Japan

花王メラニン研究会

第3回(平成29年度)花王メラニン研究会助成応募要項

  • 第3回の審査は終了しました。
1. 研究会設立趣旨花王メラニン研究会は、皮膚・毛髪のメラニンに関わる研究に対して助成・後援の事業を進めることを目的に平成26年(2014年)に設立されました。当研究会は本事業を着実に実行し、その成果を広く共有していただくことによって、我が国の本分野の研究の発展向上に寄与することが出来るよう努めたいと念じております。
2. 助成の目的皮膚・毛髪のメラニンに関してはまだ不明な部分が多く、本質的な研究を深める必要があります。本研究会では、日本国内の皮膚・毛髪のメラニン関連の研究を促進・奨励することを目的として、皮膚・毛髪のメラニンが関連する基礎研究、ならびに臨床研究に対して研究助成を実施致します。
3. 助成対象となる研究分野 A. 皮膚・毛髪のメラニンが関連する基礎研究分野(皮膚・毛髪のメラニン産生、輸送ならびに消失に関わるメカニズムを対象とする個体、器官、細胞、または分子レベルの研究等)。
B. 皮膚・毛髪のメラニンが関連する臨床研究分野(色素斑や白斑、白髪等のメラニンの関連する疾患の病態研究や治療法等の開発に関わる研究等)。
4. 助成金額総額1,000万円(研究内容により1件 100万円~200万円)
5. 応募資格者日本国内で上記の助成対象とする研究に取り組む(取り組もうとする)個人またはグループ。過去の研究実績は問いません。特に若い研究者からの応募を歓迎いたします。
6. 申込方法応募を締め切りました。現在審査中です。
7. 申請書 請求先・送付先〒321-3497 栃木県芳賀郡市貝町赤羽2606番地
花王株式会社 生物科学研究所内
花王メラニン研究会 事務局(担当:堀)
E-mail:melanin-rd@kao.co.jp
8. 申込期限平成28年11月25日(金)必着
9. 選考について本研究会選考委員会で行います。
10. 採否の通知平成29年2月上旬予定
11. 研究助成金の使途助成金の使途は申請書記載の通りとすることを原則とします。報告書提出時に使用実績のリストを提出していただきます。
12. 研究成果の報告
  • 研究の成果および会計報告は、助成年度の終了後、平成30年4月末日までに当研究会に文書で提出して頂きます。報告書の用紙は助成決定後にお送りします。
  • 研究成果については、当研究会主催の研究成果報告会(平成30年5~7月に開催予定)において本人による口頭発表をお願い致します。
  • 助成金による研究成果を学術誌等に発表する場合には、“花王メラニン研究会(英文の場合はKao Melanin Workshop)の助成による”旨をお書き添え下さい。
13. その他・注意事項
  • 申請に当たり試験研究の倫理性については充分ご配慮ください。ヒト(ヒトの遺伝子も含む)や動物を用いる研究が採択された場合は、研究機関の倫理委員会の承認を得てください。また、個人からの申請においても、必要に応じて外部倫理委員会を利用するなどの配慮をお願い致します。申請内容は、倫理面からも審査させていただきます。
  • 花王グル―プは、化粧品(医薬部外品を含む)の商品開発に際し、外部委託を含めて動物を用いた試験は行なわない方針を表明しています。(http://www.kao.com/jp/corp_csr/safety_07.html)化粧品開発に関連ある動物実験を含む申請研究については、選考過程でその内容に関しても審査させていただくことをご承知置きください。
  • 本研究会では、より多くの研究者に助成金配分を目的とするため、前年度の研究助成金受領者は、今年度のみ選考対象から除外しますので、あらかじめご了承ください。
Copyright © Kao Corporation. All rights reserved.
Kao Group