Japan
花王
花王の研究開発活動花王HOME






t-フラバノンの有用性

有用性の比較

20〜50歳代の男性型脱毛の男性131名に、1日2回30週間サンプル塗布を行ないました。その時の有用性を皮膚科の専門医が判定しました。
その結果、〈t-フラバノン〉配合品は75%という高い有用性が認められました。

〈臨床研究協力〉
昭和大学医学部 皮膚科 飯島 正文教授
東京女子医科大学 皮膚科学教室 川島 眞教授
自治医科大学医学部 皮膚科 中川 秀己教授


川島 眞教授

 東京女子医科大学 皮膚科学教室
川島 眞教授
川島 眞教授
試験の結果、「t-フラバノン」を含む製剤は、含まない製剤に比べて、明らかに、太く毛を育て、毛の数を増やすということがわかりました。あきらかな育毛効果というものを「t-フラバノン」含有の製剤に認めたわけです。


硬毛数の増加

〈t-フラバノン〉配合品30週間使用後は、使用前に比較して硬毛数の増加が認められました。


〈t-フラバノン〉配合品を継続して19カ月使用すると、確実に硬毛数が増加することが判明しました。

著効例

〈t-フラバノン〉使用後は、使用前に比較して脱毛面積の縮小が認められました。

Copyright © Kao Corporation. All rights reserved.
Kao Group