Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

花王カスタマーマーケティング株式会社
Kao Customer Marketing Co.,Ltd.

営業職採用サイト

よきモノを、一人でも多くの手に

データを冷静に分析し、想像を超える成果をもたらす。 東京東支店 ドラッグストア東京エリア担当 ストアアドバイザー(SA)/2015年入社 商学部卒

日常生活に欠かせないものを仕事に。

大学時代は、ゼミ活動で環境問題について深く学びました。研究成果を海外の大学や企業でプレゼンテーションを行うという目標を実現するために、メンバーと議論し続けた日々は私の財産です。また、ゼミ活動で世界中の環境問題を調べていくうちに、その人々の生活を支えるような仕事に就きたいと考えるようになりました。そのため、就職活動では生活に欠かせない食品や日用品を扱うメーカーを志望。さまざまな企業を調べていく中で、花王グループは特にエコ活動に取り組んでいる企業だと知り、より興味を持ちました。花王カスタマーマーケティングを志望した理由は、お客様に一番近い場所で、花王商品を届ける役割を担いたいと考えたからです。現在はストアアドバイザーとして全国展開しているドラッグストアの東京エリアを担当しています。複数店舗を管轄するスーパーバイザー様と商談を行い、店舗規模や立地、客層などを分析し、ニーズにあった提案を行っています。

課題を見つけ、前年を大幅に超える売上を達成。

現在担当しているご販売店様のエリアは、私が担当になった際に店舗商談を行う体制になったため、当初は提案を快く受け入れてくださる環境ではなく、店舗担当者様との関係構築からスタートしました。世間話から始まり、ご販売店様のニーズを引き出すためにヒアリングとご提案を2ヶ月続けた結果、提案を受け入れてくださるまでに信頼関係を築くことができました。提案は、まず店舗の課題を見つけるところから始めます。秋冬の提案を考えていた時に前年の売上を確認したところ、寒くなり始める9月から12月にかけて大きく売上を落としていることがわかりました。原因は、冬物商品への切り替えがうまくできていないこと。すぐに原因をご担当者様と共有し、秋冬商品の早期店頭展開をすることで前年を大きく超える売上を作りましょうと「ニベア」の販売強化を提案しました。目標はエリア10店舗の合計売上を前年比110%にすること。最終の結果はまだですが、現段階で前年比120%を達成。良い進捗で進んでいます。この取り組みを通じて、スーパーバイザー様や店長様から「助かったよ。また別の提案も頼むよ」と言っていただくことができ、とてもやりがいを感じました。大事なのは、まず数字を見て、課題を見つけること。そこから商圏分析のデータをもとに、店舗ごとに客層を踏まえて季節に応じた提案や競合と違った提案をしていくこと。花王の商品を通じて店舗の売上に貢献する提案活動が、ストアアドバイザーの仕事だと実感しています。

現場に精通したアカウント担当を目指して。

今後の目標は、より大きな仕事ができるアカウント担当になることです。できれば、来年にはなりたいですね。アカウント担当はチェーンの本部と商談を行うため、売上や利益の管理はもちろん、今以上に競合商品の知識が求められます。だからこそ、今、一番現場に近い場所でストアアドバイザーとして活動できる期間が大切だと感じています。今のうちに花王製品だけでなく他社製品も学び、より多くの現場の声も聞いて成長していきたいです。また、チャンスがあれば国内だけでなく海外にも活躍の場を広げ、世界中の人々の暮らしを支えていけたらと思います。

ある1日のスケジュール

JOBトップへ


Check
Share to Facebook Share to Twitter More...
Copyright © Kao Corporation. All rights reserved.
Kao Group