排泄ケアの基本心得

「排泄」は、介護の中でも最もデリケートなことです。「できれば他人の世話になりたくない」という思いは、身体が不自由になっても変わりません。そのような介護を受けられる方の気持ちを少しでも理解するようにしたいものです。介護ではその方のお体の残存機能をいかすようなケアをすることが大切です。

ご本人のプライドを尊重しましょう。

まず、トイレで排泄ができるように、環境を整えることを考えてみましょう。生活の場所(寝室)をトイレの近くに移す、トイレに手すりをつける、和式を洋式に替える、ベッド近くにポータブルトイレを置くなど、可能な範囲で工夫することが大切です。また、介護するとき、おむつ交換は必ず声をかけてから始める、ポータブルトイレや差し込み便器などの使用時には陰部をバスタオルで覆うなど、介護を受けられる方への気遣いも忘れないでください。不愉快な顔をしたり、心ない言動には気をつけましょう。

なるべく身体を起こしましょう。

排泄は座位の姿勢をとったほうが容易になります。横になっていることが多い方でも、安静時を除き、なるべく上半身を起こすようにしましょう。褥瘡[じょくそう](床ずれ)*や拘縮[こうしゅく]*の予防にもなります。

  • * 褥瘡[じょくそう](床ずれ)
    寝たきりの場合に、腰骨など、骨が出っ張っている部分の皮膚が体圧によって血行不良を起こすもので、進行すると、皮膚とその深部の皮下脂肪や筋肉の壊死にまで至ります。こまめな体位交換や、陰部を清潔にしてムレ・カブレなどの皮膚トラブルを防ぐことが大切です。
  • * 拘縮[こうしゅく]
    寝たきり状態や、身体を動かさないことによって、手足の関節が固まってしまったり、変形するなどの症状。

感染症に気をつけましょう。

ご高齢の方は身体の抵抗力が落ち、感染症にかかりやすくなっています。尿路感染症*や褥瘡[じょくそう](床ずれ)に注意しましょう。おむつ交換時には肌の異常に注意し、陰部を清潔に保つようにします。また、排泄介護の前・後には、介護する方は手指をきちんと洗って清潔にします。

  • * 尿路感染症
    尿路(腎臓→膀胱→尿道)で起こる細菌感染症(膀胱炎、尿道炎など)で、おむつを使用しているとかかりやすくなります。陰部を清潔に保つなどによって予防することが大切です。

介護する方も、ご自身の体調管理を忘れないで。

排泄介護は、身体的にも精神的にも、介護する方に大きな負担がかかります。介護する方が健康を損ねて共倒れになってしまっては元も子もありません。困ったときは、お一人で悩みをかかえこまないで、ご家族あるいはケアマネジャー、看護師に早めに相談しましょう。

排泄障害はなぜ起こる?

ご高齢の方の排泄障害は、泌尿器官だけでなく、全身機能の低下が大きく影響します。

主な要因

  • 膀胱の萎縮
    →ためられる尿の量が少なくなる
  • 腎臓の機能低下
    →夜間の頻尿
  • 膀胱や尿道・肛門括約筋の筋力低下
    →失禁
  • 前立腺肥大(男性)
    →失禁・排尿困難
  • 骨盤底筋群のゆるみ(女性)
    →失禁
  • 慢性疾患(脳血管障害・心臓疾患・糖尿病・神経痛・骨粗鬆症など)
  • 知能障害(認知症)
  • 薬(利尿薬、降圧剤など)

男性と女性の泌尿器の違い

尿道の形と長さの違いが、そのまま起こりやすい排泄障害の特徴として現れます。

男性

尿道は15~25cmと長く、2ヵ所で曲がっています。膀胱のすぐ下には前立腺があり、その中を尿道が貫くような形で通っています。高齢になると、前立腺肥大を発症する方が多く、そのために尿が出にくくなります。

女性

尿道は3~4cmと短く、まっすぐ下に伸びています。くしゃみやせきをしたときに尿がモレやすいのは、このような尿道の形状も一因です(腹圧性尿失禁)。また、細菌が尿道から膀胱へと容易に侵入できるために、膀胱炎にかかりやすいのも特徴です。

排泄記録をつける

「トイレに連れて行くタイミングがつかめない」「使っているおむつが本人に合っているのかわからない」といったときは、排泄記録を2~3日間つけてみることをおすすめします。その方の排泄パターンが把握でき、トイレ誘導や使用するおむつのタイプ、おむつ交換のタイミングの目安がわかります。

尿量の計り方

紙コップなどを利用して計ります。おむつを使用している場合は、使用後のおむつの重さを計り、そこから使用前のおむつの重さを引いて算出してください。

生活アドバイス

症状を改善するためには、食生活や運動など、基本的な生活習慣を見直してみることも大切です。

便秘を予防しましょう。

食が細く、運動量も少ないご高齢の方は、腸のはたらきが悪くなって便秘しがちです。便秘をすると、膀胱が圧迫されて尿失禁の原因になります。繊維質の多い野菜や海藻類、ヨーグルトなどを積極的に摂って予防しましょう。最も便意が起きやすいのは朝食後。起き抜けに牛乳やジュース、お茶など、水分を摂るだけでも効果があります。歩行ができる方は散歩をしたり軽い体操をするなど、身体をなるべく動かすようにしましょう。

水分はこまめに摂りましょう。

身体が1日に必要とする水分は約1.5リットル。失禁があると、水分を控えがちですが、極端に水分が足りなくなると、脱水症状を起こして危険な場合があります。お茶などを用意して、こまめに摂取するようにすすめましょう。夜間にトイレに起きるのが心配な場合は、夕食後の摂取を控えめにします。

排泄用具を使用する目安

排泄用具は、お使いになる方のお身体の状態に合わせて選びます。ご本人に残された身体機能をなるべく生かすこと、さらに、介護する方の負担も考慮して選びましょう。

花王 リリーフ ふれあいダイアル

受付時間 10:00〜16:00(土・日・祝日は除く)

まずはお電話ください。専門の相談員が、
あなたのお悩み解決をお手伝いします。

  • * 相談は無料です。
  • * 病気についてのご相談はご遠慮ください。
Page Top