Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

花王カスタマーマーケティング株式会社
Kao Customer Marketing Co.,Ltd.

営業職採用サイト

よきモノを、一人でも多くの手に

お互いがWin-Winになる企画を考え抜く。チェーンストア部門アカウント担当/2004年入社/経済学部卒

提案型営業の話を聞き、まさに「ここだ」と思った。

就職活動を始めたばかりの頃は具体的な仕事のイメージがなかなかわかず、様々な業界の会社説明会に足を運びました。スーパーやコンビニエンスストアでのアルバイトを経験していたこともあり、それを活かせる業界も受けたものの、いざ最終面接まで進んでみると、本当にこのまま就職していいのだろうか……と迷ってしまう始末。花王カスタマーマーケティングと出会ったのはちょうどその頃でした。会社説明会で「提案型営業」の話を聞き、自分がやりたい仕事はまさに、この提案型営業なのではと思えたのです。人と話すのは好きなほうでしたし、何より自分たちの利益だけを追い求めるのではなく、製品を仕入れてくださる小売業様の利益を第一に考え抜くという姿勢に惹かれました。入社後は店舗への営業を担当するストアアドバイザー(SA)として経験を積んだ後、担当チェーンの窓口を担う「アカウント担当」として働いています。小売業様との取引の規模が大きくなると、同じアカウント担当でも、本部のバイヤー様と全国規模の取引をする担当と、その担当が決めた企画を各エリアでSAと連携して実現する担当の2つに分かれています。私の場合はまず、大手チェーングループの東北エリアにおけるアカウント担当を経験し、その後、東京に異動。東北時代と同じチェーン様の本部バイヤー様と全国規模の商談を行う仕事について2年目になります。

花王製品を並べる売り場スペースの確保に向けて。

アカウント担当は、自社のマーケティング戦略をふまえて、小売業様にどの製品をどのような売り場で、どのように消費者に伝えるのかを提案し、SAや他のアカウント担当に協力をあおぎながら実現していくのが主な仕事です。なかでも、「花王製品を並べる売り場スペースをしっかりと確保することで、来店されるお客様が必要とする製品を見やすく、買いやすく、選びやすいような状態を常に保っておくこと」は非常に重要な仕事だと感じています。たとえば、新製品の発売時に、小売業様から、「発売前に予告プロモーションを仕掛けて、他のお店との差別化を図り、発売直後の好調な売れ行きにつなげたい」といったご要望をいただくことがあります。その時は、そのまま受けるのではなく、そのプロモーションを実施するコストに見合った、いい売り場スペースを確保していただけるように交渉します。我々が目指すのは常にWin-Winの関係。その要望を受け入れると先方はもちろん、花王にはどのようなメリットがあるのかを関連部門にも徹底的にヒアリングし、先方にも考えてもらい、私自身も実現への道筋を考えます。小売業様のご要望に沿いながらも、お互いに納得がいく企画にたどりつくための重要なステップだと考えているからです。

常にポジティブに、モチベーションを保っていく。

入社以来、SAからアカウントへ、と役割は変わりながらも、大きな枠でいうと営業の仕事をやってきて、今年で11年目を迎えます。営業は入社したときからやりたいと思っていた仕事ですし、やりがいも感じています。同時に、営業としてさらにステップアップするためにマーケティングや流通開発といった他の部署も経験してみたいとも思っています。新しい役割を経験することで、視野が広がり、おそらく新しい発見もあると思うんです。ぜひ一度は担当して、そこで得た知見をまた、営業の仕事に活かしたい。
それから、私個人として大切にしたいのはモチベーションの維持。大きな商談を手がけるのは責任も重く、プレッシャーも尋常ではありません。ネガティブな発想になったら、あっという間に押しつぶされてしまうことでしょう。だからこそポジティブに、モチベーションを保っていきたい。結婚して子どもが生まれ、家族を守っていかなくてはならない立場になったことで、ますますその思いは強くなっているように感じます。

ある1日のスケジュール

JOBトップへ


Check
Share to Facebook Share to Twitter More...
Copyright © Kao Corporation. All rights reserved.
Kao Group