Research and Development
R&D Home

乳脂肪球皮膜成分(MFGM)とは

牛乳に含まれるMFGM

 乳脂肪球皮膜成分(MFGM; Milk Fat Globule Membrane)は、牛乳に含まれる成分です。牛乳に含まれる脂質の大部分は、平均直径約4μmの微小な油滴の状態で水相に分散しています(図-1)1)。この球状の粒子を乳脂肪球と呼びます。乳脂肪球は、脂質と水相の仕切りの役割をする界面層であるMFGMによって安定に保持されています2)。牛乳に含まれるMFGMの量は、牛乳100gあたり約200mgとわずかです。

図-1
牛乳中のMFGMの模式図

MFGMの組成

 食品原料としてのMFGMは、牛乳からバターを製造する過程で得られたバターミルクを分離・乾燥して作られ、リン脂質を豊富に含みます3)。リン脂質は細胞膜の主要な構成成分で、体に必要不可欠な成分です。
 リン脂質はリン酸エステルを有する脂質の総称です。MFGMには様々なリン脂質が含まれています(図-2)。スフィンゴミエリンは神経細胞の軸索を覆うミエリン鞘の構成成分として知られているリン脂質です。花王では、リン脂質の一つであるスフィンゴミエリンに着目して研究をしています。

図-2
MFGMに含まれるリン脂質の例

引用文献

1)Singh H., Current Opinion in Collod & Interface Science, 11, 154-163, 2006
2)Vanderghem A et al., Biotechnol. Agron. Soc. Environ, 14(3), 485-500, 2010
3)一般社団法人Jミルク, 乳製品の種類,
http://www.j-milk.jp/kiso/shurui/index.html

このページのトップへ