Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

社長メッセージ

カスタマーと共に感動する会社をめざして。

代表取締役 社長執行役員 竹内 俊昭

花王の原点は”よきモノづくり”

花王は120年以上の長きにわたり、一貫した“よきモノづくり”を通して、多くの皆様からご支持をいただいてきました。“よきモノづくり”は花王の原点であり、社員ひとりひとりの原動力です。今までも、そしてこれからも「清潔」「美」「健康」の分野で、さらに活動の範囲を広げていき、日本はもとより、世界の人々の“豊かな生活文化の実現” に貢献する会社をめざしたい。花王は、そんな想いを込めて企業活動を進めています。

花王カスタマーマーケティングの役割

“よきモノづくり”は、商品を開発・生産し、販売するだけでは完結しません。商品の持つ価値や使用方法、環境への取り組みといった情報を、小売業の皆様と協働して消費者のお手元に商品と一緒にお届けし、実際にお使いいただき、ご満足いただくまでが活動の領域となります。すなわち、花王カスタマーマーケティングは、花王と消費者をつなぐ“よきモノづくり”の最終段階を担っているのです。

カスタマー満足NO.1をめざして

私たちにとってのカスタマー(顧客)とは、商品をお使いいただく消費者の皆様と、商品をお取り扱いいただく小売業の皆様です。カスタマーの喜びや共感の声こそが、私たちの仕事の喜び・感動であり、新たな“ よきモノ ”を創り出そうとするエネルギー・活力そのものになります。「消費者起点」と「現場主義」の行動原則を基本に、提案型営業活動と心をこめたカウンセリング販売を通じて、カスタマー満足No.1をめざしています。
そして今、これまで日本国内を中心に築いてきた「お役立ち」の想いを原点として、海外にも活動の場を広げていきます。

未来に向かって

現在、私たちを取り巻く環境は、大きく変化しつつあります。経済成長の中心や構造の変化は加速度的に進んでいますし、消費者のみなさまのお買い物に目をむけても、新たな業態・形態の小売業様が増加するとともに、eコマースの急速な普及などもあり、その場面やスタイルはますます多様化しています。
さらに環境意識や健康志向の高まり、高齢化社会の進行などの社会的課題も増大しています。これらの課題に対して、価値ある製品の開発や売場・売り方提案を通して対応していくことが大変重要です。
また花王は、2009年に環境宣言を発表し、エコロジーを根幹に据えた企業活動を進めていく、という方針を打ち出しましたが、環境対応型商品の開発やその販売を通し、社会のサステナビリティに貢献していくことも大切だと考えています。
今後は、お買い物や消費の意識に対する新しい変化、社会的課題等へ個別に対応するだけでなく、それらを先取りし、新たな価値を創造していくという姿勢を持ち続けることが、さらに重要になってくるでしょう。
新たな価値を創造していくためには、これまでの常識にとらわれない新しい視点で物事をとらえ、幅広い知識やスキルを吸収しようとする意欲や、それを可能にするポテンシャルが必要です。また、パーソナルなスキルをチームの成果として発揮できるチームワーク精神を持ち、さらには国の内外を問わずビジネスを展開していくタフネスさ、そして何より、これからの企業発展に欠かせない強いリーダーシップが、より一層求められていきます。
日本はもとより、世界中のカスタマーの、豊かな生活文化の実現にお役立ちできる創造的な活動をともに進めてみたい、花王グループの一員としてぜひ一緒に成長したい、そんなチャレンジ意欲のある皆様一人ひとりとの出会いを大切にしていきたいと思います。


Check
Share to Facebook Share to Twitter More...
Copyright © Kao Corporation. All rights reserved.
Kao Group