Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

花王カスタマーマーケティング株式会社
Kao Customer Marketing Co.,Ltd.

営業職採用サイト

よきモノを、一人でも多くの手に

アイデアやデータを組み合わせ、新しい売り場を創っていく。 流通開発部 リテールマーケティンググループ 流通開発担当/2008年入社/経済学部卒

提案型営業のスタイルに感銘を受けた。

大学ではアルバイトを含め、学生時代にしかできない経験を数多く積もうと心がけていました。就職活動では「日常生活になくてはならない、衣食住に関わる製品を扱う会社」という観点から、様々な企業を回りました。入社を決めたきっかけは、会社説明会で花王カスタマーマーケティングの「提案型営業」というスタイルを知り、感銘を受けたこと。消費者の方々に満足していただけるよう、「自社製品を売るため」だけではなく、他社製品も含めた店頭展開を考え、提案するという姿勢に惹かれました。また、採用担当の方同士が話す雰囲気がとてもよかったのも印象に残っています。こういうと偉そうに聞こえるかもしれませんが、社内で協力し合い、会社のことを理解してもらおうという意志が伝わってきて、好感を抱きました。きっと風通しがいい会社なんだろうなと思い、入社を決めたわけですが、やはりイメージ通りでした。入社後はストアアドバイザー(SA)、アカウント担当を経て、流通開発部に異動し、現在3年目になります。

アイデアが形になった時はうれしい。

現在の私の役割は、花王のマーケティング担当と連携しながら、アンケートやグループインタビューを通じて消費者の方々のニーズを探り、そのニーズに合わせた形で売り場展開を考え、提案するということです。主に洗濯用洗剤や掃除用品などのファブリック&ホームケアの分野を担当しています。お客様は商品陳列棚のどこをいちばん見ているかなどの実験・調査を繰り返し、そのデータをもとに売り場を設計するといった試みも行っています。およそ半年から1年間かけて売り場を開発していくわけですが、その過程では花王の製品開発担当と事業ユニット、私たち流通開発担当の意見が合致しないことも多々あります。三者三様の意見をまとめ、消費者の目線で考えた売り場や売り方を開発していくのは決して容易なことではありませんが、その分、達成したときのやりがいも大きいです。たとえば、年2回、小売業様を招いて、売り場、売り方などを提案する展示会があります。その場でアイデアを具体的な売り場展開の形にして展示するのですが、その場で「こういう見せ方があったんだ」「こういう売り方いいね」と言っていただけるのはもちろん、その後店舗への導入が実現し、小売業様の売上アップに貢献できたというときがいちばん嬉しいですね。ときには自分のアイデアがなかなか理解してもらえず、落ち込むこともあります。でも、自分の意見も周囲の考えも100%正しいとは限りません。意見は意見として受け入れながら、さらなる良策を探り、対案を出していく。多少のことではへこたれず、前に進んでいくポジティブさが求められる仕事でもあります。
花王株式会社の各事業部を指す。

新しい売り場を創っていきたい。

目標は消費者の方々や小売業様のニーズの変化に柔軟に対応し、常に最良の売り場を提案することです。そのためには、担当している分野に限らず、話題の売り場があれば見に行くといったフットワークの軽さも欠かせません。また、社内外の方々とコミュニケーションをとることがヒントになることもあります。たとえば、現在進行中のプロモーション企画のひとつに、スマートフォンや最新のデジタル技術を活用したものがあるのですが、それは後輩からのひとことがきっかけ。ちょうど半年前ぐらいに提案し、今まさに実現しようとしています。自分ひとりの発想には限界がありますから、自分にはない発想を持っている人とも積極的に関わり、お互いを刺激し合い、新しい売り場を創っていきたいと考えています。

ある1日のスケジュール

JOBトップへ


Check
Share to Facebook Share to Twitter More...
Copyright © Kao Corporation. All rights reserved.
Kao Group