Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

花王カスタマーマーケティング株式会社
Kao Customer Marketing Co.,Ltd.

営業職採用サイト

よきモノを、一人でも多くの手に

花王CMKの仕事の流れ

花王グループは、研究開発から消費者の皆様の手に商品がわたるまでの流れを一貫して自ら行うことで、情報のスピード・質・量ともに、他社にはない強みが生まれる体制をとっています。そのプロセスの中で、花王カスタマーマーケティングは、花王と消費者をつなぐ「よきモノづくり」の最終段階という重要な役割を担っています。日々、各分野のプロフェッショナルたちが連携し、その役割を実現しています。

仕事の流れ 図

1マーケティング戦略の共有

花王からはマーケティング情報、商品情報、市場情報を、花王カスタマーマーケティングからは消費者情報、流通情報、商品評価情報を共有し合い、マーケティング戦略を立案。そして、様々な連携を行い「よきモノづくり」を実現しています。

2効果的な販売戦略を構築

花王のブランド戦略をベースに、担当する小売業様ごとの業態などの特性を踏まえ、効果的な販売戦略を構築します。

3データの提供やノウハウの開発

長年蓄積してきた消費者購買行動データや種々のノウハウをもとに売り場・売り方の研究開発をしています。小売業様が抱える様々な課題の解決に向け、効果・効率の向上を図る取組みをしています。

4アカウント担当を中心に販売戦略を立案

花王の戦略や市場の課題、さらには小売業様の方針を受けて、アカウント担当が中心となり、マーケティング担当や流通開発担当と連携をとって、年間・月間サイクルで小売業様ごとの具体的な販売戦略を立案します。

5チェーン本部とともに販売計画を立案

アカウント担当は小売業様の特性やニーズを把握し、小売業様と花王双方の売上・利益の目標達成に向けた販売計画をご提案。新製品を発売する際には、製品特徴・市場価値・売り場・売り方などの情報を小売業様にお伝えして、より具体的な販売計画につなげていきます。

6ストアアドバイザーと情報共有

アカウント担当は、ストアアドバイザー(SA)にチェーン本部で合意した企画を情報共有し、SAは店舗の状況(お客様の反応や売れ行きなど)をアカウント担当にフィードバックし、よりよい提案につなげています。

7店舗ごとの特性に合わせた提案

ストアアドバイザーは、店舗の特性を最もよく知る者として、アカウント担当がチェーン本部と合意した企画内容をもとに、担当店舗の地域、客層などの特性をふまえて、商品ごとの売り場、売り方等を提案します。

What's Kao CMKトップへ


Check
Share to Facebook Share to Twitter More...
Copyright © Kao Corporation. All rights reserved.
Kao Group