と成長を促し、さらに取引先からの信頼度も増す。よきモノ、よき人、よき関係による理想的なサイクルが花王CMKの営業にはあるのでしょう。

私が魅力を感じているのは、社員の方々が「花王ウェイ」を徹底的に実行していること。特に、現場を知り、現場を大切にする“現場主義”や、“消費者起点”に基づいて3winの関係をつくる提案型営業には大きな共感を覚えました。また、基本となる価値観にある“絶えざる革新”という言葉については、お会いした社員の方全員が念頭に置いて働いておられたので、この考え方は会社の隅々にまで浸透しているのだと思いました。

何といっても、徹底して、市場データ活用に基づく営業活動を実践している点です。製品の提案や販売方法の提案などを円滑に行うためにはご販売店様との信頼関係を築くことが重要ですが、確かな根拠がなければ先方の納得を得られませんし、何より自信を持って提案することができません。花王CMKは、徹底した市場データ活用により根拠を導き出し、信頼のおける提案ができるという点で他社よりも優れていると思います。

Q8 花王CMKで挑戦したいことを教えて!

花王の「顔」として、お客様から信頼される営業を目指したいです。私は、営業とは“モノを売る”仕事ではなく、“ヒトで売る”仕事だと考えています。いくら良い製品を揃えていても、営業担当の信頼感や態度ひとつで、売れ行きは大きく変わるはず。私は「足で稼ぐ営業」を持ち味として、常にお客様・ご販売店様とより近い距離に身を置き、関わりある人たちから信頼され、愛される社員になりたいと思っています。

将来は、 花王CMKの営業の中枢を担う社員になりたいと思います。先輩方からの教えは基礎として大切にしながらも、与えられたことをただ忠実にこなすだけでなく、常に自分なりの提案を担当店舗様のために考え、努力していける存在を目指したい。そのためにも、若いうちから規模や責任の大きな仕事を少しでも多く任せてもらえるよう、さまざまな仕事に積極果敢に挑戦していきたいと思います。

花王製品をめぐる“想い”に誰よりも敏感な社員になりたいと思っています。花王CMKの役割は、製品づくりに携わったすべての花王グループ社員の想いを店頭で実現し、お客様にお届けすることです。私たちの想いは、やがてご販売店様、購入してくださるお客様の想いと重なり合っていきます。これら3つの想いを誰よりも敏感に感じとり、最適な提案ができる社員となり、花王グループに大きく貢献できるよう努力していきたいです。

花王製品のブランド力に頼ることなく、製品を消費者にお届けする者として、お客様から認めていただけるようになりたいと思います。花王製品の質の高さや魅力には定評がありますが、それだけに頼ることなく、営業戦略を練り、自分らしい、自分だからこそのセールスプロモーションを展開したいです。地道に努力を積み重ね、花王製品の良さを広く伝えられる営業を目指します!

私は、人々の日々の生活を支え、笑顔を引き出せるような仕事をしたいと思い、花王CMKを志しました。ストアアドバイザーやアカウント担当、マーケティング担当、流通開発担当など、できるだけ多くの職種を経験し、社内外の人たちから信頼され、頼られるような存在になりたいと思います。時には壁にぶつかることもあるかもしれません。しかし、それを乗り越える中で必ず成長し、多くのことを吸収していきたいです。

内定者の声はいかがでしたか?みなさんにお会いできるのを、楽しみにしています。採用担当一同

※このページの似顔絵は、ビオレママ顔メーカーで作りました。


Check
Share to Facebook Share to Twitter More...
Copyright © Kao Corporation. All rights reserved.
Kao Group